祖先はいた!

私が今日このように存在しているということは、祖先がいたわけだが、さーて、そのご先祖様の何代先までわかりますか?

私の場合、祖父の母の祖父までさかのぼることが出来るが、それより先はわからない(少なくとも、私にはわからない)。

祖父の母という人は、オヤマ家・4姉妹の次女だったので嫁にいってしかるべきが、なぜかオヤマ姓を名乗って分家となった。その人の母も女一人っ子で、だから2代続けてお婿さんに来てもらっているが、その前の爺さんという人は、たいそう羽振りが良かったと、オヤマ家伝説として伝えられている。

その時代を知る人がいるわけでなし、こういうのはだいぶ誇張が入るし、そもそも「その人、本当にいたの?」などと思ってる。墓石には名前が彫ってはあるけれど…。

当時の家屋は「昭和4年の大火」で全てを焼失してしまったし、私のところは分家であるし、当時を偲ぶものは何もない(少なくとも私は見たこともない)。

先日、気仙沼の「宮脇書店」で「幕末・明治雑記帳―近代気仙沼庶民誌」という本を手にとった。そこには、幕末から明治にかけての気仙沼の庶民の暮らしぶりが記されている。

また、三日町、八日町、魚町、古町の一部の、当時の住民の氏名が出ている。

どれどれ、私のご先祖も本当にいたのかしら?
「魚町・・・さかなまち・・・」と追ってみると、
「魚町2丁目」の欄にたしかに、その人の名前があった!

生まれは天保12年。
いたんだ!

それ以上のことは何もわからないが、たしかに存在したことと、生年月日がわかり、なんだか嬉しくなった。その本を買って母に見せる。

すると、その人にお嫁に来た方の、何代か後の人から、そちらの家系図のコピーが届いていたと見せてくれた。へぇ。2人が結婚をしたのは、ちょうど江戸から明治に変わるあたりだろう。激動の時代を2人はどのように生きていたのだろう?

「祖先はいた!」への2件のフィードバック

  1. 祖父の祖父まではたどれるんですね、我が家は忠臣蔵で有名な浅野家の親戚筋の武家の家来だったらしいのですが詳しいことはわかりません。昔は大きな家があって蔵があり鎧兜もあったと父からは聞いてますが、私は見たこと無いし、その家は広島に原爆が落とされたときに消失したらしいので、今は確かめることもできません。どこまで本当なのやら私は眉唾だと思っています。まっ我が家も分家ですしね。呉の本家の菩提寺に行けば過去帳があるかもしれませんけどね。

  2. >定吉さん

    武士なんですね!すごいですね。
    屋敷がなくなってしまっても、きっと、その武士の精神は、DNAのどこかに書き込まれて伝授されていると思いますよ。

    うちは知る限りは商人のようで、あきんど魂ッスかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です