Vienna

Vienna

Mac用のRSSリーダーソフトは何を使ってる?
私は今日から「Vienna(フリーウェア)」を利用することに。

<使いやすいのは次の点>
日本語のローカライズもされている。
iTunesのように「スマートフォルダ」という名前で分類出来る。
Webブラウザ表示出来る。
画面がシンプルでわかりやすい(それが一番かも)。

ぽすれん

昨日、DVD借りたはいいけど返すの面倒だわ。
だって、TSUTAYAは丸ノ内線で一つ先の「中野坂上店」なのよー。

それで、とうとう「ぽすれん」の会員になる。
随分前(たぶん「ぽすれん」のサービスが始まった頃)に、会社の人から教えてもらった時とは格段の進化でサイトは見やすいし、品揃えも豊富になっていた。

マイリストにあれこれ加えたり、検索したり。
あれもこれも観てなーい。さっそく借りる。
早く届かないかなー。
といっても、どうせ映画を観るのは土日になっちゃうんだけどね。

映画・DVD借りて

夕方、新宿のビックカメラに入る。
なにー!? 人が多いーーーー。

そうかー。子供達は夏休みに入り、お父さん達はボーナスが出たんだね。
隅田川の花火大会に行くであろう浴衣姿のお嬢さん達がいるわ、なにか熱気がすごい。
特に買う予定もないので早々に店を出て、TSUTAYAで久しぶりにDVDを借りて帰る。

「博士の愛した数式」
博士の愛した数式

本を読んだときにはわからなかった「あの数式」の意味がわかった。
全体にホッとする作品。

「クラッシュ」
クラッシュ

アカデミー賞の作品賞、脚本賞、編集賞の3部門を受賞した作品。
アメリカ・LAを舞台に、差別、貧困、銃社会、いろいろな問題があり考えさせられる。

無糖炭酸飲料

久しぶりのジョギング。ちょこっと動いただけで汗が出る。

最近、気に入ってるのは無糖炭酸飲料。
各社からいっせいに出ているので、あれこれ飲んでいる。

1996年に初めてサンフランシスコに行った時に、「カリストガ( Calistoga)ウォーター」をホテル近くのお店で買って飲んだ。

「カリストガ」は、ナパ(Napa)の北にある有名な温泉地。
日本でいうなら、「南アルプスのなんとか〜」みたいな感じだと思う。

お店には「スパークリング・カリストガ(Sparkling Mineral Water)」もあった。いわゆる無糖の炭酸水だ。

どうして日本ではこういう炭酸水を売らないのだろう?と不思議に思っていた。
亡くなった「久和ひとみ」さんが「ニューヨークで見つけた!新しい私」という著書の中で、ニューヨークでスパークリングウォーターをよく飲んでいると書いていた。

私以外にもスパークリング・ウォーターを好きな人っているんだなーと思っていた。

それがここにきて、なぜだか知らないが、各社一斉に発売している。
炭酸水って、あまり身体には良くない気はする。が、あのブシュブシューが喉に刺激的で、私のこの夏のマイヒット製品。

雨が止んだら

連日の雨で走ってない。
走らないと疲労が蓄積されちゃって、身体がだるい。

会社を出ると、「雨・降ってないジャン」
久しぶりに歩いて帰る。約1時間。iPod聞きながらタラタラ歩く。
少しは、身体を動かすのがイーみたい。

Opera 9

今日も雨。
ここンとこ雨が多くて、ジョギングをさぼっている。身体はドンドンなまっている。

ところで、ブラウザソフトは何を使ってる?
私は、メインブラウザはFireFoxで、Web制作の確認用にSafari とWinIE。

ここに来て、Opera 9の利用頻度が急浮上。
Mac版のOpera 9は、とてもサクサク動いて(速くて)快適であーる。
アイコン:Opera 9

あとは、FireFoxでよく使うアドオン機能が使えれば文句なしだが…。
それとこのブログの右欄がOperaではちゃんと表示されない…。原因を追求しないと。

45歳はまだやれる

休日。行きつけの美容院に行く。
ぬぁ〜んと! 私と同い年の店長は若い後任に店を譲り、自分はまったく別の仕事を始めるそうな。思い切った決断。

45歳。まだやれる。
「俺は独身で身軽だから出来るんですよ」と言うが、いやいや独身であっても、今の地位を捨てて一から始めるのは勇気がいる。

若き店長はやる気が出るだろうなぁ。
お店に「やる気」のオーラが出ていて、なんだか私もがんばろーと思うのであります。

読書:カリスマはいらない。

「USEN宇野康秀の挑戦! カリスマはいらない。」和田勉・著。
写真:USEN宇野康秀の挑戦!カリスマはいらない。

イケメン社長の宇野氏のことを書いた本。
大阪有線・現在/株式会社USENの2代目社長。親の跡を継ぐ前に、仲間らと一緒に起業した株式会社インテリジェンスの初代社長で、現・会長でもある。

優しいお坊ちゃんなイメージからはほど遠い苦労人のようだ。
親の会社の跡をつぐというのは大変なことだと常々思っている。

私は自分で起業することは出来たが、父の会社を継ぐことは難しかっただろうと思う。親と子では考え方もやり方も異なる。すべてにおいて比較される。親のやり方を変えることは並大抵の事ではない。それを成し遂げた。

著者の和田氏は、宇野社長のことを次のように書いている。

真っ当さとベンチャー精神

  • 宇野は、起業や再生を実現した有能な社長でありながら、チーム経営を重視する
  • 宇野は、スピード経営を標榜しているのに、長い会議が当たり前
  • 宇野は、事業をまじめにコツコツとやあっているが、非連続性の決断・行動もある
  • 宇野は、ソフトな人当たりとハードな内面を併せ持つ

そういったアンバランスな点が宇野氏の特徴かもしれない。

ふるさと気仙沼を愛し、マラソンやMacのことなどを書いています