「ジョギング」カテゴリーアーカイブ

第6回 新宿シティハーフマラソン

「第6回 新宿シティハーフマラソン」に出場した。
この大会は、昨年に引き続き2度目の出場。

この日に向けて準備してきたつもりだったが、前夜、遅く寝てしまって少々・寝不足。今週はあまり走れなかったし、身体は重い。まぁ、今日はゆっくり行くとしますか。
2702.jpg

2701.jpg

今日は会社の人も出るので、入り口付近で待ち合わせて一緒に受付。ゼッケン番号を付け合う。誰かと一緒に参加するって心強い。それにしても、今日は寒いです。

ゼッケンは「3713」
2703.jpg

この大会は受付からスタートまでの時間が短い。
軽い準備運動、荷物を預けてトイレに行ってるともう時間がない。スタート地点(国立競技場のスタンド)に降りる階段は混んでいて、なかなかスタートに立てない。

あと数分を残して、やっと「1時間55分から2時間10分」のプラカードのところにたどり着いた。

スタート時の気温は2℃。
スタートの合図がなる。拍手!
本日、ここに立てたことに感謝する。

私の位置からスタート地点までは数分かかる。
ゆーっくり、ゆーっくり、トラックを歩いたり走ったりしながらまわって外に出る。外に出てからも、前が詰まっているから、ゆっくり走る。

前日届いた「マラソン完走クラブ」のメルマガにも「最初の5kmはゆっくりいきましょう」とアドバイスを頂いた。焦らない。

私の場合、最初に飛ばしてあとはダメダメになる。今日は焦らない。

普段は車しか通ることの出来ない「新宿御苑トンネル」も走る。明治通りに出て、それから神宮外苑を周回する。

走っていると、内藤新宿RUNのHさんをお見かけする。
「この後の宴席に行けない旨」お伝えする。この後、すぐに気仙沼に帰るのであります。

さらに走っていると前方に会社の人を発見。「がんばろー!」と声を掛ける。

5km地点で時計を見たら、ゲゲゲ31分もかかっている。ま、今日はもうダメだな。ゆっくり行こう!っと。

次の10kmは、「10km」の看板を見落としてしまった。
行けども行けども看板がない。やっぱ思うより長い距離だなぁ。

と思っていたら、ふいに「15km」が見えた。
あ、なーんだ。もう15kmだったのか。
もう少し、早めに走ってみようかしらん?

銀杏並木のところで、写真が趣味の社員が、写真を撮りながら応援をしてくれている。ありがたいですのぉ。ここを4周する。そのたびに「イェーイ」と声を発する。知ってる人がいる大会って楽しいですのぉ。

「マラソン完走クラブ」の方をお見かけして「がんばりましょう」などと声にならぬ声を掛ける。私もマラソン完走クラブTシャツを着ている。

最後の一周では少しスピードを上げたいと思ったが、思うようには上がらず。
20kmを過ぎて最後の1km。

歯を食いしばるも弱気になった頃「オヤマさん!がんばって」と声がした。そちらを見ると、あ!マラソン完走クラブでお世話になっているY選手!。ありがとうございます。すごく嬉しい! 力を頂いて最後の力を振り絞ってのゴール。

時計を見たら、あ!(意外にも)これまでで一番速い。本当?

記録証はすぐに頂ける。
2705.jpg

見ると、2:02:06。
ネットタイムと書いてあるが、私の手元の時計で見るタイムは、2:00:15!

5km:30:55
10km:看板を見失い計測出来ず
15km:55:49(約28分程度か)
20km:27:40
ラスト:5:49
合計:2:00:15

(私の時計を信ずるならば)あと15秒で2時間切れる!
2時間を切るって夢のように思っていたのだが、新たな目標が出来た。
2704.jpg

昨年の参加賞も良かったが、今年もなかなか良い。
2706.jpg

今日の大会は知り合いが大勢出ていて宴席もあるが、残念ながら失礼して、この後は気仙沼に帰るためにイソイソと帰り支度を。

去年は走り終えた後に足が痛んだが、今年は平気だ。痛くない。
1年で少しは力が付いていると実感した本日でありました。

東京は雪

東京は珍しく、雪。
といっても、積もるほどには降っていないが、「雪だわー、雪・雪!」とはしゃぐ私であります。

毎週・水曜日の会社のジョギング部は、今週末の「新宿シティハーフマラソン」に向けて、ここで風邪をひいてもつまらぬから、事務所内でストレッチや腹筋をして調整ということに。マラソン完走クラブで教わった「身体を作り」を取り入れてみた。

きつい。

この1年、ジョギング部で共に頑張ってくれた社員の初マラソンが「新宿シティハーフ」であります。いよいよ、今週だね。完走を目指そう! (たしか罰ゲームで始まったと思うけど)一緒に走ってくれてありがとう。一人で走る時の、100倍楽しかったです。

第2回 マラソン準備マラソン

練習会に参加させて頂いている「マラソン完走クラブ」が主催する「第2回 マラソン準備マラソン」が立川の「昭和記念公園・うんどう広場」で開催された。

数日前の天気予報では「雨か雪」と心配したが、前日の夜には雨は上がった。しかしながら風が強くて寒い日。走るのはまだ良いが、スタッフの皆さんは寒かったでしょうね。

大会は会場内の5kmのコースを6周する。
5kmから30kmまで、どこで止めてもかまわない。
制限時間は4時間。
ペースメーカーさんが付いてくださる。

私は「6分」のペースメーカーさんに付いていくことが目標。そうすれば3時間で走れる!

数日前に練習会に参加している方からご連絡を頂き、公園前の集合場所に行くと、おおよそ20名の練習会常連の皆さんが集まった。一緒に中に入る。誰かと一緒に大会に行くのは初めて。心強いでごじゃる。

手作りの大会で、スタッフの皆さんが受付に、給水の準備に、あっちこっちで、がんばっていらっしゃる。ありがたいですのぉ。

軽い準備体操のあとスタート地点に立つ。
「6分」のペースメーカーさんにピタリとくっつきながら、本日、ここに立てたことに感謝する。そして「マラソン完走クラブ」に感謝する。このクラブの練習会に出ていなかったら、今日の私はなかった。

最初は「6分」の皆さんと一緒に走っていた。
が、なんと言いますか、いつも一人で走ってるせいか、単なるわがままな性格か、自分のペースで走りたくなってしまった。それで少しだけ前に出た。わずかに前に出ただけだから、すぐ後ろには皆さんがいる、その程度。つまり、誰かの後ろを走るのではなく前を走るという、やっぱり自己中な性格か。

コースは上り坂、下り坂が適当にあって、それなりの変化がある。
5kmごとの給水はスポーツドリンクが用意されている。
風がなければ暖かいのだが、風が吹くと寒い。手袋を付けたりはずしたりしながら走る。

20kmまでは1kmを6分以内で走った。
しかし、それを過ぎたら、ガクっと何かが変化した。

きつい。急激に足が重い。
これでは30kmは持つまい…。
ペースを落とす。ペースを落としても完走するのダァー。

1km4分のペースメーカーさんと、それを取り囲んだ皆さんが、ダァーっと追い越して行く。は・速い。風のように去っていく。

20kmの給水は、とうとう立ち止まって飲む。

そして、やっと最後の1周。
少しモチベーションが上がる。
あと2kmの地点で、また何かが変化し、ガクっと落ちた。足が重い。

上り坂を登ったすぐあとの下り坂は、切り替えがちっともうまくいかない。それが数回繰り返されて、最後の1kmを切ったところで、後ろからダ・ダっと音がして「1km6分」のペースメーカーさんと、着実にそれに付いてきた皆さんが私をかるーく追い越していく。

それに付いて行きたい。
ダメです。足が前に出ません。
徐々に遠くなる皆さんの後ろ姿を見ながら走ってゴール。

記録は3:02:10ぐらい。

私の時計では(ネットタイム)
5km:29:37
10km:29:25
15km:29:55
20km:29:20
25km:31:26
30km:32:10

合計:3:01:56

目標タイムに、わずかに2分及ばず。
たかが2分だが、その2分に、まったく太刀打ち出来ない。

タイムを見ると、やはり20kmを過ぎたところからズルズルと遅くなっている。
20kmまでは、ほぼ1km6分というペースだったので、あとは30kmを普段の練習に取り入れていけば、いいのかな?

