気仙沼にチェーン店は必要か?

mixiの気仙沼コミュのある書き込みに私の意見を書きかけて、、、これは私が常々思っていたことなので、ブログに書くことにした。

転勤で(自分の意思とは関係なく)気仙沼に引っ越した方が「気仙沼にチェーン店が少ない」ので、不便に思っていらっしゃるとのこと。お気持ちをお察しします。お気持ちはお察しいたしますけど、チェーン店に反対。

日本中どこに行っても同じ店があってはつまらない。オリジナリティがない。気仙沼には地元でがんばる店主がたくさんいる。努力をしている。そういう店で買い求め、そういう店で飲み食いして欲しい。チェーン店では味わえない地元ならではの良さがきっとある。絶対ある。

気仙沼に娯楽がないと嘆くのではなく、自分で娯楽を創りだしている人達に混じってみて欲しい。気仙沼には、いろいろな文化的な集まりがある。用意された娯楽ではなく、創りだす楽しみ。
田舎暮らしの醍醐味はそういう事ではないだろうか?

転勤という短い期間であればなおのこと、他の地では味わえない暮らしを探してみて下さいませ。きっと良い思い出になると思います。

「気仙沼にチェーン店は必要か?」への2件のフィードバック

  1. 私は気仙沼高校を卒業してから、東京で暮らし始めてもう20年。同級生の嫁さんは「ユニクロもない!」と嘆いていましたが、ユニクロがないからこそ、気仙沼はイイと思います。私の友人を連れて行ったら、「経済指標には現れない豊かさがある」って言ってくれました。これはうれしかったです。

  2. >生島眼鏡堂さん

    コメントありがとうございます。
    気仙沼は、東京にないものがあることこそが大事。
    逆に東京のモノを持ってきたってつまらない。

    でも、地元にいらっしゃる方は、その点に気付かないかもしれません。

    我々のように東京に移住している者達が、声を大して「気仙沼はいい街だ」と再確認し伝えましょう〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください