「気仙沼と家族」カテゴリーアーカイブ

あさひ鮨

気仙沼に到着。雪が積もってるよん。
今年2月に父と最後に外食した「あさひ鮨」さんに、母と二人で行く。
あの日、父と母と私の3人で座った席に通される。
父が座った席から母を見る。
父もこんな風に母とその隣に座る私を見たんだなぁ。

雪だわん

東京は雪っす。これから気仙沼に帰ります。
実家の母は犬が大嫌いで、「絶対に連れて帰らないで欲しい」って。
小太郎、そういうわけだから、しばしの別れじゃ。
小太郎君は定宿「ワンワン」にて正月を迎えます。

「武山米店」国の登録有形文化財に指定

気仙沼市魚町1丁目の「武山米店」が国の登録有形文化財に指定されたそうな。気仙沼で3件目らしい。すばらしい。
 1件目:角星(魚町2丁目)
 2件目:男山本店(魚町2丁目)
 3件目:武山米店(魚町1丁目)

いずれも魚町だ。魚町は1929年(昭和4年)の「気仙沼/昭和の大火」で、ほとんどが焼失してしまった。オヤマ家も全焼した。
「武山米店」はその後、1930年に気仙大工の手で作られたそうな。

姉弟3人でディナー

気仙沼の弟が出張で横浜に泊まっているというので、私と横浜に住む弟が宿泊先の「ナビオス横浜」に集まる。

渋谷から「みなとみらい線」直通の東横線に乗って「馬車道」駅で降りる。

横浜に不慣れな私は、ランドマークタワーやよこはまコスモワールドなどに「わーわー!」言っちゃう。こんなに変わっていたのね>横浜

横浜赤レンガ倉庫」の3階「THE BUND QUEEN 上海」で食事をする。

3人とも経営者だし、育った環境が同じだし、遠慮もないし、父を亡くした悲しみと落胆も共有しているし、不思議なもので、大人になってからは一番の相談相手だ。

来年は3人とも(そしてその家族も)飛躍する1年にしたいね。

制服は残るらしい?

母校/鼎が浦高校(女子校)が、気仙沼高校(男子校)と合併するので、「私達のあの制服(セーラー服)はどうなる?」論議があった(らしい)。

伝統(ホントかい?)の制服を支持する卒業生が多い。

「ぐるぐる堂日録」によると、どうやら残るらしい。ホント~?