映画:ヒューゴの不思議な発明(@新宿バルト9)

アバターを見てから3D映画の美しさに惹かれています。
と思いつつも、昨年は映画どころではなく、結局、3Dの2本目の映画になります。
ヒューゴの不思議な発明

画面は美しいし、ホロリとする内容もあって、とても楽しめました。
会社は便利な新宿にあるというのに、なかなか「行くぞ」と気合いを入れないと劇場に足を運ばないもんですが、一度行くと、これからも続けて行こうかなぁという気持ちになります。

最近ではレンタル映画も見てないし、テレビドラマも見てないし、いったい何をやっているんだか。

「映画:ヒューゴの不思議な発明(@新宿バルト9)」への2件のフィードバック

  1. アバターが最初の3D映画でヒューゴの不思議な発明が2本目というのは、私も同じです。ただし、私の場合は3D映画が特に美しいと思う事は無く、むしろ暗くて見えずらいと感じています。今回もたまたま、見に行った時に3Dの字幕版の上映時間だったというだけで、積極的に3Dを選んだわけではありません。でもアバターもヒューゴも良い映画だったと感じています。

    1. >定吉さん

      3Dがむしろ見ずらいと感じる方は結構いらっしゃるようですね。
      やはり、感じ方は人それぞれでしょうか。

      私は、3Dがこちらに迫ってくる感じで、奥行き感がなんとも魅力的ですが、3Dメガネが重いですよね。
      あれが改良されると嬉しいのですが。
      たまには映画もいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください