初台リハビリテーション病院がTVに

私がリハビリのために入院していた病院「初台リハビリテーション病院」がカンブリア宮殿という番組で放送されてました。録画したものを見たのだけれど、いちいち、「そうそう!」とうなずいております。

理事長の石川誠さん。直接、お目にかかってはいないのだが、この方の考え方が病院内に行き渡っている。ここに入院していなかったら、私はここまで戻ることが出来ただろうか?

リハビリは休日なしで毎日ある。食事は皆さんと一緒にロビーのようなところ、椅子とテーブルが並んでいるところで頂く。お風呂もある。2日に一度、スタッフさんに付き添って頂いて入る。そのうちに退院近くなってくると一人で毎日入った。普通の暮らしを普通に送ることが出来るようにと、少しずつ変化していく。すると、最初は歩けなかった方も杖を使うなりして、歩けるようになっていく。「私は無理」と抵抗していたご婦人も徐々に出来ていく。不思議なほど。

そして患者さんの表情が日増しに明るくなっていくことは患者が見ていてもわかる。

私の父は脳梗塞を患った。幸い、家に戻って普通の暮らしが始まったが、なかなか、うまくいかぬことも多かった。このような病院でリハビリを受けたら、もっと変わっていたかもしれないなぁ〜と思う。

こちらの病院に感謝する。そして、ここを選んでくれたダンナにも感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です