「旅」カテゴリーアーカイブ

土佐料理 司@高知空港

高知駅まで歩いてみました。ダンナに重い荷物を持ってもらって。私は比較的、身軽です。ちょっと遠回りしてしまったか。

駅周辺よりも宿泊した辺りの方が賑わってる印象です。「高知駅」から「高知空港」までバスで移動します。券売機でチケットを購入して、何本も出てるんですね。すぐに次の便が来ました。乗りましょう。おおよそ30分で到着。

手荷物を預けて、お土産を買って、夕食を食べて行きましょう。「土佐料理 司」さんに入ります。

生ビールお願いします!

鰹のたたき。

焼きさば寿司。

うつぼのたたき。

飲み物は、栗焼酎「ダバダ火振」。炭酸割。

ダンナは様々なお土産を買っていて、その一部。「柚子芋けんぴ」と「生姜芋けんぴ」。

こちらは「メダル入れ」をマラソン当日に配布していたもの。ただで頂いてすみません。「光の村養護学校土佐自然学園」の皆さんが作ってくださってもの。ありがたいです!

飛行機は15分くらい遅れて出発し、無事に羽田空港に到着。バスで新宿駅まで移動し丸ノ内線に乗り換えて帰りました。お疲れさまでした。ありがとうございました。

龍馬誕生地+龍馬の生まれたまち記念館@高知

「坂本龍馬が生まれた場所」を見に行こうとダンナが申します。了解。ついて行きます。

「1835年(天保6年)11月15日に現在の高知市上町1丁目で坂本家の次男として誕生した。上町病院前に「坂本龍馬誕生地」を示す石碑が建っている」それを目指してGo。

そうだ、「とさでん」に乗ってみよう。前は仙台にもあったよね。懐かしい心地。「堀詰(ほりづめ)」駅で乗り、「桝形(ますがた)」で下車。

案内が出てました。

そちらに進むとあった! ここじゃ。

ダンナとも記念にパチリ。

意外に、あっけなく終了。ま、そんなものでしょう。

近くに「龍馬の生まれたまち記念館」がある、とダンナが言う。行ってみましょう!

すぐ近くでした。入り口では「坂本龍馬」さんがお出迎え。

坂本乙女さん、坂本龍馬さん、近藤長次郎さんの像。

一緒に撮影出来るそうです。お願いします! フフフ、仲間達みたいだね。

お雛様の時期なので、その展示がありました。美しい!

小さなお雛様。

美しい器の品々。

よく出来てますねぇ〜。

親戚のように一緒に撮りましょう。アハハ。

良い旅になりました。サ、そろそろ戻りましょう。また「とさでん」に乗ります。慣れて来ました。地元民のようにササっと乗ります。片道200円。

塩伝説 なゆた(NAYUTA)@高知

塩伝説なゆた(NAYUTA)」さん。「塩らーめん」と出ている。昨晩、ダンナがホテルの方に「美味しいラーメン店」と聞いていたお店だそうです。

お店の前で少しだけ待ってから中へ。

席に着くとすぐにお盆等が出まして、

ゆず塩らーめん(細麺)。820円。
「馬路村のゆずと「秘伝の塩だれ」がマッチする香り豊かで、さっぱりとした味わいの一杯」と書いてあります。

わっ、美味しいです!優しい味。これは旨い!

高知城と高知城歴史博物館@高知

今日も朝ご飯は大満足。高知は本当に美味しい!

サ、準備OK。荷物は宿に預けて、イザ出発!

高知城」を見に行きましょう!

道を歩いていると看板が高知弁で面白い。「たっすいがはいかん」って何? ネット検索すると「弱々しく、手応えがないのはいけない」という感じらしい。へぇ〜。

「こじゃんとうまい キリッと辛口 やっぱりアサヒの スーパードライぜよ!」いいね〜。

歩いていると「土佐ゆかりの偉人」がズラリ。凄いねぇ〜。写真が見ずらくて申し訳ない。土佐は凄いなぁ〜。

テクテク歩いていると「高知城」の手前に「高知城歴史博物館」がある。たまたま信号待ちで待って、「ん、先にこっちに入ろうか」となった。

入場料は「高知城」とあわせて730円(通常は500円+420円=920円)。730円を2枚のセット券をお願いします!中に入ると上の階へエレベーターで上がります。オオオ、向こうに「高知城」が見える!

記念の写真もパチリ。

「高知城」の概略を予習し、イザ「高知城」じゃ。

こちら側に大きな門。

入るぞよ。

ガーン、この階段を上がるの? そうでーす。マラソン後の筋肉痛。イタタを連発しながら登ります。

うわっ、凄い石垣じゃ。

向こうに見えるは高知城。

だんだん、お城が大きく見える!

美しい〜。そして、本日は晴天なり。

「詰門」を通り抜けましょう。

こちらから見ると、こんな感じ。へぇ〜。

功名が辻」の前で。

まだ坂道が続きます。階段じゃない方を行きますか。筋肉雨の足はプルプル。

途中に「鐘」がありました。今もついているのかな?

いよいよ、お城の入り口じゃ。あと少し。

こちらで「入場券」を切ってもらって中へ。

お城の中は急な階段が続き、ソロリソロリと進みます。当時の姫はどうしていたのだろう? 写真はダンナからもらったものを。

堪能しました。気仙沼は「お城がない」という環境で育った者としてはお城には胸熱くなります。良かった!

高知城は「天守と本丸御殿が両方現存しているのは高知城のみ」だそうで、そういった面からも貴重です。鷹城(たかじょう)というそうです。享保12年(1727年)に高知城は焼失し、こののちに再建。宝暦3年(1753年)に再建完了した。歴史を感じます。日本100名城の84番目だそうです。現存するお城は全部、行ってみたいものです。

高知城を後にして宿の方に帰ります。

屋台でラーメン@高知

宿に戻るとダンナは「締めのラーメンが食べたい」と言い出す。「エエエ〜、握り寿司も食べたじゃない」と思うも、まっ、いっか。「出かける」と言うので「お気をつけて」。

そして、念願の屋台でラーメン。

働く皆様。

そして、ジャン。ラーメン。

高知の夜のラーメンを食べられて良かったね!

潮亭@高知

サ、打ち上げじゃ。

Facebookのラン仲間から「ひろめ市場」と連絡が来ていたのだが、「ひろめ市場」は大勢の人がいる。仲間はまだ到着してない。うーむ、困った。申し訳ないが、「それぞれで行きましょう」と連絡を入れて移動することに。すみません。

こちらが入り口。一通り、中を歩き回って探したのですが、まだいなかった。連絡通りの時間に行ったのだが、、、。

ダンナはお店に目星をつけてくれていたが「日曜日休み」で入れず。ここはどうでしょう。

潮亭」さん。「一本釣り かつを」と大きく出ている。

生ビールお願いします! カンパ〜イ!

お店からのサービス! かつお塩たたき。

あんこう肝。

活〆清水サバ刺身。

後から来たけど、お通しだと思います。

栗焼酎「ダバダ火振(ひぶり)」(四万十源特産。栗のまろやかな香りを大切に低温でゆっくり蒸留しました)。

一本釣りかつお刺身。

つぶ貝 刺身。

日本酒「土佐鶴」(1合)。

旨いね!

締めは、土佐づくしにぎり。

お隣の席も「打ち上げ」で楽しいお話もさせて頂き大満足! 高知、良いですねぇ〜!

大吉@高知

いくつかのお店を検討していた。お店選びはダンナにおまかせ。「どこでも良いよ!」。

ちょいとグルーっとまわって見たけれど、結果的にはホテルからすぐ近い「居酒屋 大吉」さん。

わっ、混んでる〜。大丈夫、2階に案内されました。座敷。ダンナは生ビール、私はグレープフルーツジュース。

ドロメ酢。

クーポンで頂いた「いか団子」。

グレープフルーツジュースをおかわりして。

カツオのタタキ。

チャンバラ貝。

ちりめん大根。

土佐巻。

ジャーン、美味しいです!

初めて食べるもの多し。さすが高知!

お店は大賑わいでした。皆さん、マラソンに出るのかな〜?グループの方が多いようでした。明日は頑張りましょう〜!

テレパス社員旅行2019・2日目

朝、目覚ましは6時にセット。起きる。雨は上がった。走ろう。一昨日のうちに地図を見て検討をつけて来たのだが、思いのほか走るのが遅く、7km行こうと思っていたのに、3.5kmしか走ってない。あらら。宿の近くをウロウロ走り、なんとか4kmにして終了。

朝風呂じゃ。気持ち良い〜! そして朝食。旨い!

予定より30分早い9時半スタート。「鬼怒楯岩大吊橋」を渡る。

ワワワ、揺れると恐〜い。

向かい側に到着。「楯鬼(たてき)」がお出迎え。

道が2つにわかれていて、皆と一緒に「古釜沢・古釜の滝・末広池」方向に進む。

水は透明で美しい。癒される〜。

スタート地点に戻る。

私は「楯岩展望台」にも行こうっと。一人で進む。こんな道を通って、

トンネルを突き進み、

ワワワ、また階段じゃ。登る。

上から見る景色は絶景じゃ。

さっき渡った橋が見える。

引き返す。

橋は揺れると恐い。橋から見る景色。

恐くて身を乗り出せない。こちら側の景色。

さて、「ホテル サンシャインきぬ川」さんで、「益子焼 絵付け体験」じゃ。

色は3色。

鉛筆で下絵を描き、色を塗る。

何かよくわからぬ物が完成した。

おみやげ処 すみ屋」さんでお土産を買います。カレー4種類。

ゆばうどん、ゆばかまぼこ。

きぬ川 ホテル三日月」さんの「ライブキッチン デリシャス」さんでランチ。バイキング。

好きな物を頂き、

生ビールも頂き、

カレーライスとデザートも頂き、

ここにて解散。それぞれの車で東京に戻ります。途中で佐野SAで15分の休憩。佐野ラーメンを土産に買う。

順調に帰りました。私は新中野駅近くで車から降り、ありがとうございました。その後、中野駅で一人、新宿駅で一人を降ろして帰ります。どうぞ、お気をつけて。楽しい旅になりました。

テレパス社員旅行2019・初日

テレパス社員旅行2019です!

私は観光組で「日光東照宮」を見学して、鬼怒川温泉に宿泊!

12名で車3台で参ります。1台に4名ずつ。観光組は9時20分に新宿駅西口のビル前に集合。新宿を出発して中野坂上を過ぎたあたりで高速に入り順調。私は後部座席でゆったり。

佐野SA(サービスエリア)で休憩。

グランビスタナチュラルウォーターを買う。108円。

順調に進み、車中から昼食の予約を入れる。「本家やまびこ」さん。すぐそばの駐車場は500円でずっと駐めていられるそうです。

私はゆばそば。930円(+税金)。

そして、日光生ゆば刺し。520円(+税金)。

駐車場に車を置いて、歩いて日光東照宮へ。左手に「日光二荒山(ふたらさん)神社」が見える。入らずに進む。

砂利道。シズシズと。

そしてイザ。

左手に見えるは五重塔。

拝観受付所(自販機)にてチケットを購入。1,300円なり。

チケットを切り取られつつ、表門から入る。右手に下神庫。正面に中神庫。

右手に上神庫。

出た、見ざる・言わざる、聞かざる。神厩舎(しんきゅうしゃ)にある。

向こうに陽明門が見える。やっぱ絶景じゃ。

来ましたよぉ〜。

右手に朝鮮鐘

眠り猫。眠り猫の裏側には雀(すずめ)が据えられている。おもしろいお話はこちらをご覧ください。

奥社宝塔(御墓所)、徳川家康のお墓。昭和40年、東照宮350年祭を機に公開されたそうです。

階段が多いです。トボトボ。

唐門(からもん)

輪蔵(りんぞう)

それにしても凄い建物です。

表門から外に出ます。

集合時間にはまだ時間がある。ちょっと行ってみましょう。こちらは「日光東照宮美術館」だ。以前、母と見に来たことがある。

今日は中には入らずに建物をグルーっと見学する。厳かな感じ。

来た道を引き返すのではなく、別の道を通ってみる。良い感じ。

日光東照宮宝物館。新しい建物です。お茶したいが、それには時間が足りない。諦めましょう。

こちらの道を通ってみましょう。

御仮殿(おかりでん)

右側を見るとこのような建物がある。

この道を通ってみましょう。

オ、あれは最初に見た「日光二荒山(ふたらさん)神社」だ。行ってみよう。

御朱印をもらおうとした社員に会った。「凄い列が長くて諦めた」そうな。

一緒に拝みに行きます。

良縁願いササの輪くぐり。ここを「左右から8の字を描くように3回」くぐるとご利益があるらしい。くぐりましょう〜。

神楽殿(かぐらでん)

そんなこんなしていたら、あっという間に時間がなくなり、集合場所に移動。お待たせしました。

さて、鬼怒川温泉に向かって移動です! あらら、雨が降って来ました。「華厳の滝」も見ようと話していたのだが、土砂降りの雨。私は、すみません、車に残ります。2人が見に行きました。あとで写真をいただくも、何も見えない。アハハ〜。

サ、宿は「ホテルきぬ」さん。温泉に入り、夕食じゃ。美味しいです!

カラオケも出来るそうで、歌いましょう〜。私は赤いスイートピーじゃ。年代を感じさせつつ熱唱〜。

もう1曲は、ホイットニー・ヒューストンの「All at once」をデュエットで。最初はボロボロで全然、歌えない。申し訳ない。そのうちに思い出してきて熱唱じゃ。

楽しい夜はふけてゆきます。

サロマへGo〜2019

北海道に移動する日。

新中野は始発の5:09に乗る。赤坂見附で乗り換え、新橋で乗り換え、浜松町でモノレールに乗る。羽田空港第1ビルのスカイマーク乗り場に集合は6:20。ちょうど間に合いました。全員集合。サロマンブルーとグランドブルーのお二人は記念のシャツを着ています。凄いなぁ〜。

飛行機に乗ります。6:45発の「SKY703便」。あらっ、スカイマークさんからチョコレートと飲み物のサービス。前はコーヒーが出なかったっけ。これは嬉しい。美味しく頂きました。

行って来まぁ〜す!

飛行機は無事に新千歳空港に到着。仙人の弟さんが迎えに来てくれています。お久しぶりです。やっぱり北海道は寒いですね。持参したカーディガンを着て、パンツも厚手のものに着替え。サ、レンタカーに乗って移動。今回は10人。車は1台。順調に進みます。占冠村を過ぎて、「日高山脈博物館」の隣の、

道の駅 樹海ロード 日高 サン・ポッケ」でトイレを借り、ダンナはお土産を買います。

「日勝峠展望台」

霧の中だ。

記念写真を撮りましょう。大急ぎ。あっ、全員が入ってない。トホホ。

「第九の響くまち北海道清水町」と書いてある。音が聞こえるんじゃないかと触ってみるも音は出ない。

車は移動します。あっ、牛だぁ〜!

「十勝清水駅」で会長のご友人夫妻に会う。

駅のすぐ近くにある「中華料理 四川」さん。

「十勝清水 牛玉ステーキ丼」です! チラシには「新・ご当地グルメグランプリ北海道」と書いてあります。お肉が柔らかくて美味しい〜!

お二人は徳島のご出身だそうです。北海道大学に入ってからは、ずっと北海道で生きていらしたそうです。牧場をやっていたって。聞くと最大で150頭もいたとか。凄いですねぇ〜。

名残惜しいが別れを告げて先を急ぎます。今日の宿は「温根湯ホテル 四季平安の館」さん。2015年、2016年に泊まっているので、今回は3回目。

今年は女性参加が私と仙人のお母様だけ。お母様は仙人と弟さんの部屋に泊まり、私はダンナとの2人部屋にして頂きました。会長達は5人一緒なのにすみません。ゆっくりと風呂に入り、それから夕食。

バイキングで好きなものを頂きます。皆さんはビールなどのアルコールは飲み放題。私は大会前日なのでソフトドリンク。

デザートに果物をたくさん頂きました。

サ、寝ましょう。明日は2時起き。8時には寝たいが、横になってもすぐには眠れない・・・と思ってる間に寝ていました。おやすみなさい。