北海道旅行2019

5時前には目が冷めました。5時までウダウダして、サ、風呂に行きましょう〜。昨日は入らなかった露天風呂にも、ゆっくり入ります。あぁぁ、サッパリした。それにしても、ひどい筋肉痛です。

そして、6時半から朝食。和食中心に食べます。納豆も美味しい〜。

予定よりちょい早め、8時半前に出発です。宿の前で記念写真。総勢10名。

車は進みます。「大雪山国立公園 三国峠」で記念写真。あたりは真っ白で何も見えない。

トイレを借りました。ありがとうございます。

タウシュベツ川橋梁展望台」、見に行きましょう〜。

途中にあるのは、「ミズナラの巨木」。デカい。

そして、オオ、あれだ、あれだ!

橋は「糠平ダム」の底に沈んでしまったが、季節により、このように見ることが出来るそうだ。7月の、この時期は半分くらい沈むようだが、今日はこのようにバッチリ見ることが出来た。近くに人影も見える。見学がギリギリ可能だったのでしょうね。

「扇ケ原展望台」です。

良い眺望のはずが霧で何も見えず。小雨が降ってきた。移動します。

ラーメンぼうず山」さんに入りましょう〜。

ビールも飲みましょう〜。運転手さん以外は「飲みま〜す」。

私は(ネギラーメンが売り切れにつき)ニララーメン。

ダンナは、海藻ラーメン。美味しいです!

「狩勝峠」は売店も閉まっていた。私は車から降りずに写真だけパチリ。移動します。

今回、一番、素晴らしいと思ったのがこちらです。映画「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台になった場所。「幌舞駅(ほろまいえき)」だ。本当は「幾寅駅(いくとらえき)」というらしいが、映画で使われた名称「幌舞駅」がそのまま残っている。

自由に見ることが出来る。見入ります。

2016年の大雨により、その後、不通が続いているようだ。

駅長の机ですよ。凄いなぁ〜。

高倉健さんだ。良い写真です。

「鉄道員(ぽっぽや)」のサイン。左は私の好きな浅田次郎さんのもの。中央が高倉健さん、右が大竹しのぶさん。

高倉健さんの衣装。デカいなぁ。印象よりも大きい。

線路に行ってみましょう。ここで指差し確認だ。線路には雑草が茂っている。

線路から駅を見ると、こんな感じ。

駅の周囲には映画で使われた建物が残る。

電車の中に入ってみる。

向こう側にサインが展示してある。

イェ〜イ。

ここは本当に素晴らしかった。高倉健さん、ありがとうございます!

あら、名寄のポスターが貼ってありました。

サ、この後は、一路、新千歳空港に参ります。レンタカーを返却し、空港に到着。仙人のお母様と弟のヒロシさんとはここにてお別れです。どうぞ、お気をつけて。

私は荷物を預けて身軽になりました。お土産を買って「ユック 千歳空港ターミナルビル店」さんに集合だ。オ、昨年と同じ席ですね。一番奥の8名席。

生ビールお願いします!

ダンナは「しまほっけ焼」。ほっけの大きさと厚さに大満足!

写真を撮り忘れたが、ジンギスカン定食にも満足。

私は「たっぷり三色丼」だ。3,980円が2,580円になっている。それじゃ。

お酒は「芋焼酎の炭酸割」を頂きました。

楽しい思い出を乗せて、飛行機は羽田空港に到着。空港からバスに乗って新宿駅へ。最後は丸ノ内線。羽田空港のバスの切符売場が「人」ではなく「券売機」になっていました。へぇ〜。販売していたお嬢さん達はどこに配属になったのかな?

筋肉痛がひどくて、駅の階段が辛い本日でございます。それにしても、完走出来て、本当に良かった。皆様、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください