サロマ湖・反省

サロマ湖100kmウルトラマラソンは、60kmの関門時間に4分22秒足りなくてリタイアしてしまいました。悔しいので、来年はきっと完走したいと思います。

そこで、一人反省会を(来年、これを読み返すべし)。

・服装は、暑さ、寒さの両方の備えること
 特に手袋を忘れない

・前の晩はよく眠ること
 (今回はよく眠れて良かった)

・当日朝の準備運動はきちんとすること
 (今回は雨もあって準備運動が足りなかった これは敗因の一つ)

・予想よりも、何度もトイレに行ってしまった
 女子のトイレは並んで待つから、トイレ休憩を入れたタイム感覚を持つこと
 (これが最大の誤算だった)

・80kmまでは、エイドでグズグズしない
 走る速度が遅いのだから、エイドをなるたけ早く切り上げる
 (途中で、少々、食べ過ぎたかも)

・道路が、東京よりも堅い感じがした
 靴はクッションの良いものを選ぶこと
 (膝へのダメージが大きい気がした)

・55kmのアイシングは気持ちが良かったので、来年も利用すべし

・最後まで絶対にあきらめない

そして、来年のサロマ湖までには、
・100kmを走れる身体を作る
 (練習で60km程度走っておく必要がある)

・けれど無理して故障してもしょうがないからケアを十分にすること
 (故障に対しては細心の注意が必要だと思った)

・でも、いつでも「ファンラン」の精神で行きましょうー!
 (やっぱり楽しくないと続かない 楽しもーっと)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください