第33回 サロマ湖100kmウルトラマラソン

第33回 サロマ湖100kmウルトラマラソン」です!

2時に目覚ましが鳴って起きる。雨は降ってない。良かった。急いで仕度をしてロビーに用意された弁当を取りに行く。そして食べる。おにぎりは2つ用意されたが1つだけ食べて、おかずは半分食べる。そしてロビーへ。

皆さんと一緒に車に乗り込み、弁当忘れのイシイ会長を待って車は出発。道路はすいていてスイスイ進む。しかし会場近くになったら前に警察車両があってノロリノロリと進むことに。

ちょっと道を変えて、また快調に進み、駐車場に停車する。駐車場には大勢の選手の皆さん。今年もここまで来ました。

車を降りると、あまり時間がないので「すみません、先に行きます」。荷物を預ける。レストステーションで受け取る赤い袋には、レインコートと手袋を入れる。

女子トイレの列に並ぶ。スタートの30分前。この時間であれば大丈夫。そして、13分くらい前にはスタート位置に移動する。

ゼッケン番号は「1283」。

両足にはチップをつけている。

—————————————————————————————
 スタート!(5時)
—————————————————————————————
陸連枠に並ぶ。今年も陸連ではない人がいる。毎年いる。そんな事では完走出来ませんよぉ〜と心の中で言ってみる。

ダンナが撮ってくれた写真。スタートの10分前。

スタート位置で足首グリグリ、首グリグリしながら待つ。

「30秒前です」とアナウンス。気が引き締まる。
5、4、3、2、1、ワァ〜〜〜!

私のスタート通過は40秒。良い位置です。

こちらはネットから頂いた写真。頑張るゾ!

スタート付近では仲間が応援してくれている。ありがたい。嬉しい。仙人のお母様は椅子に座りつつ、シッカリ応援している。頑張ります!

—————————————————————————————
 10kmの通過時刻:06:07:38(10kmのラップ:01:06:58)
—————————————————————————————
予想よりも暑い。汗をかいている。Tシャツのファスナー全開で走る。

給水ポイントではポカリスエットとジュースをもらう。オレンジとアップルのジュースが用意されている。

給水でダンナに会う。トイレに寄ったりして遅くなったらしい。先に行きました。お互いに「頑張れ〜」とエールを送る。

—————————————————————————————
 20kmの通過時刻:07:16:52(10kmのラップ:1:09:14)
—————————————————————————————
ヤヤヤ、今年も遅い。でも、これ以上、速く走る勇気もない。淡々と進む。

折り返した人達が駆け抜けて行く。トップ集団は速い。別の種目のようだ。あのまま100km行くのかな?

仲間達も折り返して来た。
仙人〜!、サイトーさん、ナカジマさん、イシイ会長、ツチダさん、ダンナ〜!
ヒロキ君とタンバさんには会えず。

そして、私も折り返す。今のところは順調。

—————————————————————————————
 30kmの通過時刻:08:29:50(10kmのラップ:1:12:57)
—————————————————————————————
ヤヤヤ、やっぱり遅い。そして暑い。汗をかいている。腹もすいている。オレンジ、レモン、パン、すいか、様々なものを頂きながら走る。

—————————————————————————————
 40kmの通過時刻:09:46:48(10kmのラップ:1:16:59)
—————————————————————————————
40kmの通過時間が昨年よりも遅かった。

そして、フルマラソンの通過タイムは、05:03:05。遅い。
これはいけない。ここから給水ポイントがないところを走る。

—————————————————————————————
 50kmの通過時刻:11:05:10(10kmのラップ:1:18:22)
—————————————————————————————
11時を過ぎている。速く走らなければ、、、と気はあせるも足は遅い。

持参したスポーツジェルを飲む。半分強くらい飲む。先を急ごう。

—————————————————————————————
 レストステーション
—————————————————————————————
すぐに赤い袋を渡された。スタッフさんの手際が良い。ありがとうございます。

袋から100円ショップで買ったレインコートを出し、腰に巻く。手袋はすぐにつける。

おにぎりは1つだけ食べる。オレンジを食べ、給水し、赤い袋は「ゴールへ」の方に渡す。

いつものところに、ホソコウジさんと仙人のお母様と弟さん、「オオイ」、タンバさんが40kmあたりでリタイアしたと聞く。「了解」、そして、「すぐ行きます、すみません、遅いんです」。

ちょっと止まっただけなのに、身体は走ることを拒んでいる。少し歩く。上り坂。そしてゆっくり走り出す。

—————————————————————————————
 60kmの通過時刻:12:31:33(10kmのラップ:1:26:23)
—————————————————————————————
初回にリタイアしたのが、ここ60km。今年も越えました。
越えてすぐに給水と給食。
グズグズせずにスタートする。

昨年よりも10分遅かった。

62kmあたり、昨年と同じトイレに入る。今年も3人待ち。雨が降ってきたのでレインコートを着る。
トイレから出ると待つ人なし。やっぱり、今年は遅いのだ。

「魔女の森」だ。ここまで来た。頑張ろう。

いつもとは違うところにピンクののぼりを見つける。「内藤新宿300RC」のノボリ。いたいた、ホソコウジさぁ〜〜〜ん、お母様、弟さん、ありがとうございます! とてもとても嬉しいです!

走る。走るしかないのだ。頑張ろう。

68kmの斉藤商店さん。タオルは受け取らずに、ブルーベリーを3つか4つ頂いた。ご馳走さまです。

—————————————————————————————
 70kmの通過時刻:13:59:10(10kmのラップ:1:27:37)
—————————————————————————————
70kmまで来た。あと30kmだ。「行ける、行ける」と自分に言う。

歩道を走る。歩道で追い越したり、追い越されたり。淡々と進む。

ダンナが撮った写真。私は40以上も遅い時間にここを通過した。私が走った時は大雨。

そして、74kmのエイドステーション。
わぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜! ゴトさぁ〜〜〜〜〜ん!

雨の中、濡れながら待っていてくださった。ゴトさんをビショ濡れにしてすみません。
「そうめん」なし。「お汁粉」を頂き、食べながら話す。

ゴトさんが「ゴールは何時?」と聞くから「18時なんです」、「エ! それは危ないね」。

その通りです。これまでで一番遅いんです。遅い遅いと思った去年より、さらに遅い。

その程度の話しか出来ず、すみません。走ります。「頑張れ〜」の声援を頂きながら走り出す。

そのそばをゴトさんの車が通っていかれました。ありがとうございます。本当にありがとうございます。

—————————————————————————————
 80kmの通過時刻:15:21:16(10kmのラップ:1:22:06)
—————————————————————————————
80kmの手前、79.3kmの関門を越えた。数分前だったろうと思う。ビクビクしながら関門の時計の隣を通り過ぎる。次の関門もなんとしても越えよう。

ワッカに入った。必死になって走る。エイドステーションでは飲み物だけをもらう。もう食べたくないし、それでも水分だけは必要だ。

「わぁ〜〜〜」と声がした。仙人が駆け抜けていった。仙人にしては遅いのか? それでも速い!

雨が強く降っている。レインコートの上に帽子をかぶっているが、その帽子が飛ばされそうで、何度も抑える。

仲間達が帰ってくる。ヒロキ君だ。「オヤマさん、頑張れ〜」と。了解!

頑張ろう、頑張ろう。もうすぐ折り返し。

オオオ、ダンナだ。何かしゃべっている。意味がわからなかった。ゴールした後で聞くと「折り返すと(風は)楽になるよ」と励ましてくれたそうだ。ありがとう。

帽子が飛ばされそうなので、レインコートの帽子をとり、直接、帽子をかぶって走る。雨が止んでいるのか?

—————————————————————————————
 90kmの通過時刻:16:40:17(10kmのラップ:1:19:01)
—————————————————————————————
折り返しの巨大なコンクリートのところは強風。飛ばされるかと思ったほど。

なんとしても次の関門を越えたい。関門は91.5kmにある。
あった、あそこだ!
そこを通る時に「あと3分」とスタッフさんが言っている。あぁぁ、ギリギリだぁ。間に合った。

ゴールを目指すだけ。頑張ろう〜。

向こうから来る人はいなくなった。ワッカいっぱいに広がって走る。ゴールを目指すだけ。

距離表示は95kmの次は、あと「4km」に変わる。必死。

そして、あと「3km」。あと2.5kmぐらいのところでワッカから出る。給水ポイントでスポーツドリンクのようなオレンジ色の飲み物を頂く。元気が出る。あと少し。

あと「2km」が出た。頑張ろう、頑張ろう。

そして、向こうに道路が二股に別れているのが見える。もう少しだ。あと「1km」が表示され、そして、ビクトリーロードに入った。ここまで来た。あと800mくらいだろうか。頑張ろう。

オオオ、カメラを持ったタンバさんが来てくれた。タンバさぁ〜〜〜ん。ありがとうございます! 「頑張れよぉ〜」、「ハイ!」。

—————————————————————————————
 100kmの通過時刻:17:57:14(10kmのラップ:1:16:56)
—————————————————————————————
最後の角を曲がる。目の前にゴールゲイト。100kmの部は右側を進む。そしてゴーーール!
ゴールタイムは、17:57:14。2分45秒前のゴールとは、本当に危なかった。

完走メダルを頂いた。完走のスポーツタオル、そしてドリンク。ダンナが迎えに来てくれた。ありがとう〜。

私のタイムはこちら。

完走メダル。

完走タオル。

仲間は100kmに9名が出場し、6名が完走、3名がリタイア。50kmは1名が出場し完走。

全体では、100kmの部が73.1%の完走率。

今大会で凄い記録が出た!

風見尚選手(愛知県)6時間09分14秒は世界新記録。20年ぶりの更新だそうです。凄いわぁ〜〜〜!

参加賞のTシャツ。

背面には「33」の文字。

今年のカタログ。

完走証。

私が一番遅いゴールで、着替えもせずに、そのまま車に乗り込み宿に向かいます。車を待ってる時にツチダさんの足型、見ました〜! 仙人とナカジマさんのは見つけられず、また来年、参ります!

ホソコウジさんが、ワイナイナ選手のスペシャルドリンクのボトルを、たまたま受け取ったそうで、宝物ですね。

こちら側には本人のサイン。結果を見ると35位だったようです。

宿では、すぐに風呂に入り、8時15分から夕食。女子は8時半になっちゃいました。ご馳走です。頂きます!

二人のお祝いがありました。ヒロキ君、10回完走でサロマンブルー、おめでとうございます! サクライさんは初めての50km完走、おめでとうございます! 仙人が用意してくださった。仙人、凄いよぉ〜!

レモンサワーを頂き、

お吸い物を頂き、

デザートを頂き、お腹いっぱいです。ご馳走さまでした。おやすみなさい。