結婚記念日とダンナ誕生日2019

2010年に結婚したので、9周年! 時の流れは早いですねぇ〜。そしてダンナの誕生日。58歳です。気仙沼の弟も誕生日! おめでとう〜!

小笠原伯爵邸@若松河田」さんに18時半と予約しています。10分前に到着。初めて入ります。

建物の前を何度も通っていて気になっていました。しかしながら土日は予約が出来ない。おそらくはウエディングパーティなどで予約されているのでしょう。やっと本日、中に入りました。

「旧小倉藩藩主の伯爵小笠原長幹の邸宅として1927年(昭和2年)に現在地に建てられた。」そうです。「敷地は江戸時代の小倉藩下屋敷跡地である。」という場所。戦後は米軍に接収されるなど大変だったが、「2002年(平成14年)6月にレストラン「小笠原伯爵邸」としてオープンした。」

待合室みたいな席で「少しお待ちください」とのことで写真撮影など。

あれっ? それにしても遅いのでは? 18時45分になった。席を立って聞きに行こうとしたところに担当の方がいらして、名前を確認される。入り口でも伝えていたのだが、、、。そして席に通される。何度も待たせたことのお詫びも告げられる。

ジャーン。

花が飾られ、

やさしいロウソクの光がゆれる。

本日のメニュー。

私達のちょっとした贅沢な時間。

お料理の前に、いつものお決まりを。結婚パーティの時に読んだ「誓いの言葉」を伝え合う。
先に私から、そしてダンナの言葉。あの日を思い出します。

サ、スパークリングワインです。

ワインで頭痛になっちゃうダンナは生ビールにして頂きました。かんぱ〜い!

お水もグラスについで頂き、テーブルにも置いて頂きました。これはボトル置き場でしたか。

最初は、「生ハムとイチジクの軽いテクスチャー オロネグロ」です。

パンが用意されました。パンも美味しい〜!

「帆立貝のソテー 茶豆 セルフィーユ 魚のエッセンス」。

飲み物は白ワインを頂きます。

ダンナは「焼酎はありますか?」と聞いてみるも、残念ながら「ございません」で、ハイボールを。

次のお料理には「こちらを使っております」と説明を頂きまして、

「低温料理の黒あわび オイスターリーフと肝のマヨネーズ」。

「雲丹のアロスメロッソ」。

美味しいです〜。

飲み物は赤ワインを頂きます。ダンナもお代わりを。

「ハタのプランチャ アーティチョーク ディルオイルとライムキャビア」。

「特選牛ロース アンディーブのグラッセ 根セロリのクレモソ オロロソソース」。

ここにメニューにはない特別なケーキが届きました。「結婚記念日おめでとう」です! ありがとうございます!

二人でロウソクを消しました。食べきれないので持ち帰ることに。

「柚子のシャーベット パッションフルーツとレモンバーベナのゼリー」。

「桃のコンポート フランボワーズとローズのグラニテ オルホクリーム」。

美味しいね。

テーブルにはお茶の用意がなされ、

飲み物はアメリカンコーヒーをお願いしました。

小菓子も頂きました。美味しいです。

時間を待たせてしまったので「お詫び」と言ってお土産を頂きました。いえいえ、かえってすみません。

良いディナーになりました。これからも仲良く、楽しく、生きていきたいと思った次第です。

「結婚記念日とダンナ誕生日2019」への2件のフィードバック

  1. 改めて・・結婚記念日(お誕生日も)おめでとうございます。
    9年早いですね。鬼あしウルトラの帰り道に結婚の話を聞いたのが9年前かぁ(*´▽`*)
    仲の良い(まぁそれなりに喧嘩はあるでしょうけど・笑)お二人のレースやお食事の写真を見ていて「いいな~」ってほっこりしています。これからもお幸せに

    1. >marukoさん、ありがとうございます!
      鬼あしウルトラの時でしたねぇ〜。もう9年です。早いですねぇ〜。最近は喧嘩もしなくなりました。エネルギー不足か?(^ー^)。
      これからも宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください