母と…

用事があって、母が上京した。
エー! サロマの後でいろいろ忙しいんですけど・・・と言ってみるが、

なにやら、「大人の休日」だかなんだかで安く切符を買えるとか何とか。
ま、なんだかよくわからないけれど、嵐のようにやってきた母でございます。
2901

サロマ2010の反省

サロマ100kmを完走したものの、不本意な走りが随所にありました。
忘れぬうちに反省します。

—————————————————————————————
良くない点
—————————————————————————————
<調整下手>
最後の1週間の調整がうまく出来なかった。

1週間前の10kmの大会は出るべきではなかったかも。
10kmの周回コースを誤って11.2kmと多めに走ってしまったし、当日はうだるような暑さで、その疲労が抜けなかった。

最後の1週間の仕事のやりくりが下手で、寝不足になってしまった。
今年はどうにか完走出来たものの、寝不足はダメです。来年は改善を。

<朝型になりきれなかった>
6月に入ったら5時起床を貫くはずが出来なかった。
せいぜい6時起き、最後の一週間は逆に遅くなって7時過ぎに起きてしまった。
これでは5時にスタートするウルトラでは調子が出るまで時間がかかってしまう。

<座り込んでしまった>
ストレッチの際に、どうにもならなくて座り込んでしまった。
(何度も何度も)

座らないですむように、脚力、体力を付ける必要があります。

—————————————————————————————
良かった点
—————————————————————————————
<長距離練習>
昨年同様に70km走を行った。
これによって「距離は走った」という気持ちになれた。

<給水>
給水でグズグズしない
昨年に続いて、給水でグズグズしないで、先を急ぐことを心がけた。

<走る(歩かない)>
ゆっくりでもいいからジョグする(歩かない)ことを目標とした。
昨年よりも、歩きは少なかったと思う。
しかし、やはり歩いてしまう事もあり、タイム的にも、歩いた場合とほとんど変わらないということは、よほど遅いジョグだった。改良の余地があります。

<暑さ対策>
直前に先輩に「暑さ対策」のアドバイスを頂いた。
氷を帽子の中に入れると気持ち良いと聞いて実践した。

氷がないところでは、帽子に水をかけてもらってかぶった。
これで熱中症にならずにすんだ気がする。
今年は暑さでリタイアする方が多い中、ゴール出来たのは、このおかげのように思う。

<服装>
暑くても、長袖、長タイツで走った。
直射日光を受けなかったことで、熱中症の対策になったように思う。

<タイム確認>
50kmぐらいまでは5kmごとのラップをとってみたが、それ以降は時計を「現在の時刻表示」に切り替えて、とにかく関門突破だけを考えた。これでどうにか関門を突破出来たと思う。

<トイレ>
今年は40km手前で一度入っただけだった。
その後は、大量の発汗によりトイレに寄らなかった。というか、時間がなくて寄れなかった。
その一度のトイレも列に並ばないですんだことで、待ち時間のロスタイムなしだった事はラッキーというより他にない。

ということで、来年の参考になれば・・・って、
やっぱ来年も出るんだ?(^ー^)!