「今日の出来事」カテゴリーアーカイブ

ダンナさんを何て呼べばいいの?

結婚して、まだ数日。

新しい名字にも慣れず、
妙な気分のまま数日が過ぎております。

ところで、結婚した相手の事を外で言う時に何と呼べばいいのでしょうか?

主人?
だんな?
ダーリン?

そして、私は何と呼ばれるのでしょうか?
嫁?
家内?
カミさん?

ウエーン、どれも自分じゃないみたいですぅー。

少しずつ名前変更中〜

結婚によって名前が変わったので、免許証、パスポートなどの名前変更を始めました。
ざくっとリストアップしてみましたら、,,、あまりの多さに倒れそうです。

今日は夏休みを頂いているので、あっちこっちと動き回っており、せっかくの休みが残念・・・って感じですけど。

これ、皆さんもやっているんだよね。すごいねぇ〜。
これで離婚したら、もう一度、この作業をやらないといけないわけ? はぁ〜。
すべてが完了するまでにかかる時間は? はてさて。

会社で利用する通称は、これまで通りにオヤマで通すことにしました。
このブログも「オヤマ日記飴」のままでございます。

つくばで天皇・皇后陛下見る

コミュの皆さんと「筑波山」に行く予定でしたが、どうしても都合がつかない云々で、つくば市の「洞峰公園」で軽くラン&スイミングをして参りました。

私は、まだパーティ疲れが残っておりどうしようか悩んだのですが、こんな機会でもないと、なかなか筑波に行くこともないので、行ってみることに。

秋葉原からつくばエクスプレスで参ります。
秋葉原駅に到着すると、なにやら物々しい雰囲気です。

あちらこちらに、イヤホンを耳にしたスーツの人達が立っていて、警察の腕章を付けた人もいる。
この物々しさはもしかすると天皇陛下でしょうか?

時間もないことですし、トットと改札を通ります。
そのそばからロープが張られて行きます。
やはり天皇陛下がいらっしゃるようです。
「もしかして、つくばエクスプレスに乗るの?」

私たちは秋葉原で待ち合わせて10時ちょうどの快速に乗るのですが、
「ひょっとして同じ電車?」
「んなわけはありません(笑)」

私たちの電車の向かいのホームに貸切の電車が止まり、中に飲み物のワゴンなどが運び込まれました。
あちらが専用の電車なんですね〜。

写真を撮ろうと待ち構えてみますが、残念ながらこちらの電車が先の出発でした〜。
私たちを乗せて、つくばエクスプレスは走ります。

・・・と思ったら、一人乗り遅れたとメールが。
どうやら、改札が通行止めになったらしく、ギリギリで到着した彼女は足止めをくらったようです。

しょうがないので、つくば駅の改札で待つことに。
そこに、後から到着した天皇・皇后両陛下がおごそかにいらっしゃいました。

私たちはデジカメや携帯を向けたのですが、
「写真はやめてください」と言われて、これが唯一の一枚。ピンボケ。

なんか携帯とか向けるのが失礼な感じがしました。
そこだけ空気感が違っていて、なんだろう、不思議なオーラ。

2人は思ったよりも少し小さくて、後ろに警備の人がたくさんいて、それほどの人がいるというのに静かで、にこやかで、心がゆったりするような、そんな不思議な空気を持っていました。

すぐ目の前を通ったので、何か声を掛けたかったのに、咄嗟には声が出ないものですね〜。
おもわぬハプニングに、一同おおはしゃぎな旅となりました〜。

「洞峰公園」で軽くランとスイミング(スイミングといっても私は歩くだけですけど)、シャワーで汗を流した後は、コミュのメンバーのお店「海鮮や辰海」に移動して美味しいお料理を頂きました。

外で納涼会をしようと、せっかく納涼セットを作って頂いていたのに、あまりの暑さのため、店の中での宴会となりました。今年は本当に暑いよね?

結婚パーティ

嬉し恥ずかし、私の結婚パーティです。
新宿区、東新宿駅近くの「バトゥール東京」さんにて、19時からパーティを開催しました。

リハーサル。
うっ、ドレスの裾が長くて歩けない・・・。
しかも、、、7cmヒールを履いております。
いつもはジョギングシューズしか履かないのにね。
顔が緊張してる。

ブーケ・ブートニアというそうで、
新郎からブーケを頂いて、1本を胸ポケットに入れるそうな。
この美しいブーケは、ミホからプレゼントして頂きました。本当に美しいブーケ。

人前式で、誓いの言葉を話しています。

一生に一度のドレス。

2次会も同じ会場で行いました。今度は階段の上からの入場です。

バンドあり、ダンスあり、ピザまわしのパフォーマンスあり。
新郎と新婦の弟の誕生日のお祝いあり。

そして、同級生や気仙沼人による「気仙沼音頭」あり!
実に楽しい会でした。

新郎も新婦も踊る「気仙沼音頭」

皆様、ありがとうございました!

初エステは夢の中…

ブライダル前の「1 Dayコース」というエステをご紹介頂きまして、ずっと放置してあったのですが、急に思い立って電話してみますと予約が出来ました。

初エステです。

もう・・・いまさらですけど。
ホントは10回コースとか、そういうのにセッセと通うのでしょうけど、ね。

最初にいくつか質問を受けます。
「エステは初めてです」とか何とか答えます。

もう3日後にはパーティですから、ホントいまさらって感じで、リラックスするためのマッサージ程度になるようです。

最初に、たらいにお湯が入ったものが運ばれて、5分ほど足を付けます。
気持ち良い。
雑誌を読みながらリラックス。

このところの疲れでしょうか。眠気が。

次は背中のマッサージということで、ベッドにうつ伏せになりました。
わ、これだけで、もう眠い。

少し会話するも、だんだんと眠りの中へ。

そして「仰向けになってください」と言われたところで記憶が途絶えます。
・・・

たしか、胸のマッサージとお顔のマッサージがあったはずです・・・、
「終わりました」と起こされたら、1時間ほど経過していたようです。

「いかがでしたか?」と聞かれますが、寝ていて、何もわからない・・・。

かくして、私の初エステが終わりました。

心なしかお肌がスベスベの気がしますが、ただの気のせいのような感じも。
50歳まで1年を切ってますから、ホントいまさらでございます。

それよりも睡眠不足を解消する方が大事な気がしてきました〜。

新しい家族@茨城

茨城県取手市、結婚する相手の、お姉さんご夫妻と、お兄さんと食事をしました。
緊張するかと思いきや、すっかり打ち解けてしまって話は尽きないし、とても楽しい時間でした。

楽し過ぎて、ぬぁんと、最終電車が行ってしまうという事態に。
茨城で乗れたとしても途中で完全にストップでしょうとな。

小太郎を気にしつつも、いきなりのお泊まりになってしまって、あぁぁ私って何ってことでしょうか。

すっかりお世話になったこの新しい家族をどのように受け入れてくださったでしょうか。

先月は東京のお兄さんにもお会いしましたし、少しずつ、少しずつ、新しい家族になっていくのですね。結婚というのは、そういうものでしょうか。

お墓参り@取手

結婚する相手のご両親が眠るお墓に参りました。
常磐線に乗って、取手駅で降ります。
そこからタクシーに乗って「取手メモリアルパーク」へ。

茨城県はつくばマラソン、勝田マラソンでしか訪れた事がないのです。
常磐線で、上野から40分ぐらいしかかからないのに、実にのどかです。

メモリアルパークの事務などをしてくださっている方に、大変、お世話になったというのでご挨拶に伺いますと、バリバリの茨城弁で歓迎してくださいました。ありがとうございます。なんでしょうか、まるで地元に帰ったような、のんびりした雰囲気があっていいですねぇ〜。

ところで、お墓といえば地元気仙沼流儀しか知らないわけですが、こちら関東では実にモダンな墓石が多いんですね。今ってそうなんですかね。墓石には、「夢」とか「心」とか、そういった文字が刻まれ、「オヤマ家代々の墓」なんてのは、古いタイプなんですかね。

2人でお墓をそうじして、お花を手向けて、お線香をあげて、手を合わせました。

北海道旅行2010

昨晩は、紋別市まで移動して「紋別セントラルホテル」に宿泊しました。
ホテルにはサロマを走ったランナーが大勢いらしてました。
過酷な気象条件のもと、リタイアに泣いた方も多くいらしたようで、やはり完走率50%程度は本当かもしれません。

一夜明けた本日の天気予報は雨でしたが、嬉しい方にはずれてくれて晴天!
「稚内」までドライブです。

国道238号をひたすら北上。
美しい海を見ながら、昨日の反省をしながら、車中はワイワイ、そしてスヤスヤ(^ー^)。

浜頓別町の「クローバーの丘」です。
道路標識も目立たないもので、何といいますか自然の丘です。

「幸福の鐘」があるではありませんか。
完走出来た喜びが再び込み上げます。諦めないで良かった・・・☆
鐘を鳴らしてお祈りをします。
昨日いただいたベールをかぶって、記念写真。
2801

いしい会長と腕を組んでの記念写真をパチリ。
2802

車はさらに北上して、最北端「宗谷岬」に到着です。
記念碑の前で記念写真をパチリ。
2804

近くのお店で「ほたてラーメン」を頂きました。美味しい。満足です。
2805

「サロベツ原生花園」
2806

2807

こちらは「おびら鰊番屋」です。
2808

旧花田家跡をこのように公開してくださっているんです。見事ですよ。

さらに海岸線を通って、旭川空港に向かいます。

皆さんのおかげで、一度は行ってみたかった「最北端」を堪能して、今年の北海道旅行も楽しく過ごすことが出来ました。

旭川空港でおみやげを買って、ああ、辛くて楽しい旅はおしまいです。

来年は?

来年はどうしましょうか。
少し休んでから考えます。