東京医科大学病院@西新宿

昨日、会社近くの皮膚科に行ったところ「原因不明」につき、「東京医科大学病院」への紹介状をかいてもらった。今日はそれを持って行く。前に「目の検査」で行ったことがある。

症状を伝え、皮膚科へ。

今、隣に大きな建物を建設中で、いつも注目している。来年の夏過ぎには完成するようだ。今も十分に大きな病院であります。

2階の皮膚科の受付へ。7人待ちです、とのこと。了解です。持参したランの雑誌を読みながら待つ。ウトウトする。眠い。そしてやっとパネルに番号が出たので「1」の前の椅子に移動する。あと3〜4人待ちか。

そこでも眠気が。なんでこんなに眠いのか。

そして、待って待って、名前を呼ばれる。紹介状を読んでいてくださっている。パソコンに入力するのは医師ではなく女性だった。

「こことここなんです」と伝える。拡大鏡のようなものでじっくりと見られる。何か思い当たることを聞かれるが「わからない」と返答する。先生も困っている。目のわきのところは「老人性いぼ」を自分で引っ掻いたのではないか?との見解。こちらは手で触らずに様子見となる。

唇は原因不明につき医師も困る。昨日、皮膚科で頂いた薬をつけて1週間ほど様子を見て再診することになった。了解です。

会計は計算機で行うのであっという間に終了。お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です