MacOS 9 IE5.0の問題(泣けるー)

MacOS9 のIE5.0はFlashの透過機能が働かない。ガックシ。
5.0をお使いの方はまだ結構いるかもしれない。たしか、OS9をインストールした際に自動で入るバージョンだったと思う。それでもって、マイクロソフト社はたしか5.1を出したはずなんだけど、今やマイクロソフトのサイトからMac版IEをダウンロード出来ないので、やっぱ5.0で見ている人もいるのねー(泣)

CSSにもクセがあり大変でござんす。グラフィックデザイナー(紙)さんはこのバージョンで見ている方が多いようだ。グラフィックデザイナーさんは職業がら1pxの違いも気になるから、「オヤマさん、変ですーーー!」と連絡が入るわけでござんす。

Webの世界ではそういう事があとどのくらい続くんだろーーー?
ブラウザでの見え方を統一してくだされーーー。

読書:9タイプ・コーチング

「9タイプ・コーチング」安村明史・著。
9タイプ・コーチング

「EC=エニアグラムコーチング」とは、相手の気質に合わせたコーチングのスキルである、と書いてある。人は大きく分けると9つのタイプがあり、それに応じたコーチングをしていくことで、活き活きと生きていくことが出来る、としている。

さて、私は何タイプか?
こちらに「エニアグラムタイプ診断」(アンケートのようなもの)がある。
アンケートに答えるようにチェックを付け、最後にメールアドレスを入力すると、タイプと「注意点」などを書き添えたメールが送られてくる。自動的にメルマガにも登録されるようだ。
やってみた。えっ、意外。。。そうだったの?

好景気っていうけれど

「バブル期と同じ4年と3ヶ月の好景気が続いている」とTVでは言うが、「エーーーーほんと〜〜???  どごでー(←気仙沼弁:直訳すると「どこが」だが、それよりも「ウッソー」の意味合いが強い)」。
皆さんは好景気を実感しますか?
あたしゃー、ゼーンゼンでござんすよ。
大企業や銀行はいいかもしれないが、中小企業と地方はヒエビエ〜〜〜じゃない?
なにか景気を計る尺度が違うんじゃないだろうか。今が好景気なら、景気が悪くなったら、いったいどーなるんでしょ?ガクッ。、、

昔ながらの喫茶店

新宿御苑前には昔ながらの喫茶店がいくつかある。たいがい、ご主人がコーヒーや軽食を作り、奥さんがそれを運び、レジをする。お店は20年以上、もしかしたら30年以上、続いているのではないだろうか。ご夫婦で、力を合わせて、一杯数百円のコーヒーで商いをして、子供を育てあげ(たぶん)、老後のなにがしかの蓄えをし、そういう暮らしがある。

新宿御苑前にも、チェーン店のコーヒーショップがいくつもあり、若い人達で混んでいる。それでも、美味しいコーヒーと落ち着いた店のこしらえで、昔ながらの喫茶店には固定客が多い。固定客もご主人と一緒に年齢を重ねている。

昔ながらの喫茶店では、今でもモーニングには「トーストとゆで卵、そしてコーヒー」が定番。いつも朝はあたふたと会社に向かうが、土曜日に休日出社する時は、ゆっくりモーニングをいただき、ほんの少しのんびりする。時間にすればわずかだが、私のちょっとした贅沢な時間だ。

ご主人と奥さんの、なんとも言えぬ「気」で通じる仕事ぶりが微笑ましい。ご主人か奥さんか、どちらかが体調をくずしたら、それで閉店になってしまうのかもしれない。どうぞ、お元気で末永く続けてください。

読書:ロウアーミドルの衝撃

「ロウアーミドルの衝撃」大前研一・著。
ロウアーミドルの衝撃

大前氏の本は2冊目。これはおもしろい。
二極化が進んでしまった日本。その大半はロウアーミドルという中流の下の階層である。けれど「ロウアーミドルが多いのが悪い」ということでもない、という発想の転換。収入が減ったとしても、物価が安くなれば、それは結果としては変わらないのだ。
それよりも、「大きさがそろった苺を買う」という日本人の、妙な慣習を捨て去ることで、物価はさらに下げられる。日本は収入が下がったとはいっても、世界的に見れば高収入である。日本人一人ひとりが改革者になるべきだと言う。

現在の政府に対して「古いものを壊すだけでは、新しいものは生まれない」と言う。「小泉さんを批判していない」としつつも、そこに足りない点をあげる。
「21世紀は、国よりも地方、地方よりも企業、企業よりも個人が主導権を取る時代なのだ」
そして、「次期首相に物申すべき4つの核心」をあげている。
大前さんが政治にたずさわったら、どのように改革をなすのだろうか?見てみたい、と思った。

新しいコース

「ねこもしゃくしもテニス時代」があった。1970年代後半から1980年代はじめ。テニスしなくても(ファッションとして)ラケットを持って歩くという、なんともまぁ、呑気な時代だったっけ。その頃、大学のテニスサークルに所属している呑気な私達の練習場所は神宮外苑だったんだ。

しかーし、一人で歩いていた時に、ここで痴漢(&露出狂)に2度もあった。気仙沼の女子高近くでも何度か痴漢にあってるが、神宮外苑の痴漢はひどく不気味だった。なので、薄暗い時間にここを一人で通ることは「ありえなーい」のであーる。

会社のジョギング部。
「オヤマさん、神宮外苑を走ったらどうですか?」と前から言われていて、その度に「昔さー、痴漢にあってさー」と話してたわけ。でも、今日、その禁断の神宮外苑に足を踏み入れると、なにやら学生さん達がタイムを計りながら走ってる。私もそれに誘われるように、皆さんの後ろを走ってみた。ぐげっ、皆さん、はやーい。

それにしても、このコースはやっぱイイかもー。
私の「良いジョギングコース」の定義は「信号が少なくて、歩道が広くて、人通りが多くない」こと。ここはおまけに木々が生い茂り、ランナーがいて適度な刺激になる。思ったよりも車の交通量は多いので、排ガスがちょっと問題ではあるが。都内を走る以上はやむを得ないだろう。しばらくはここを走ってみよう〜っと。

がんばってるかい

会社はこの4月から新組織に変わった。グループマネージャーが決まり、「次」に向けて、各グループが戦略会議やら勉強会やらを遅くまでやっている。がんばってるのー。あたしゃ、ドンドン技術的に置いていかれちゃってるが、経営者がやるべきことは別にあるのラー。それでも、皆の話にしっかりと加わるために、こっそりと勉強しないと。
(写真撮って、応援してるんだか、邪魔してるんだか…)
会議中会議中2

ふるさと気仙沼を愛し、マラソンやMacのことなどを書いています