「映画」カテゴリーアーカイブ

映画:地下鉄(メトロ)に乗って

先日の日曜日、Macのデータコピーをしてる間は映画を見ていた。
「地下鉄(メトロ)に乗って」
1201.jpg

原作は浅田次郎。
舞台は私が住む新中野を現代から昭和39年までタイムトリップして、あっちとこっちを行き来する。

原作は(なにしろ私は浅田次郎ファンですから)文句なしにおもしろい。
これを映画にするとどうなるんだろうと思っていたら、これがいいいんですね。文句なしに満足。主演の堤真一がいいですね。岡本綾、大沢たかお、常盤貴子も良いです。キャスティングがうまいんでしょうね。

最近、ハリウッドもんより日本映画の方がおもしろいと感じている。なんですかねー、日本の良さを再認識する年頃でしょうか。

映画:アダプテーションとブラッド・ダイヤモンド

1年ほど映画を借りてないのに、せっせと「ぽすれん」に月会費を払っているという、思うツボな客の私です。いっそ解約しようかとも思ったけれど、「そうだ、映画を見よう!」と思いまして、久しぶりにレンタルしました。

借りたのは次の2作。
アダプテーション」と「ブラッド・ダイヤモンド
2601.jpg   2602.jpg

週末にゆっくり見てました。
もっと映画を見よう!
音楽を聴こう!
コンサートに行こう!

と、いつも思っているのですが・・・。

映画:ダ・ビンチ・コード

昨日「ダ・ビンチ・コード」をDVDで見た。
ダ・ビンチ・コード

意味がのみこめないところはストップして巻き戻しては見た。最初、小難しそうーと思ったが、そのうちに引き込まれた。リー・ティービングという宗教研究家(?)が登場する辺りから、おもしろさが増した気がする。彼が(役の中で)説明してくれる部分がわかりやすいから、かもしれない。
本も読んでみようかな。長編なので気合いがいりますのー。

映画:グレイテスト・ゲーム & シークレット ウインドウ

この週末は「Macで音楽クラブ」の合宿に行く予定が、のっぴきならない理由で行けなくなってしまった。昼は貯まった仕事を片付け、夜は借りていたDVDを2本観る。

ところが、この2本、、、なんかつまらなかった。ごめんなさい。
「グレイテスト・ゲーム」
グレイテスト・ゲーム
実話に基づいたお話で、ゴルフがまだ裕福な階級の人しか楽しめない時代の話。

「シークレット ウインドウ」
シークレット ウインドウ
ジョニー・デップ主演のサスペンス。先がわかってしまって「やっぱ・そういう事ね」ってな感じで観てしまった。

私、、、素直じゃないのでしょうか。。。