長距離ラン&ウォーク2019(青梅街道)

今年もこの日がやって参りました。青梅街道長距離ランだ。

目覚まし時計は2時半にセットしてある。が、それより前、1時55分頃にトイレに起きる。ダンナを起こしてみるも起きない。もう少し横になっていよう。テレビを見ながら横になっている。すると2時15分にダンナの目覚ましが鳴る。ダンナ起きる。私も起きる。

ダンナは髭をそったり忙しい。私の方が先に準備完了。私は遅いので「先に出ます!」。出発時間は2時55分。まだ暗い。一人で走り始めるのは、ちょっと怖い感じ。近くの新聞店はもう仕事が始まっている。早いなぁ〜。今日は頑張ろう〜!

これから帰る人がいる。まだやってる店がある。次第に灯がなくなっていく。暗い。新中野を出て、東高円寺駅前を通り、新高円寺駅前を通り、南阿佐ヶ谷駅前を通る。そして、荻窪を越えた。ダンナはまだ来ない。心配になるが淡々と進む。

すると、セブンイレブン練馬関町北3丁目店の手前でダンナが追いついた。「何か食べよう」と誘う。昆布おにぎりを買って食べる。そして進む。

次第に明るくなってきた。道の左側を進む。北原の交差点のところから「新青梅街道」に入る。その手前にあるのは「所沢街道」だ。最初の頃は「エエエ、ここがなぜ所沢???」と迷っていた地域。今は慣れました。新青梅街道に入れば安心。あとはただひたすらに、その道を直進するだけ。4時代は一番静か。人は歩いていない。車も少ない。信号無視をしても誰にも気づかれない。淡々と進む。

田無に大きなゴルフの打ちっ放しがある。ここまで来た。ヨシ。うわっ、もう打ちっ放しは始まっている。早いなぁ〜。

5時を過ぎ、6時を過ぎ、自転車で移動する野球少年達がいる。今日は日曜日だから試合でもあるのかな。東大和市に入ると「東大和ってデカい!」といつも思う。行けども行けども東大和市。いったいどこまで続くのだ。右側に見える緑は多摩湖だ。「かたくりの湯」の看板が見える。「ここから1km」と書いてある。武蔵村山市を過ぎて瑞穂町。そして、やっと「青梅市」に入った! 嬉しい〜。

あと少しで折り返し地点。頑張るゾ。しかし、、、どうしてもトイレに行きたくなってしまった。すみません、コメダ珈琲店に入り借りる。助かりました。ありがとうございます。その間にダンナが先に行ったようだ。そして、いつものセブンイレブン青梅平松店でそばを買い、食べる。二人で一つで十分。飲み物を買い、オレンジジュースも飲み、そして私から先にスタートする。

半分来たんだ。あと半分ないんだ。頑張ろう〜。

しかし、「瑞穂町」が長い。こんなに長かったっけ? それから「武蔵村山市」も長い。「東大和市」は最も長い。あきらめの気持ち。ダンナが先に行き、時々、信号で待っていてくれる。申し訳ない。「東村山市」は行きでは気づかないのに長い。多磨霊園を通った。そして、「東久留米市」も「ありましたっけ?」という感じだが長い。やっと、やっと「西東京市」だ。嬉しい。あと少し。「所沢街道」を走った。「荻窪まで7km」が出た。ウルウルウルウル。そして「練馬区」。走って走って「杉並区」。

「井草八幡宮」の前を通る。

番地を数えながら走る。桃井四丁目、三丁目。最後の信号からダンナは「先に行く」とな。了解です。思いっきり走ってくだされ。私はトコトコ走り、駅に到着。ゴーーール。

iPhoneアプリを見ると、72.5km。タイムは10:27と示している。実際には、11時間かかった。昨年よりも45分も遅い。それでも精一杯だ。ガクッ。

電車に乗る。座る。安堵。

今日はオレンジジュースを3本、半分ずつ飲んだので、実際には1本半。これが美味しかった。元気が出た。スポーツドリンクは何本飲んだろう。飲んだ、飲んだ。パンは「あんぱん」と「たまご蒸しパン」を半分ずつ。8時半に食べたのはセブンイレブンの「大盛!粗おろし蕎麦」。結構、量があり、半分ずつ食べて満腹。次回の参考になれば。

新中野駅で降り、駅横の「博多らーめん 一心堂 新中野店」さんに入る。

乾杯ビール!

豚骨黒ラーメン。細麺が嬉しい。

ダンナは野菜たっぷり豚骨赤ラーメン。

この後は、ゆっくりと風呂に入りました。お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください