祖父の命日・50回忌

祖父が亡くなったのは小学校3年生の時。その時、初めて「死ぬって、どうなっちゃうの?」と考えた。それから「恐くて眠れぬ日」が続いた。そんな事を思い出しながら、新幹線に乗って一ノ関へ。乗り換えで歩いていると「国際リニアコライダーを東北に」の看板が出ている。もっともっと全国的に有名になって欲しい。

大船渡線に乗り換えて気仙沼駅到着は14:09。ただいまぁ〜。

三日町まで歩いて帰り、母と一緒にお墓参り。タクシーに乗って、お墓のすぐそばまでお願いしました。オ、すでに立派なお花がたくさん備えてあります。きっと叔父夫妻でしょう。素晴らしいです。備えきれない花は父の弟のお墓に備えました。お祖父ちゃん、もう50回忌ですよ。早いですね。

歩いて下に降りてお寺を見ます。

入り口はこんな感じ。

そういえば、マジマジと見たことがなかった。お地蔵さん。

「動物供養塔」がある。へぇ〜。

石に彫ってある文字は判別が難しくなっているが、大正時代のものらしい。

「少し歩く?」と母にたずねると「歩く!」とな。歩きましょう〜。

東新城。オ、ユニクロさんの隣に「さくらボウル」さんが出来ている。へぇ〜。

「花久生花店」さんがオープンしている。へぇ〜。

新富寿し」さんはこちらでしたか。残念ながら今日は定休日。

だいぶ歩きましたね。ちょっと一休み。「アンカーコーヒー」さん。

「本日のコーヒー」を頂きました。オ、やさしい味がする。この頃、珈琲が苦手になってきているのだが、こちらの珈琲は旨い!

お母さん、ここまで来れば、あと少しじゃ。頑張って歩きましょうゾ。しかしながら、すでに暗くなっており、おまけに街灯が少ないため、母と手をつないでソロリソロリと歩いて三日町へ帰りました。いっぱい歩いたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください