「映画」カテゴリーアーカイブ

映画「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」

今日も映画を見に行きます! 「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」じゃ。

15時スタート。角川シネマ新宿

これ、実話ですよ。凄い話だなぁ〜。
1986年、インド。貧困の親子。幼い主人公サルーは兄グドゥとともに炭鉱から石炭をくすねて売る。それをわずかな食料を買って暮らしている。こんな幼い子が生きるために必死になっている。当時、日本はバブルだった。

幼いサルーはグドゥに必死になって付いていくが眠い。寝てしまう。しょうがなく兄グドゥはサルーを駅のベンチに置いて仕事に出かける。目をさましたサルーはあたりに誰もいない。停車中の電車を探すも誰もいない。やがて疲れ果てて電車の中で寝てしまう。その電車が移動していくのだ。回送電車に乗客はいない。そのまま2晩を電車の中で過ごすことになる。そして大きな駅に到着した。カルカッタ。

サルーは言葉が通じない。インド西部のベンガル語。カルカッタの市内をさまよい歩く。売られそうになったり、様々なことが起きる。そうこうしているうちに男性に保護され、警察へと連れて行ってくれた。そして孤児院へと収容される。

孤児院からオーストラリア人のブライアリー夫妻へと養子縁組が決まり、オーストラリアに渡る。その後、マントシュという弟が出来る。マントシュは精神的にトラウマを抱えていて、なかなかオーストラリアの生活に慣れるには時間がかかった。

2010年、24歳になったサルー。メルボルンの大学に進む。そして「自分のルーツを知りたい」という気持ちになった。キッチンでみかけたインドのお菓子「ジャレビ」が記憶を大きく呼び起こすきっかけとなった。

インド系学生と話すうちにGoogleEarthを活用して故郷を探してみては?というアドバイスを受ける。

記憶を頼りに、そして移動距離を計算しながらGoogleEarthで故郷を探し始める。大学を卒業しても就職もせずに、ひたすらリサーチを続ける。

2012年になっても、リサーチを続けるサルー。そんな時、かつての恋人、ルーシーと偶然再会する。そのことがきっかけで両親に自分の活動を打ち明けることが出来た。

母親スーが言った印象的な話、幼い時に、「茶色い肌の子供達と幸せな生活をしている」ビジョンを見たことがきっかけだったという。「世界中には人があふれてる。子供を産んで世界がよくなる?恵まれない子たちを助けるほうが、意義がある」と言った。

ある日、サルーはGoogleEarthで未探索となっていたフィールドで、偶然、幼い時に兄と行った鉱山に似ていることに気づく。そして、「ガネストレイ」と言っていた駅は「ガネッシュ・タライ」駅だったようだ。

そして、インドへと旅立つ。実家にやっとたどり着いたが、そこはヤギ小屋になっていた。その近くに、母の居場所があった。サルーと母親は言葉が通じないものの、気持ちはすぐに理解した。

兄グドゥは、あの日、電車にはねられて死亡していたのだ。サルーという名前は「シェルゥ」が正しい発音だった。それはヒンディー語で「ライオン」という意味だった。

その後、サルーと実母カムラ、育ての親スーは3人で改めて後日再会するのであった。

これ、実話ですよ、ホント凄い。最後のシーン、泣く方が多くいらっしゃいました。涙が出るような本当に凄い話。

映画「美女と野獣」

5月5日。子供の日。映画を観に行きましょう。昨晩のうちにネット予約をしました。「美女と野獣」じゃ!

9時半から始まります。急いで新宿へ。席は前から3番目です。近ッ。

この映画はダンナの熱烈リクエストがあったもの。私は付き合い程度に考えて始まったが、これは本当に素晴らしい映画です。引き込まれる。歌よし、設備よし、役者よし。知ってる内容でもハラハラします。こういう映画を作り出すディズニーって凄いなぁ〜。

映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」

先日、見た映画はどうも、よくわからなかった。また何か観に行きましょう。

今日は「ワイルド・スピード ICE BREAK」だ。「TOHOシネマズ新宿」。4Dは初めてです。

映画が始まるちょっと前から椅子は動くわ、プシューが出るわ。これは凄い。酔いそう。

そして最初っから、凄いですね、これは。主役のドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼル氏、エエエ!と驚くような展開があちらこちらに。車は驚くようなスピードと方向転換と、、、息を飲みます。映画の間じゅう飲み物も飲まず、ただただ吸い込まれました。終わった時には安堵感。

それにしても4Dやプシューは凄いんだけど、酔いそうだからなくてもいいかなと思ったり。

そして、あの巨大ビルから車が落ちていくシーンとか、あれはCGなんでしょうね? どこがCGで、どこが実写か、、、わからない。全部が実写に思えるが、そうもいかないはずだし。凄いわ。この映画は劇場で見るに限ると思った次第です。

ランチは同じビルの1階「四國」さんでうどん。

映画「ムーンライト」

昨日の疲れもあり、今日は会社は有給をとっています。そうだ、映画を見に行きましょう〜。ダンナが見たい映画は良い席がないですねぇ〜。検索して「ムーンライト MOONLIGHT」にしましょう。日比谷シャンテです。

第89回アカデミー賞でマハーシャラ・アリさんは助演男優賞をとっているし、作品賞も受賞している、、、と期待しながら劇場へ。1階のチケット売り場には「完売」の文字。インターネットで予約しているので番号を伝えてチケットを受け取り、エレベーターに乗り込む。

座席に荷物を置いてトイレも済ませて、いよいよスタート。

うーーーん、暗い。お母さんは麻薬の常習者。そしてシャロン本人はリトルと呼ばれている。学校は黒人だけのようだ。そういう学校もあるのか。主人公は3人が年代によって出演する。

少年の頃に行き場のないシャロンに飯でも食おうと話しかけるフアン。フアンは薬物の売人である。何かとシャロンの面倒を見るが、いずれ、彼は亡くなっていた。

シャロンの仲間の一人がケヴィン。仲が深まったと思ったのだがケヴィンはクラスメイトから脅迫され、いじめに参加することになる。シャロンを殴りつける。シャロンは翌日、いじめのリーダーを椅子で殴打し、逮捕され、施設送りになってしまった。

それから時が経ち、大人になったシャロンは麻薬の売人になっている。母は薬物依存者用の施設にいる。

そんなシャロンにケヴィンから電話が入る。ケヴィンに会いに行くシャロン。そして、、、。あとは映画を観てください。

何というか難しい。日本にいては考えられないような世界がアメリカにはあると思う。

ゴジラと記念写真をパチリ。

私は歩いて赤坂見附駅まで行き、そこから電車に乗ります。
これは「東京ガーデンテラス紀尾井町」前のオブジェ。凄いねぇ〜。

映画「La La Land(ラ・ラ・ランド)」

映画を観に行きましょう。「La La Land(ラ・ラ・ランド)」じゃ!

東宝シネマズ新宿に昨晩のうちに予約しました。午前の部じゃ。ゴー!

全体に音楽が美しく、ダンスが美しく、ストーリーはなるほどぉ〜と感心しきり。そして、ラストはそうなっちゃうのですか。うーん、アメリカ映画っぽくないような、日本人としてはわかる!ような。そんなストーリーです。

それにしても、長い長いシーンが多く、これを撮影する時の、最初の絵コンテはどんなでしょう? そして念入りな調整が必要だったでしょうね。カメラマンの方も凄いし、演じる皆様も凄い。撮影現場を見てみたいなぁ〜。

映画の後はランチ。1階のお寿司やさん「板前寿司」に入ります。昼時で混んでいるけれど、ほんの少しだけ待って中へ。

最初にサラダが出て、ビールも頼みました。グラスサイズ。

ダンナが頼んだ「ばらちらし」。

私は一番豪華なものを。ダンナにも食べてもらいまして、

こちらはサービスで一人一貫ずつ頂きました。美味しうございます。

映画「マダム・フローレンス!夢見るふたり」

予定がない日曜日、それでは映画を観に行きましょう。

マダム・フローレンス!夢見るふたり」、角川シネマ新宿。ネットで予約。50歳以上は安くなるというチケットは嬉しいです。

小さな会場は満席。補助椅子も出てました。

お話は真面目なんだけど可笑しい。メリル・ストリープ扮するフローレンス・フォスター・ジェンキンスは音痴。だが本人は音痴とは思っていない。ソプラノで音痴って可笑しいよね。みんなが真面目なだけに、余計におかしい。

小さなリサイタルを行うところ、皆さんにお金を払っていますから拍手、拍手。そして、とうとうカーネギーホールで歌うことになる。これにはビックリ。本人は大真面目。そして帰還兵を無料で招待しての舞台。歌いはじめ、皆は大笑いするのだが、、、それから、拍手に変わっていく。

けれどけれど、、、翌日の新聞に出たのはひどい内容の記事。それを読んでしまったフローレンス。

これが本当の話というのは、真実というのは本当に凄いものですね。良い映画です。

映画が終わった後は食事。「モーモーパラダイス歌舞伎町本店」に予約してあります。前に会社の皆さんと行って、安くて美味しいという印象があります。ダンナにも食べさせましょう。

2,000円のコース+1,500円の飲み放題付き。税込みで3,780円。

食べ放題、飲み放題。

食べました、飲みました。ご馳走さまでした。

映画「永い言い訳」試写会

ダンナが映画の試写会が当たったそうで、行ってみました。

ところで、、、その場所がわからない、と連絡。
いま「(有楽町の)ビックカメラ」の前にいるんだけど、、、すると、そのビックカメラのビルがソレだって。あぁ、そうなんだ。

エレベーター乗り場には大勢の人。へぇ〜、凄いね。試写会って、もう随分久しぶりです。
ダンナが席をとってくれてました。

永い言い訳」は、本木雅弘さん主演、竹原ピストルさんとの絡みがいいですね。

すぐに亡くなってしまう奥さんは深津絵里さん。これまた良い味といいますか。

けれど、最後の最後、なんかスコンと終わってしまった感が。

最後がどうもあっけない気がするけれど、それでも、やっぱり映画は劇場で観るのがいいですね!

映画「栄光のランナー/1936ベルリン」

何も予定がない本日、そうだ、映画を見よう。

ネットで検索して、これじゃ「栄光のランナー/1936ベルリン」、オリンピックで盛り上がっているし、今年もフルマラソンを走りたい私には魅力的な映画です。

検索すると有楽町の「TOHOシネマズシャンテ」で上映している。行きましょう。ネットで予約。ポチ。

急いで、丸ノ内線に乗り銀座駅で下車。
そうそう、その前にご飯を食べておきたい。
ちょっと路地を曲がってみると、ここはどうでしょう?「Bar日向」じゃ。

ここの2階で、階段を上がります。
2016_0818_01

おそるおそる中に入ると、ビジネスマンらしき人でいっぱいでした。カウンターの席が2つ空いていて、そちらに通され、メニューを見ます。

私はキーマカレー。飲み物はオレンジジュースをお願いしました。

最初にサラダが出て、
2016_0818_02

味噌汁も。これはいいですね。
2016_0818_03

そしてキーマカレーも美味しい。
2016_0818_04

満腹になったところで、イザ、映画館へ。これこれ、この映画です。
2016_0818_05

「栄光のランナー」の会場は地下です。エレベータで降りて、飲み物はホットコーヒーを買って、トイレも行って、イザ、座席へ。ほぼ中央の座席で、見応えバッチリ。

ベルリンオリンピックで、4つもの金メダルを取ったジェシー・オーエンスの実話。
映画にはヒットラーが出ていて、当時はこうだったろうなぁと思わせる。それにも負けず、4つもの金メダルは凄い。立派。

そして、アメリカの黒人への差別も、この当時はあったわけで、大変な時代に偉業を成し遂げましたなぁ。

帰ってからWikipediaを読むと、「黒人差別の下に馬と競走させられたり」と屈辱的なことがあった。しかしながら、「これらの功績により1976年に大統領自由勲章を受章した。」とあるのは嬉しい事実。

私は今の平和な時代に生まれて良かった。
楽しく走り続けたい。

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を観に行きましょうゾ。

ダンナがネットで予約してくれて、TOHOシネマズ新宿店

オオオ、さすが3連休ですね。満席です。ネットで予約してあって良かった。

その内容は、実は少々難しくてわからない部分もあり、、、。カラウリって何ですか?みたいな、、、すみません。もう一度、ゆっくり観てみたい。あとでビデオを借りて、、、ですね。

さて、夕食はどこで食べましょうか。
鳥貴族」に行ってみたいと私が言い、新宿で3店舗ほど行ってみたが、すでに長い「待ちの列」。こんなに待つのー?待てないなぁと家路につく。中野店は新宿ほどの列ではないらしいが、中野まで行くのが面倒になって、新中野の「あじいち」さんで夕食じゃ。

お通しから始まって、
2016_0320_01

お刺身。
2016_0320_02

珍しく焼き鳥を。
2016_0320_03

こちらはメニューにはないのに、作っていただいたキャベツ。
2016_0320_04

日本酒3種類の飲み比べも頼んでみました。好きなお酒を選べるそうで、「男山」という名前を3つ。
2016_0320_05

気仙沼にも「男山」があるんですよ!と伝えました。こちらに加えて頂けると嬉しいですね!
2016_0320_06

ダンナはおにぎりも食べて、
2016_0320_07

最後はお餅!美味しい!
2016_0320_08

映画「エベレスト」

今日は何も予定がない祝日。
午前中は、ファミレス「ガスト」でゆっくりと朝食。
甘いものまで食べちゃったり。ノンビ〜リ。
2015_1123_03

そうだ、映画でも見ますか!
映画「エベレスト」をダンナがネットで予約してくれました。
席がいっぱいで、前から3番目だって。
うーーーん、ちょっと前過ぎないか?でもいいよ!

「TOHOシネマズ 新宿」に行きまして、チケットを発券した後は、1階のお寿司屋さんでランチ。
2015_1123_02

まだ、時間がありますねぇ。
近くの「ルノアール」でお茶。

そして、映画!
内容も知らずに参りました。
2015_1123_01

うはぁ〜、これは大変な映画です。
しかも、事実を元にしているそうです。
日本人女性もいて、このエベレスト登山に成功した後、下りで凍死してしまった難波康子さん。

後でwikipediaを読むと、日本人女性で2人目のエベレスト登頂者だったそうです。
それが1996年、47歳の時。
そして翌日に亡くなられた。

映画を観た後も、しばらく口をきくことが出来なかった。
すごい映画です。