第25回・立川・昭島マラソン

10kmの部に参加。
会場は、JR西立川駅近くの「国営昭和記念公園」。
公園の入場料は大人400円。ランナーは申込金に含まれているらしく、ランナーであることをチェックされて園内に入る。
初めて、この公園に来たが、美しい。

受付テントでゼッケンをもらう。5210番。
ゼッケンには、ICタグが付けられていて、これで時間を計測するそうな。へー、すごいね。

女子更衣室テントで着替えて、荷物を預けて、いざ、出陣。

スタートは、隣接する自衛隊の飛行機の滑走路を走る。滑走路を走るなんて、嬉しい体験だわん。
ゼッケン番号順に並んでスタートを待つ。女子の列、一番先頭が記録者(と記録を狙える者)達。次は39歳以下。そして、我々40歳以上。
「後ろから走るとスタートが出遅れる」と隣のご婦人がプラカードを持った係の人に言っている。「少しでも前へ」という気持ちは私も同じだが、前方でウロウロして、皆様にご迷惑になってもいけない。

こちらのご婦人達は「青梅には出たの?」なんて話している。
もう一人が、「50歳の記念に100kmを走りました」なんて言ってる。「ゲ・100kmだー!」
改めてまわりを見回す。女子40歳以上の部は、年齢こそいってるものの、皆さん、筋肉質で、この道・何年、何十年というベテラン揃い。たしかに、40歳も過ぎて、大会に出ようってんだから、腕に覚えがある人達なんだろうね。
「ひょっとして、あたしって場違い?」と思ってるうちにスタートの時が来た。
どこからともなく拍手がなる。私も拍手を。今日、この場に立てたことに感謝。

いっせいにスタート。皆さんにご迷惑にならないように歩調を合わせる。
えー、いつもより速い!
あっという間に呼吸困難。ゼーゼー・ヒーヒー。
向こうの端まで見える「滑走路の一直線」がうらめしい。
うわ、辛ーい。と思ったら、まだ1km。ぐひっ。あと9kmもある。

これでは、目標の「完走」はままならない。次第にペースを落とす。それでもいつもより速い。
呼吸は乱れっぱなし。さらにペースを落とす。
どんどん、どんどん、追い越される。
どうぞ、追い越してください。左端による。

天気予報では、「曇りのち雨」と言っていたが、なんのなんの、良い天気。風は強い。
いつも夜ばかり走っているからか? 気温が高いせいか? 緊張しているためか? いつものiPodがないからか? 身体は重い。
滑走路を2周近く走って公園内に入る。5kmを過ぎたあたりが給水ポイント。喉がカラカラに乾いている。
紙コップを受取り、ごくりと一口だけ飲んで走る。このポイントできっと5人は抜いたと思う。が、あっという間に追い越され、私は、ただ「完走」するために、呼吸の乱れをなんとかしようと、ヒーヒーフーとやっている。

5kmを過ぎた辺りから、歩いている人がチラホラと見えてきた。私も歩きたい。イヤだめだ。歩いたら、二度と走れない気がする。走り続けよう。
前方を「歩く人」をなかなか追い越せない。ということは、私は走っているつもりでも、歩いている速度とたいして変わらないのか?
公園内には、若干の高低差がある。わずかな差ではあるが上りがきつい。いったい、私は何のために走っているんだろう?

あと2km。
高校の部活を思い出した。大学のテニスサークルを思い出した。そして、夜の新宿御苑を思っていた。まだ走れる。
そして、ふいに「ゴール」が見えた。ゴールはあっけなく目の前にやってきた。最後に温存していたラストスパートをかけて、男性を3人抜いてゴールした。

ヤッター!完走した。1時間10分程度だ。嬉しい。
途中は辛くて、辛くて、イヤになったが、ゴールしてみると、「今回の反省」をし、「次への準備」を考えている自分がいる。
高橋尚子のように「とても楽しい42.195kmでした」なんて言ってみたいもんだなー。

「第25回・立川・昭島マラソン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください