ワクチン注射のあとは…

昨日、小太郎はワクチン注射を受けた。
注射前の体重は3.7kg。多め。興奮してるせいか熱は高めの39度2分(犬は38度程度らしい)。

注射をするといつもそうなんだけど、後ろ足部分(注射したあたり)をかばって動けなくなる。痛いというより違和感だろうと思うが小太郎はナーバス君。哀れな表情でブルブルと全身を震わせながら足を引きずる。オイ、大丈夫かい?

本日・注射から約24時間以上が経過し、いく分、元気を取り戻した。
まぁ、このくらいおとなしい方がかわいいんだけどね。
小太郎

小太郎

映画:ALWAYS三丁目の夕日 & SAYURI

ぽすれんから借りていたDVD2本を観る。

ALWAYS三丁目の夕日
1201.jpg

Wikipediaで調べると、東京タワーは「1957年6月29日に起工し、1958年10月14日に完工(竣工)、12月7日から公開を開始した」らしい。

ということは、私が生まれる数年前の東京のお話。月並みの感想だと思うが、当時の東京、当時の日本を想像し、懐かさでいっぱいになる。気仙沼にはこの時代の建物が残っているし、我々世代の子供時代が彷彿と思い出される。そして家族のあり方がジーンと胸を打つ。

さいとー♂。さんもmixiに書いているように「映画は映画館で観ないとダメ」だと思う。私はこの何年も映画館に足を運んでいない。もうしばらくは行けそうにない。しかし、この映画を見ていると、東京タワーが出来ていく様や当時の東京を劇場で観たいと思った。

「SAYURI」
1202.jpg

日本を舞台にしたハリウッド映画というだけで、勝手に「勘違い映画に違いない」と想像しながら観るが、ま、そういった「ヘーン」な部分はあるにしても、映像の美しさ、日本の精神的な部分がよく描けているように思った。逆にアメリカの方にはわかりにくいのでは?

芸者の世界は日本人としても知らないことばかり。原作も読んでみたい。

日本人の役者の皆さんは英語の台詞が大変だったと思うがいい演技。桃井かおり、工藤夕貴も良い。さゆりの少女時代を演じた大後寿々花さん、すごいですねー。チャン・ツィイーは美しい。着物、ぽっくり、日本舞踊は大変だったと思うが、さすがっス。