ゴールした後は、しばらく苦しくてゼィゼィしてた。
頂いたお汁粉が暖かくて感激。
スタッフの皆様、ありがとうございました。

1301.jpg

参加賞にかわいいトートバックを頂いた。

1302.jpg

大会の後は、マラソン完走クラブの皆さんと立川の「中国料理 吉祥菜館」で新年会。楽しかったぁ。美味しかったぁ。誘って頂いてありがとうございます!

家に到着するや風呂にゆっくりと入り、早めに寝ます。
小太郎クン、そういう事だからおやすみ。

フルマラソン完走クラブ(15回目):代々木公園ランニングクリニック

フルマラソン完走クラブの「第41回 代々木公園ランニングクリニック」に参加した。

前回の参加は12/15。
その日の忘年会で同じテーブルだった皆様と会話が出来るようになった! 忘年会のおかげです。

本日は晴天。風もない。少し走ると暖かいを通り越して汗をかく。
正月明けですからね、身体じゅう重いっス。

そんな状態の中、3000m、2000m、1000mという練習。80から90%の力で走る。最後の1000mは「120%の力」でって、無理ムリ(苦笑)

スタッフさんがペースメーカーを務めてくださる。
3000は5分半、2000は5分15秒、1000は5分の後ろを走った。
最後の1000mは、4分52秒。なんとか4分半で走れるようにしたいな。

来週は「第2回 マラソン準備マラソン」に出場する。30kmでごじゃる。ブヒー。

0601.jpg

第22回クリスマスチャリティマラソン(皇居)

昨日のフルマラソン完走クラブ練習会の「身体作り」による筋肉痛が全身に残る本日。あの「身体作り」はそれほどガンガンやってる感じはしないのに、全身にききますのぅー。

先々週の「はだの丹沢水無川マラソン」が今年の走り納めの予定だったが、昨年出た「クリスマスチャリティマラソン(15km)」に出ることにした。

皇居を3周は、通常の練習でも走れる距離。
けれど、昨年はハーフマラソンを歩いてしまい、「まずは15kmが走れないとハーフは無理だ」と思って参加した。今年は、この1年の練習の成果はいったいどの程度なのか、確認してみたかった。

本日の東京は晴れているものの風が強い。
桜田門の時計台・付近には、大勢の人がいる。去年もこんなに人は多かっただろうか?

1501.jpg

昨日の練習会をマネて、身体を冷やさぬようゆっくり走る。多めに走る。身体を暖める。

この大会は、給水ポイントは特に設けられていない。皇居の水飲み場を利用する。昨年は水を飲まずに15kmを走った。今年は(昨日、聞いた話を取り入れて)ゼリー状のものをウエストポーチに入れて望む。ドリンクを持つよりも軽くて助かる。

スタートは13時半。
半袖にアームウォーマーを付けてスタート地点に立つ。寒いので足踏みを止めない。
スタート直前、「ダグラス・ワキウリ」さんがいらしてて挨拶をされた。皆のテンションは一気に上がる。フォー!

本日、ここに立てたことに、そして、この1年無事に走ったことに感謝する。

ゼッケン番号「F169」

1502.jpg
走り出すと「寒さ」は気にならない。1周すると手袋が邪魔になる。1周したところでゼリーを少し飲む。昨年と違って少し余裕があるのだろうか、皇居の美しさが楽しい。

2周目もそれほど辛くない。3周目、最後だから少しスピードを上げる。最後の三宅坂付近、下り坂をサササっと走る。背後から「ハァーハァー・グヘッ」とかいう鼻息の荒い人がやってくる。その人と抜きつ抜かれつ。こんな鼻息の荒い人に負けるわけにはいかぬ、と思うも、そちらも必死で追い上げてくる。最後はとうとう抜かれて3mくらい先を行かれてしまったが、その人のおかげでいいペースでゴールした。

ゴールすると「完走証」を渡された。67位と書いてある。結果が張り出される。
私の記録は、1:22:41だ。

1503.jpg

5km:27:54
10km:27:59
15km:26:48

1504.jpg

1505.jpg

2007年最後の大会を無事にそして今までの中で最も良い記録で完走出来た。

来年もいくつかの大会を予定している。46歳になって、マラソンという趣味に出会えたこと、本当に良かった。マラソンを通じて出会った方も多数いらっしゃる。来年もよろしくお願いいたします。

フルマラソン完走クラブ(14回目):代々木公園ランニングクリニック

フルマラソン完走クラブの「40回 代々木公園ランニングクリニック」に参加した。

前回の参加が11/17だから、おおよそ1ヶ月ぶり。
織田フィールドと代々木公園を走る。

代々木公園はイチョウの葉が黄色に染まって美しい。

1403.jpg

気温が低いので準備運動を念入りにやって頂いた。ゆっくりの(本当にゆっくりの)ペースで織田フィールドを走る。ゆっくりペースで走っても走っていると暖かくなる。

それから速度別5つのグループに分かれて代々木公園に行き、ファルトレックという練習を20分。坂もある。それから織田フィールド内でY選手による「身体作り」。これがですねー、全身にきくんですわ。そしてファルトレックを今度は15分。そしてまた身体作り、ファルトレック10分。身体作り。実に効率的な練習メニュー。すばらしい。

「身体作り」の中で、足を前に投げ出して座った状態から(手を使わずに)立ち上がってダッシュする動きがあった。私、ズルして手をついちゃいました。というか足だけでは立ち上がれなかった。身体のあらゆる筋力が足りないんだなぁ。

そして最後は1kmを(全力で)走る。今日は4分39秒で過去最高。少しずつ、少しずつ記録が良くなっていくのは嬉しい。

練習会の後、忘年会に参加させて頂いた。
代々木公園近くのお洒落なイタリア料理店。お料理が美味しい。

1401.jpg

練習以外の会には初めて参加させて頂いた。
いつも黙々と練習して帰るという私は、皆様とお話するのは初めて。
マラソンの話をするのはとても楽しい。時間があっという間に過ぎていくー。
皆さんとお話するとモチベーションが上がります。

1402.jpg

1404.jpg

寒いと思っても走るとそれなりに汗をかく

毎週・水曜日は会社のジョギング部。

「部」といっても、メンバーは2人。
私以外の1名は半ば罰ゲームで、なにかの飲み会の時に「オヤマさんと一緒に走る」ことになっていた。その経緯は知らぬが、まぁ、とにかく2人になった。

彼は若くて、私より足が速い。
それでも長く走るというのは、それなりの地道な努力も必要であるらしい。7kmほど走ると、こんなアタシの方が速かった。それもあといくらもかからぬうちに追い越される。続けてくれれば私も嬉しい。

いつの日か「テレパス陸上部」が出来て、企業対抗の駅伝なんかに出る日が来たら嬉しいなぁ。そんな事を思いながら、いつもの神宮外苑を走る。

第3回 はだの丹沢水無川(みなせ)マラソン

「第3回 はだの丹沢水無川(みなせ)マラソン」(ハーフ)に出場した。

新宿から小田急線で約70分。秦野駅下車。会場までは無料のシャトルバスが出る。

会社には秦野出身の社員がいる。
その社員と会うまでは、申し訳ありませんが秦野市の存在を知らなかった。
「秦野はいいところですよー」と常々言っている。

秦野駅を降りると(気仙沼と同じように)向こうに山々が見える。ウム、なかなか良いところですのー。

会場は「秦野総合体育館」で、更衣室や荷物の預けるのも建物の中。トイレも建物のトイレを使わせていただくので助かる。

前回のつくばマラソンでは、呑気にしていたらスタートに遅れるというアクシデントに見舞われたので、今日は時間の管理をちゃんとしようーと、しょちゅう時計を見る。荷物を預ける場所もボランティアの方々が実に効率的に動いていて感心する。

スタート時点の気温は10℃。
今日も半袖・短パンに、例のアームウォーマーを付ける。
スタート時間、皆で「フォー」とか言いながら、本日、ここに立てたことに感謝する。
0102.jpg

ゼッケンは3359番。
0106.jpg

このマラソンは「坂道がきつい」らしい。
秦野出身にコースを見せると、「行きは上りですね、帰りは下りになるだろう」とのこと。ヒー。平地ばかり走っているので、坂道はめっきり苦手であります。

スタート直後はそれほど広くない道を皆さんとジョギングしている感じ。1kmで時計を見ると、7分50秒もかかっている。その後は少しばらけてくる。

山々の紅葉が美しい。
沿道の声援が暖かい。

昨年出たという人が「15kmまでは上り」と言う。
エ! 15kmも上りなのー!?(なんかアタシ甘かったわ)

そんな事を言っても仕方ない。トボトボと走る。
距離表示が1kmごとに、大きく見やすい文字で設置してある。
まだ、「第3回」ということだが、非常によく準備されていると感心する。

なにしろ上り坂。
顔を上げると、前を行く人達が登っているのが見えてしまうので、なるたけ地面を見ながら、横に見える紅葉の美しさを見ながら、ヒーヒーフーなどと息をしながら進む。

ハーフの場合は、普通は10kmを過ぎたあたりから歩く人が出てくるが、今回は10kmを前にして歩く人がチラリホラリ。

特に11kmー13km付近がきつい坂。その後、少し下る。ホッとしていると、14kmー15kmが一番きつい上り坂。そこを上りきると有名な秦野戸川公園の「風の吊り橋」を渡る。その橋が実に美しいし、そこから見る風景も美しい。この橋を渡りきると、あとは下り坂。

いつもは得意な下り坂だが、さんざん上った後なので足にきていて、思うように前に進まない。最後の1kmも力が入らぬままゴール。

今年最後のハーフマラソンは、あー、きつかった。でも美しかった。秦野の皆さんが暖かかった。畑の手を休めて声援してくださったり、りんごを手渡していたり、暖かいコーヒーで休みませんか?と言ってくださったり。

トラの着ぐるみを着た人、メイドカフェのコスプレで走る女性、サンタさん、チャイナドレスで走る男性など、このイベントを楽しむ雰囲気が良かった。

「完走証」はすぐに頂いた。
0107.jpg

時間は、2:04:42
自分で計ったネットタイム:2:03:41

5km:28:51
10km:29:21
15km:32:08 ←上り坂が一番つらかった時
20km:27:05 ←下り坂
ラスト:6:15

着替えをすると、無料の「豚汁」を頂き、100円のちまきを買って食べる。秦野の特産も売っている。この後用事があるので、もうちょっと見ていたい気持ちを押さえて帰りのシャトルバスへ。
0103.jpg

0104.jpg

0105.jpg

0101.jpg

小田急線に乗る。
この後、おもわぬ事態に。
冷えた身体に水分を取りすぎたせいか腹痛に悩み、何度も小田急線を降りてトイレへ。小田急線は日曜の昼だというのに、とても混んでいる。やっとの思いで自宅に到着。軽い脱水症状なのか気分が悪く、そのまま横になり気がつけば夜。

本日、ジャズセッションに誘って頂いていたのに、まさかのドタキャンをしてしまった。申し訳ありません。この頃の忙しさで、身体が参っていたのだろうか。あれだけ眠ったら(全身に疲労はあるものの)なんとか復活しております。

本日の参加賞は、ペコちゃんのお菓子、ガラスクリーナー、mizunoのTシャツと充実している。女性の感性が取り入れられていると思われ。
0108.jpg

月間走行距離:2007年11月

月間走行距離(2007年11月):162km

「内藤新宿300RC」の皆さんからアドバイスを受けて、今月から、走った距離を付けている。

といっても、よくわからんトコロは適当で、ちょいアバウトではあるが、今月はハーフマラソンに3回、フルマラソンに1回出たので、それで距離をかせいだ。

一日に1km程度の日も付けてみた。

それで、1ヶ月にこんなにたくさん走ったのは始めて。
さーて、12月は忘年会はあるし、帰省もするし、走れる日にはシッカリ走っとかないとね。

第27回 つくばマラソン

第27回 つくばマラソン」(フル)に出場した。

フルマラソンは3月の荒川に引き続き2度目。
会場は筑波大学。

つくば駅からは無料のシャトルバスが出るらしいが、私は東京駅から会場まで直行してくれるバスに申し込みをした(読売旅行、往復3,900円)。そのバスに乗るためには、5時22分の丸ノ内線に乗らないといけない。
ところがーーー、ガーン、起きたら5時39分。ウッソー。

大急ぎで顔を洗って鞄を持って「小太郎、そういうわけだから、遊んでる暇はないのジャ」と駅に向ってダっと駆け出す。5時52分の丸ノ内線に乗り、ってことは30分の遅れ。

東京駅を降りて、またダっと駆け出す。
バスはいた!
受付時間は6時半までで、私の到着はまさに6時30分。ヤレヤレ。

朝ご飯食べてなーい。どうしよう。。。
昨晩のうちに、バナナ、みかん、パンなどを鞄に詰めてあるけど、朝は米を食べないと力が出ない。不安を乗せてバスはつくばへ。

渋滞もなく、会場までは約1時間で到着。
オ、会場近くにコンビニがある!

先に受付を済ませてからコンビニで「おにぎり」と「みそ汁」を求めて食べる。このごろはコンビにを利用することは滅多になくなったが、こういう時は助かるねー。おにぎりや弁当は次から次に到着している。さすがの手際の良さ。慌てて付け忘れた「日焼け止めクリーム」も買う。こういうものも売っているのねー。

腹を満たし、ホッとしながら女子更衣室となった体育館を探す。
人が多いし、会場も広いので、右往左往。

朝は寒いが、今日は気温が上がるという天気予報を見てきた。
長袖にするか半袖にするか、短パンにするか長い方にするか、迷う・迷う。
他の人のウェアチェックをし、だんだん気温が上がることも考慮し、エエイ、半袖・短パンじゃーい。

でも・・・、ちょい寒いわ。
こういった大きな大会では、スポーツウェアの販売を行っている。そこで、mizunoのアームウォーマーを購入して腕に付けてみた。オー、これはいい!これで行こう!
ゼッケンは「15920」
2505.jpg

荷物を預けて、トイレへ。
ガーン、トイレの列が長い。
もう、時間がないんですけど・・・。
トイレが・・・、

で、結局、10分も遅れてスタートラインに立つ。
本日、ここに立てたことに(たどり付けたことに)感謝する。

感謝してる暇もない。
沿道からは「もうみんな行っちゃったよー」の声を聞きながら、
「オーイ、今からスタートかい」という笑い声を聞きながら、
「がんばれー」の声援を聞きながら、
私同様にトイレで時間がかかった人達と、最後尾から走り始める。

以前なら相当に焦り、パニクったろうが、フルマラソン完走クラブでペースメーカーさんを置いた練習をしていたので、私は焦ることもなく、マイペースで行く精神力が付いていることに少し驚いた。

最後尾はゆーっくり走っている。
スタート時のマイペースを守るにはこの辺りからのスタートも悪くないのかな。

とにかく、そういうことでスタートして、一人また一人と抜いていく。
いつもは、あっという間に後ろから追い越されていたので、今回のように抜いていくというのは楽しいものだなぁー。

10kmを過ぎたあたりからiPodのスイッチを入れた。
このコースは、沿道の木々が美しい。気に入りの音楽を聴きながら、皆さんと走るのは心地よい。けれど、この道を一人で黙々とトレーニングするのは大変かもしれない。整備されている都市は、その整然とした街並が美しくもあり、おもしろみもないという、相反する面を持ち合わせる。

20kmまでは、1kmを6分強で走る。
問題は「給水」で、何度か「コップがない」という事態に見舞われた。
「コップがありません。あちらのテーブルに行ってくださーい」という声。
これまでこういう事がなかったので、ちょっとガッカリしながらも、ま、数分の違いなんかどうってことないから、別のテーブルで受け取る。

25km過ぎからは、足が痛い。
ハーフまでは距離に慣れてきているが、やはり、、、30km程度を走り込まないとフルは難しいなぁ。

給水の水を足にかけて冷やしながら進む。
直前に買ったアームウォーマーは快適で、暑い時は少しまくり、そうしているうちに午後になると空気が冷えているので、しっかり伸ばして使う。今日のような日には長袖を着るよりもこれは快適だわ。

途中でバナナが出た。
これを食べると元気が出る。

給水は(スポーツドリンクではなく)「水」が多い。
これほどの大きな大会ならば、スポーツドリンクが出てもいいのになー、と我がままな事を思いながら走る。

一番辛い30kmを過ぎたあたりでは「おしるこ」が出た。甘くてうまい。
「2個もらっちゃったよ」という男性もいた。
「梅干し」もあったが、私はそちらは頂かずに走る。

そうしてもう一度バナナが出る。
エイドの充実という点では荒川はやっぱりすごいなー。最初の大会が荒川だったのは正解だったかもしれない。

最後から2つ目の給水では、とうとう「コップがありません」で水はもらえず。ゴールまであとわずかな距離。日差しも弱まっているから気にせずに行く。

最後はトラックを半周強してゴール。
ゴール付近はこんな感じ。

2502.jpg

ゴール後にすぐに完走証を頂く。
2503.jpg

時間は、4:42:41
ネットタイム:4:32:16

5km:29:36
10km:30:46
15km:31:13
20km:30:48
25km:31:09
30km:33:46
35km:36:16
40km:35:34
ラスト:13:04
合計:4:32:16

2501.jpg

前回の荒川が5時間2分だから、オー、30分も縮んだー。嬉しい。
それにしても、走り終わった後は足が痛くてまともに歩けない。

荷物を引き取る。
男性の荷物引き取りには長蛇の列。女性は並ばすにすぐに受け取る。男性の皆さん、申し訳ない。

着替えを済ませてバスに向う。
バスがすぐそこに見えているのに足が動かない。ソロリ・ソロリと歩く。

帰りは少々渋滞しているので、「1時間半見てください」とな。「守谷」でトイレ休憩を取りながら、東京駅へ。私はほとんど寝ていた。

東京駅は八重洲口に到着する。
到着したすぐそこに「東京メトロ」の文字と「丸ノ内線」の文字。
オー、これに乗ろう。

そこは大手町駅で、そこから丸ノ内線・大手町駅には、えらく歩く。なによー、こんなに歩くなら東京駅で入場券買ってJRの中を通り抜けした方がよかったと後悔しつつ、ホームへ。駅の階段が辛い。

帰りの大手町から新中野駅がとても遠く感じながら家に到着。
「小太郎くん、帰ったゼイ! 完走したよー」

風呂にゆっくりと浸かった。
風呂の威力ってすごいわー。
足の痛みがスーっと和らいでいく。

本日の参加賞はかばんを頂いた。
ボランティアの皆様ありがとうございました。
2504.jpg