「元朝参り」って方言でしたか

「元朝参り(がんちょうまいり)」って「初詣」のことだが、これって方言だったのですか!

Facebook、先輩のページを見て知りました。
東京に暮らして30年以上経ちますが、なんか普通に使っていた気がします。
ということは、通じない人もいたのかしらん?

ネット検索すると、「元朝参り」は茨城より北で使う言葉のようです。
そして「元旦の朝に参る」ということだそうです。

初詣の場合は「元旦」に限らず、最初に詣でる時に使うという意味らしく。
つまり、意味的にも少し違うそうです。
54年間生きてきて、初めて知った!
ヘェェェ〜〜〜!

「「元朝参り」って方言でしたか」への5件のフィードバック

  1. 15年前に移住した当時、皆が「ガンチョまいり」と言っているのを「?」と思いました。「節分の落花生」に並ぶ「?」でした。「元朝参り=初詣」と心の中で翻訳して来ましたが、意味合いが違うんですね。あと「おすばで」も未だに翻訳してます(^^;

  2. >ヒロトさん

    あはは、そうですよね!
    逆に私は標準語だと思い込んでましたから、ビックリです!

  3. 方言ではありません。元日の早朝寺社に参拝する事が元朝参り。年が変わって初めてのお参りが初詣。なのであります。茨城以北に限らず日本人はそう呼びます。

    1. >ヤマダ太良うさん
      コメント頂き、ありがとうございます。
      そうでしたか。方言ではないのですね。
      そしてそして、「元朝参り」と「初詣」は厳密には異なる意味を持つのですね。そうでしたか。なるほど〜〜〜。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください