初めての i (アイ)は重いデス〜

iMacが最初に発売になったのは、1998年。
その後に出たiBookを父のために購入したのは、1999年12月
その後、弟達に勧めて来たのもiMac。

あれから10年以上の歳月が過ぎ、
しかし、しかし、しかし、
なぜか自分に買えなかった iMac。

ついつい、Power とか、Pro に惹かれておりましたが、このたび、とうとう iMac を買いました。
Air を買おうかと迷ったんだけど、コストパフォーマンスの良さには、かなわない。

老眼が進んでいるので、大きい画面がイイわと思って、27インチだ、ドージャ。
CPUは「3.4GHzクアッドコアIntel Core i7」にしたシ。

それが本日、届きました!

デカい!

デカいのは覚悟の上ですが、なんとした「重い!」
ネットで確認すると 13.8 kg だそうです。

箱を開くと、このように入っています。

ホホホ、わくわくしますね〜。

それまで使っていた安い机では心もとない。
ダンナ所有で使っていなかった机を取り出して置いてみます。

マックメムさんに発注していたメモリ4GBを2枚を差して、合計で12GBにします。
下部分のネジをこのようにはずして、

ベロ部分を手前に引いて(はずして)おいて、
そこにすぐスロットがあります。わかりやすいです。

スイッチオン!
(私のメモリの差し込みが甘くて、すぐには起動せず、もう一度、グイっとメモリを差し込んでOKでした。起動しない時には焦りましたが、大丈夫!)

LIONでございます。ワオー!

マウスではなく、Magic Trackpadにしましたからね、これまた快適。
Windowsユーザなダンナに見せびらかしつつ、LIONを一通り楽しんだ後に、「移行」でございます。

移行をスタートさせて、本日はおやすみなさい。

「初めての i (アイ)は重いデス〜」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です