第35回 河北新報 気仙沼つばきマラソン(10km)

第35回 河北新報 気仙沼つばきマラソン」です!

宿で朝食を頂きます。朝7時。美味しいです!

雨が降るかと心配したが、スタート前に雨はあがった。これは嬉しい! 宿のチェックアウトをして、荷物置き場に荷物をおかせて頂きました。貴重品はフロントに預けます。

宿が近いので、一度、参加賞を受け取って宿に戻り、また出かけるという呑気さ。アップジョグもしていない。ストレッチはちょっとやりまして、そんな感じ。完走目指して頑張りましょう〜。

大会プログラム。

参加賞のバッグ。

参加賞のタオル。

ここがスタート地点じゃ。

応援の母がスタート近くまで来てくれた。ありがたい。しかし、この後が心配。大丈夫だなぁ〜。1時間ほど待たせてしまうわぁ〜。

ゼッケン番号は「2319」。

10kmの部は出場者数が多い。それほど広くない道いっぱいになってスタートを待つ。ダンナと隣合わせで、スタート。わぁ〜〜〜。

最初はダンナの前に出た。すぐ後ろでiPhoneアプリがタイムを読み上げるのが聞こえる。すぐ後ろにいるね。・・・と思ったら抜かれた。そして、抜き返し、最初はそんな感じでスタートしたものの、3kmも行かないあたりで前に出たダンナを追いかけることが出来ず、次第にその距離は広がって行く。マイペースで行きましょう。

コースは変わったと思う。上りがあれば下りが来る。その繰り返し。きついコース。上りは歩きを決める人も出てくる。私は歩かない。ゆっくりでいいから走るのじゃ。

4kmをすぎた辺りで給水ポイントがあったが、小さい給水で「大会のものかなぁ〜、ボランティアかなぁ〜」なんて思っていたら通り過ぎてしまった。もう少し行くと折り返し。折り返したダンナが来た。手を降って合図。そして私も折り返し。

折り返した後の、先ほどの給水の向かい側にも給水ポイントがあり、ここでスポーツドリンクをもらう。ガブ飲みする。

半分を過ぎたんだなぁ〜。きついなぁ〜。歩きを決めた人を追い抜く。頑張ろう〜。仮装している人もいる。応援の方には仮装は楽しいようで、さかんに声がかかる。

あと2km、そして、あと1km。向こうに小学校の校舎が見えて来た。あと少しじゃ。頑張ろう〜。

もう少しでゴールというところ、左側に母を発見。オオオ、今日、一緒に打ち上げをするチバさんもいらっしゃる。オオイと手を振る。気がついた。「頑張って」と母の声。ウィーッス。

そして、ゴール。完走した。タイムは遅い。
1:04:26。

すぐに完走証を頂く。

そして今日はこのまま宿に帰り、風呂に入らせて頂く。それは嬉しいですねぇ〜。宿泊するとこんな良い点がある。来年も宿泊したいなぁ〜。チバさんに風呂に入ることを伝え、「桜田」さんで会いましょう〜、すみません。と話し、「明海荘」さんに戻り、風呂に入る。母も入る。

気持ちイイ〜!

ドライヤーをかけて、あらら、約束の時間の10分前。これは間に合うかしらん。すると宿の方が「車で送ります」と言ってくださった。お言葉に甘えて「すみません、桜田さんにお願いします」。

ちょうど入り口付近でチバさんにお会いし、一緒に中へ。

オオオ! お刺身の盛合せです。これは嬉しい。ダンナは「メカ(めかじき)」のお刺身は初めて食べると言います。気仙沼ではポピュラーな食材なんですけどね。そうでしたかね。

生ビールお願いします!

お通し。

ビールをグイっと飲んで、レモンサワーお願いします!

そして定食を頼みます。母と一緒に食べるのは「カキフライ定食」。

酢の物がついて、

おしんこも美味しい。

そして、ご飯と味噌汁。

あぁ、美味しかった! 急いで船着場に行き、14:30発に乗ります。オオオ、満席ですね。大勢の人を乗せた船が気仙沼に向かいます。雨が上がって本当に良かった。

気仙沼に到着し、チバさんとはお別れをして、私達は「K-port」さんへ。

ダンナは、パンケーキを食べる。よく入りますねぇ〜。

母と私はブレンドコーヒー。ゆったりと過ごしました。

この後、ダンナは17:50発で東京へ。気仙沼駅まで見送りました。お気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください