第25回 小川和紙マラソン(ハーフ)

小川和紙マラソン(ハーフ)大会です!
今回は6回目の出場。

7時30分発の電車に乗るつもりが、ありゃりゃ、乗り遅れた。目の前を電車が通ってゆく。7時37分発に乗り、新宿三丁目で乗り換えて池袋へ。池袋で8時15分発の東武東上線に乗る。9時24分の小川町に到着する。ヤレヤレ。無料のバスに間に合って良かった。

バスを降りて数分歩く。今年も来ましたよぉ〜。今日は天気が良い。気温は低いが走ってると暑くなるでしょう。会場に近づくと、オオオ、5kmの部が走っている。速い人達はランシャツにランパン。凄いわぁ〜。

道路では太鼓の演奏が素晴らしい!

会場に到着。第25回か。凄いねぇ〜。

今日は時間がないから急いで着替え。上に着ているものを脱いで帽子をかぶり、手袋をつけて、そんな程度。それからトイレへ。今日は結構な待ち時間になった。ギリギリだからだわ。トイレは改装されて洋式トイレがほとんどになっていた。和式は1つ程度か。これは嬉しい。和式は残さなくてもいいのにね。

今日はiPhoneをつけて走る。最近、GPS時計の電池が怪しいのだ。

スタート10時15分の10分前にスタート地点に向かって進む。準備運動はサッパリ出来てない。少し、首グリグリ、足首グリグリ。以前はもうちょっと何かしていた気がする。

ゼッケン番号は「2625」番。
今年のサロマの参加Tシャツを着ています。ダンナとお揃い。

足にはチップも付けている。これも事前に届いているので家から付けて来ましたよぉ〜。

控えめにスタートを待ちます。「1時間50分以上」というプラッカードの後ろ、ダンナと並んで待ちます。本日、ここに立てたことに感謝します。ダンナも走れるのは良かった!

スタートの2分くらい前にはiPhoneのスタートボタンを押した。準備OK。ゆっくり歩いてスタート地点に向かって進みます。そして、スタートを踏む時に時計のボタンを押しました。いよいよじゃ。

前半は登りが多いイメージだが、長い下り坂がある。下りの方が遅いのはなぜだろう? と思いながら進みます。練習不足のダンナを抜きました。「お先に〜」。

8km過ぎた辺りで、「50分を過ぎたので」とアナウンスがあり「歩道に上がってください」。了解。歩道を走ります。この辺の歩道は走りやすい。あらら、さっき抜いたダンナから追い越される。付いて行きたいが、、、マイペースで行きます。

前に出場した時は、前半よりも後半の方が速くなったはず。しかし、、、今日は速度が上がらない。うーーーん。

13.9kmに関門がある。あらら、沿道の男性が「あと8分か9分」と大声で叫んでいる。これは危ない。頑張ろう。そして関門を越える。ヤレヤレ。前は関門を気にしたことなどないのに。やっぱり今日は遅いんだ。次の関門はどこだろう? 何時だろう?

エイドステーションは手前に水、奥がスポーツドリンク。すべてスポーツドリンクを頂く。

15kmを越えた。あと6kmか。今日は長く感じる。

たしか、次の関門は18km過ぎだったと思うが、それが何時だったかわからない。

そして18kmの表示を越えた。頑張ろう〜、と思った次の瞬間、目の前にロープが張られ、「終了」と叫ばれる。

エエエエエ?????

ヤヤヤヤヤ、これは関門に引っかかってしまったのか、、、。

私の後ろから来た女性が通り過ぎようとしてスタッフさんに止められる。関門でーす。そんなぁ〜〜〜。

初めてのハーフでの関門に引っかかり。ガックシ。

「チップをはずしてください」と言われ、その指示に従う。
そして、スポーツドリンクをもらって飲む。
左手にバスが止まっていて、「乗ってください」とな。

「それか歩きか、歩道を走って帰ってもいいです」と言われる。「気をつけてくださいね」とな。はぁ〜い。走って参ります。

心はスッカリ折れている。あの関門なら、マジダッシュすれば越えられたのに、、、。関門を気にせずにスタートしてしまったのは失敗。ガックシ。

歩道は走りにくい。そして長い長い信号に捕まる。待っていると寒い。あぁ〜〜〜あ。ガクッ。

そして、会場から帰る人が増えて来た。その中をゴール目指して走る、走る、走る。トボトボトボトボ、トボトボトボトボ。

いくつかの交差点で「どっちですか?」とスタッフさんに聞くことに。案外とコースは覚えていないのだなぁ〜。会場近くでマラソン完走クラブでご一緒するK子さんから声がかかる。「リタイアなのぉ〜」と告げる。驚いた顔をされていた。そうよね、そうよね。マラソン完走クラブの皆さんは速いのじゃ。

そして会場に戻る。せっかくだからゴールも踏もう。もうちょっと先に進んでゴールする。スタッフさんに「チップはずしました」と伝える。そして時計とiPhoneの計測を止める。

手元の時計ではこの通り。
スタートまで:1:28
5km:33:07
10km:35:00 (正式には、10km地点 1:08:27)
15km:34:13
20km:36:48
ラスト:9:38
———————-
合計:2:28:47
21.28km走ったことになっている。

スタート位置がもう少し前だったら関門を越えたのか?

トボトボと「とん汁」に向かいます。ダンナを探すもいない。「とん汁」を食べます。あたたかい。そして美味しい。泣きたい気持ち。ダンナはいない。

荷物を置いた場所に行ってみると私の荷物だけある。ダンナのはないから、どこかで着替えているのかな? 女子トイレに向かうと、いたいた。ダンナは着替えが終わっている。

「私はリタイアだった」ショボンと告げる。

ダンナは完走。2時間20分くらいだったらしい。良かったね。

綺麗な洋式トイレで着替え。外に出ると、あらら、ダンナは、まだ「とん汁」食べてないって。私はここで待ってるから食べて来てくださいと送る。そしてすぐに戻ってきて、「とん汁終わってたぁ〜」って。あらあら、それは可哀想に。

ビールとノンアルコールを買って、

麻婆丼500円。

うどん400円。

ダンナはみたらし団子100円も食べて、サ、帰りますか。

帰りのバスは座れました。小川町駅へ。そして電車に乗って帰ります。

ところが、、、私は電車の中で貧血に。座っていたのに、少しは寝ていたのに、なぜに貧血?

和光市駅の乗り換えの時にはホームの椅子に座り込む始末。どうしたことか。そして汗がダラダラと流れ、上着を抜ぎます。いったいどういうことなんだ? それでもやっとの思いで電車に乗り込み、少しずつ貧血は良くなったのだが、今度はひどい寒気。さっきの汗で冷えたのか? 寒い寒い帰宅となりました。いったい、どうしたことだろう?

本日の参加賞は事前に家に届いているタオル。

私はラッキー賞も頂きましてこちら。

来年は出場しないかなぁ〜と思っていたのだが、ここで終わるのは、あまりにもシャクじゃ。来年リベンジするか?

ダンナが会場で買ったお土産はこちら。美味しいです!

たまねぎスナック。

ピーナッツかりん糖。

バウムクーヘン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください