「今日の出来事」カテゴリーアーカイブ

大雨

東京は大雨。
これが雪だったらロマンチックなのに、この時期の大雨ってイヤーね。

会社で買ったインクジェット・プリンター「Canon PIXUS iP4300」で年賀状の宛名印刷をする。若手社員にお願いする予定だったが忙しそうなので、どれ、社長の私がやりましょうゾ(って、ホントは新しいプリンターの使い心地を試したかったわけだ)。

すると驚くほど、速ーい。
インクジェットプリンターがいつの間に、こんなに進化したの?
驚いたよーん。

若手社員に「昔のインクジェットプリンターってーのは、うんぬん」と言ってる間に終わっちゃった。家のプリンターも買い替えたいなー。年に数回しか印刷してないってのに。

現場は楽しい

気がつけば、、、年内の仕事はあと数日でおしまい。
今年は数年ぶりに現場仕事を手伝い、久々の現場はそりゃーもー楽しい。私の本業は経営なので、現場仕事は別の人にお願いして、次のステップへ進まないといけない。名残惜しい。

Webアプリケーション開発にご興味のある方はどうぞ、ご連絡ください。
私のような40代半ばのおばちゃんにとっても「楽しく使えるシステムの提供」を目標としております。

クリスマス・イブ

♪もーろーびとー、こぞーりーて〜〜〜 迎〜えまーつれ〜

今日はクリスマス・イブでした。
私は、たまった仕事を片付けに早朝から出社。
事務所内は静かでかなり集中。ひたすら仕事。気がつけば昼食も取らずに午後に突入し、ま・いいやとそのまま仕事。

夕方に力尽きて帰宅。
フラフラと新宿方面に向かって歩く。
新宿駅周辺は、ものすごい混んでいる。

プレゼントを手に家路に向かう人、ドレスアップしてお店に向かう人、流れがあっちにもこっちにも向かっていて、若いカップルは手をつないで幸せそう。

その表情を見ていたら私まで幸せのお裾分けをしてもらったように、笑みがこぼれる。
うちには小太郎君が待っているんで。

有馬記念

会社の人が有馬記念の馬券を買うので、ついでに買ってもらった。
もちろん・ディープ・インパクト。

昨年もディープ・インパクトを買ったが、惜しくも2着。
今回が見納めのディープ・インパクト。よろしくたのんます。

メールで「これとこれをお願いします」と出したら、「相変わらず堅いっすね」といった返事が来ちゃったので買い直し。「これでドージャ」「まぁ、そんなもんすかね」だと。

ご存知のようにディープ・インパクトがすばらしい走りで1着。あーでも2着がダメだった。
1着:ディープ・インパクト
2着:ポップロック
3着:ダイワメジャー

ドリームパスポートはまさかの4着。

明日は演奏があるんですけど…

明日は「Macで音楽クラブ」の皆さんと組んだユニット(?)「MMCAT(エム・エム・キャット)」の演奏がある。全曲オリジナル。今、慌てながら、コードをとってる。えーん、これで明日、大丈夫なの? やっぱダメじゃん?

気を取り直し、とりあえずハノンを弾くも指がちっとも動かずに撃沈。
なんだか、腕(指?)の筋肉が落ちたというか、前だったら、このくらいやればこうなるだろうという予測があって、それを大幅に下回って指は鋼鉄のように動かない。パソコンのキーボードを叩くのとはわけが違う。情けないのー。

そして、今週は激務だったので、疲れが、、、眠りに、、、。

大掃除(会社)

会社の大掃除。雑誌や備品などの不要なものを処分。
婆さんのように不要のものを抱え込んでいたのが出てきて(SCSIのケーブルとか、PowerBook2400用のコネクタとか…etc)、懐かしさに手はとまる。

ほんの数年の命であったとは、ケーブル君もかわいそうであった。
製品としては、どこも壊れてないし、新品もあるし。

つい先日、会社でカラープリンター(インクジェット)を買ったら、USBケーブルが付いてないので驚いた。USBケーブルは事務所内をゴソゴソと探せば、すぐに数本は出てくるわけで、必要な人だけ別途購入というのは良いと思う。必要なものだけを買えば、いくらかはゴミの量が減る。地球にやさしいことを考えるのは大事、とゴミの山を見て思う。

事務所内はスッキリしたが、このところの忙しさで、自宅はいつにも増してすごい状態なんすけど。

頭痛…

師走の忙しいこの時期、皆様、体調はいかがでしょうか?
ノロウィルス患者があちこちで発表されていて、予防策は「手をよく洗う」だそうで、案外とそういう小さな事が大事なのかと思う次第。

本日、原因不明の頭痛で朝から辛い。
若い時からの頭痛持ちだが、本日の頭痛はひどくて吐き気もする。

「ノロウィルス?」なんて思ってみるが、症状はまったく違うので、結局なんだかわからない。「これって更年期障害か?」と、「更年期障害」にビビる私としては恐怖におののくのであります。
同世代の女性の皆様、大丈夫ですか?

吉例:テレパス忘年会2006

テレパスの忘年会は一次会が恒例のボーリング大会。
うまい下手に関わらず、みんなが最後まで楽しめることに重点を置いている。

昨年のルールは誠にすばらしいので「今年もそれでイイんじゃない?」と言ったら、「ダメダメ。同じじゃつまらない」と社員らが考えた。

トヨタの「カイゼン」よろしく「ボーリング大会ルール」も「カイゼン」。
英知をしぼったルール2006が、実に良い。それはこうだ。

いつものように3ゲームを投げる。

各フレーム1投目のスコアーが連続した場合にポイントを付ける。
・2連続:1ポイント
・3連続:2ポイント
・4連続:4ポイント
・5連続:8ポイント
・6連続:16ポイント
トータルポイントが高い順に優勝が決まる。

ただし、
ガーターは無効。
1ゲーム内で終了し、10フレーム1投目と次ゲーム1投目などは関連しない。
さらに「同ポイントが複数出る場合」の判定方法が3つほど記されている。

で、結局、よくわかんないままゲームスタート(笑)

今回は会場への到着時間が若干遅れたことなどから練習なしの本番。
あれまー、私はガーター2連続からのスタート。

皆が口々に「オヤマさん、ガーターは無効ですから」とルールを説明してくれる。ありがとう・みんな。わかってるンですけど…(涙目)。

それでも1ゲームの後半から調子を取り戻し、2ゲーム目は(わたしとしては)絶好調!3ゲーム目は力尽き、、、他のレーンで「4連続・8ピン倒し」を見てからは、すっかり元気がなくなってしまい、とどめに同じレーンで「10フレーム目を3連続のストライク」を見たら気を失ってしまった。

2次会で結果発表。
幹事さんから「ルールを再確認してください」と説明付きで読んでもらう。
それからいくと、10フレーム目の怒濤の3連続ストライクは、連続としてのカウントはされない事が判明し、場内がどよめきに。

4連続8ピン倒しのI氏は最多の2連続倒しも加算され、文句なしの優勝に決まる。私のスコアはバラバラで連続性なし。賞をかすりもせず、もちろんベストスコアー賞とはほど遠いスコアで終わった。

来年は、自分に有利なルールを考え出さなければなるまい。

そして、恒例の「社長賞」を発表する。
毎年、私が独断で選んだ人に私からのお気持ちをお渡しする。
一人を決めるために、夏頃から準備をしている。

ちゃんと公平に判断しているか、自問自答を何度も重ねて、この日に望む。
今年のノミネートは3人。ノミネート候補が一人。その中から受賞者を決めた。

受賞者のコメントが良いの。
「昨年の受賞を見て、今年はこの賞を取るためにがんばった」すばらしい。

私から「来年も連続して受賞するように頑張って下さい」と伝えると、「自分も連続して取りたいが、後輩にも是非、この賞を狙って欲しい」と後輩への気遣いを見せた。人間として成長しましたのー。涙が出ます。

テレビで原田氏を見る

テレビ東京の「カンブリア宮殿」に日本マクドナルドCEOの原田泳幸さんが出演しているのを見る。

原田さんは以前はアップルコンピュータのCEOだった。その当時、原田さんと短い言葉を交わしたことがある。

私はユーザーグループのとあるイベントで原田さんを秘密裏に会場に案内する役割。エレベータから降りる原田さんをお待ち申し上げ、会場に案内する。その間に、たしか「Macで音楽クラブではこういう事をやっています」なんてことを言った。「お、それはいいねー」ってな感じ。何人もの部下を引き連れているというのに、奇策な感じがした。原田さんの時はユーザーグループに好意的だったね、って話をよくしている。イベントも盛り上がった。シャーロック・ホームズの出で立ちで登場したこもありましたっけ。

原田さんと村上龍氏は佐世保の出身なんだって。私の女子大の寮の先輩が佐世保出身で、基地がある街というのはアメリカの文化がさりげなく生活の中にある事を感じた。

短い期間に会社を好転させるという手腕。経営者として見習いたい。従業員がやる気になるように導くことが大事だが、私はどうだ? やる気をそいでいやしないか? と自問自答する。

どうでもいいんだけど、原田さんの会社の机のパソコンはWindowsだった。