第35回タートルマラソン全国大会

「第35回タートルマラソン全国大会」のハーフマラソンに申し込んでいた。
でも・・・はがきが届いてない。訪米中にドッサリ貯まった郵便物を何度見ても、マラソンのハガキはない。

時差ボケ、仕事山積、風邪気味、ハガキ届かない。
やっぱ、出るのよそうかなーと朝まで迷うが、行ってみた。

千代田線に乗り換えて「北千住駅」で下車。徒歩10分ほど。荒川河川敷の「虹の広場」が集合場所。

北千住からの地図を念入りに2枚用意していたが、参加者5011人もいるので、駅から会場に向かう人達が大勢いるし、ボランティアの方が道のあちこちで誘導してくださる。ありがとうございます。おかげさまで迷わずに到着。

1504.jpg

このマラソンは、「第9回バリアフリータートルマラソン大会」を兼ねている。

ハガキがないけど、一覧表にはちゃんとゼッケン番号と名前があり、出場は、なんら問題なかった。

ハガキが届いてないので、詳細をわかってない。心の準備は出来てない。例えばスタート時間、例えばコース。コースを知ったからといって速く走れるものでもなし。調整出来るほどの力量もなし。行き当たりばったりであーる(後から気付いたのは受付で頂いた資料に詳しく出てた…)。

ゼッケン番号は「4144」。

スタート地点、自己申告で「2時間〜2時間30分」のプラカードの列の中程に並ぶ。ホントは「2時間30分〜」のところだろうけど。

スタートは10kmマラソンと比較するとペースがゆっくり。オーオー、これなら行けるかもしれない、と思ったのは、10kmまでだった。10kmで全ての力が尽きた。折り返して、あと半分もある。ゲー。走りながら筋肉痛。喉はカラカラ。水をがぶ飲み。アクエリアスもがぶ飲み。お腹はチャプチャプ。

ついに15kmあたりからは、歩き出す始末。
その後は、歩いたり、走ったり、、、。
そうして、最後の2kmの表示を見てからは、トボトボと走る、と言っても歩いてるのと、なんら変わらないほど遅いんだけど。

結果、おかげさまで、どうにか制限時間内に完走(完歩?)いたしました。
今大会は(荒川河川敷という場所のおかげで)制限時間が3時間と長め。国道などを使うと2時間半程度が多いのではないだろうか。

私は2時間50分くらいだったと思う。というのは、せっかく(気仙沼のジェイズミウラで購入した)ストップウォッチ付きのイイ時計をしているというのに、到着時、あまりの疲労困憊に止めるのを忘れた。正式なタイムは届くのを待つとしよう。
(後日追記:正式タイムは、2:53:05、ネットタイムは、2:51:01 でした。)

スタートとゴールのアーチ。ここがどれほど遠く感じたか。

1504.jpg

ゴールした時は、倒れそうでござんした。フラフラー。
会場の様子をあとから撮影しようと思ったら、私がゴールした頃には、すでに撤収が始まっており、倒れ込むように座った位置から撮った写真はこちら。荷物預け用のビニール袋がゴミになっている。こんな写真しか撮れず。

1504.jpg

ゴール直後のアタクシ。放心状態。

1504.jpg

帰りの千代田線と丸の内線は熟睡。家に帰っても放心状態。少し眠り、やっとのことでシャワーをあびて、夕食を食べ、これを書いている。

あとは寝ます。おやすみなさい。

追伸:こんなんじゃ、とてもフルマラソンは無理だったワン。

「第35回タートルマラソン全国大会」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください