oyama のすべての投稿

熊田(旧姓:小山)利英子です。 1961年(昭和36年)3月6日、気仙沼市生まれ。 小さなIT系の会社を経営しています。

バーンリムパー3号店@新宿三丁目

ランチはどこに行きましょう。新宿3丁目あたりをウロウロしていると「タイ料理」と出ている。地下に入るようだ。行ってみる。そこは「バーンリムパー3号店」でした。

グリーンカレーを注文。飲み物はセルフサービス。スープは自分でとりわけて、サラダはちょっと辛めのタイの味。

美味しいです。

あぶ家@新中野

あぶ家」さんです。最近は毎週行ってるが、検索すると昨年のGW、5月4日に入ってから気に入ってる。ということは、おおよそ1年が経ちましたか。

ビールお願いします!

それとキムチ。

筍の土佐煮。

こごみのおひたし。ダンナも私も「こごみ」って何? ネット検索すると、「それって、ぜんまい、じゃない?」とダンナ。さらに調べると「こごみとぜんまいの違い」のようなサイトがいくつもあるから、別物であることは確か。がしかし、その違いは2つを並べて比べなければわからないなぁ〜。

たまったポイントで頂く餃子。

ゴボウのきんぴら。

締めは、ミニチャーシュー丼。美味しいです!

マラソン完走クラブ(103回目):スピード定着練習会

マラソン完走クラブの練習会に参加しました。久しぶりにダンナも参加です。世田谷競技場。

アップジョグの後は流しを4本と、200mと長めの流しを1本。

本日のメイン練習は400m走を7本。4分間隔。速い人からチームが作られて、私は最後の5番目組。そしてビリを競い合う白熱した練習じゃ。それにしても遅ッ。

結果はこちら。
2:02.51
1:56.04
1:55.53
1:55.37
1:56.98
2:00.24
2:00.08

2本目にピークが来るように頑張ってください、とのことですが、私は4本目が一番良かったようだ。

疲れ果てました。その後は長いダウンジョグだが、その前にビデオ撮影をしていただいた。後ろ姿と横からの撮影。後日、Facebookにあげて頂ける。ありがとうございます。

近くの「魯園菜館(ろえんさいかん)砧店」さんでランチ。お疲れビールも頂きました。Mさんも一緒に。ランの話は楽しいですね!

日替わりランチ。ラーメンに半チャーハン、そして杏仁豆腐がついてました。

その後は、私は歩いて帰ります。しかし、長い道のり。疲れちゃって「西永福」駅近くの「Cafe EAGA(カフェ イーガ)」さんに入りました。2階にあがりまして、オ、奥にグランドピアノがある。

ドカっと椅子に座って、こちらを飲みました。600円。

Macで音楽クラブ・2017_5月例会

Macで音楽クラブ」の例会です!

うっかりと、、、映画の予約を入れてしまったため、ものすご〜〜〜く遅れての参加。ガクッ。

以前はあんなにMacの最新情報を知ることが大好きだったのに、今は本当に遅れています。ガクッ。

そして、楽しい二次会へ。「倉蔵商店」さん。こんなんですみません。

映画「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」

今日も映画を見に行きます! 「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」じゃ。

15時スタート。角川シネマ新宿

これ、実話ですよ。凄い話だなぁ〜。
1986年、インド。貧困の親子。幼い主人公サルーは兄グドゥとともに炭鉱から石炭をくすねて売る。それをわずかな食料を買って暮らしている。こんな幼い子が生きるために必死になっている。当時、日本はバブルだった。

幼いサルーはグドゥに必死になって付いていくが眠い。寝てしまう。しょうがなく兄グドゥはサルーを駅のベンチに置いて仕事に出かける。目をさましたサルーはあたりに誰もいない。停車中の電車を探すも誰もいない。やがて疲れ果てて電車の中で寝てしまう。その電車が移動していくのだ。回送電車に乗客はいない。そのまま2晩を電車の中で過ごすことになる。そして大きな駅に到着した。カルカッタ。

サルーは言葉が通じない。インド西部のベンガル語。カルカッタの市内をさまよい歩く。売られそうになったり、様々なことが起きる。そうこうしているうちに男性に保護され、警察へと連れて行ってくれた。そして孤児院へと収容される。

孤児院からオーストラリア人のブライアリー夫妻へと養子縁組が決まり、オーストラリアに渡る。その後、マントシュという弟が出来る。マントシュは精神的にトラウマを抱えていて、なかなかオーストラリアの生活に慣れるには時間がかかった。

2010年、24歳になったサルー。メルボルンの大学に進む。そして「自分のルーツを知りたい」という気持ちになった。キッチンでみかけたインドのお菓子「ジャレビ」が記憶を大きく呼び起こすきっかけとなった。

インド系学生と話すうちにGoogleEarthを活用して故郷を探してみては?というアドバイスを受ける。

記憶を頼りに、そして移動距離を計算しながらGoogleEarthで故郷を探し始める。大学を卒業しても就職もせずに、ひたすらリサーチを続ける。

2012年になっても、リサーチを続けるサルー。そんな時、かつての恋人、ルーシーと偶然再会する。そのことがきっかけで両親に自分の活動を打ち明けることが出来た。

母親スーが言った印象的な話、幼い時に、「茶色い肌の子供達と幸せな生活をしている」ビジョンを見たことがきっかけだったという。「世界中には人があふれてる。子供を産んで世界がよくなる?恵まれない子たちを助けるほうが、意義がある」と言った。

ある日、サルーはGoogleEarthで未探索となっていたフィールドで、偶然、幼い時に兄と行った鉱山に似ていることに気づく。そして、「ガネストレイ」と言っていた駅は「ガネッシュ・タライ」駅だったようだ。

そして、インドへと旅立つ。実家にやっとたどり着いたが、そこはヤギ小屋になっていた。その近くに、母の居場所があった。サルーと母親は言葉が通じないものの、気持ちはすぐに理解した。

兄グドゥは、あの日、電車にはねられて死亡していたのだ。サルーという名前は「シェルゥ」が正しい発音だった。それはヒンディー語で「ライオン」という意味だった。

その後、サルーと実母カムラ、育ての親スーは3人で改めて後日再会するのであった。

これ、実話ですよ、ホント凄い。最後のシーン、泣く方が多くいらっしゃいました。涙が出るような本当に凄い話。

あじいち@新中野

さぁ〜て何キロ走ろうか。ゴールデンウィークなのに、たいして走ってない。少し長めに。そうだ要町の一つ手前の道を左折すると、その道は斜めに突き進むから、それを行ってみましょう。

しかし、途中でジグザグに走ったようで、結果的には15kmコースを17kmかかってしまった。良しとしましょう。

夕食は「あじいち」さんだ。

21時に到着。電話で予約して、ちょうどに入りました。入った時は満席だったが、5分も経つと帰られる方が何組か出て、そうか21時に入るとちょうど良いのかな。でも、やっぱ21時は遅いよなぁ〜。

ビール。

キャベツ。

お通し。

野フキとガンモの煮物。

お刺身。

お酒の飲み比べにしました。辛口をリクエスト。こちらです。

ジャカジャン!

いいですねぇ〜。

珍味3点盛。

葉わさび。

締めは、たけのこご飯。お味噌汁もお願いしました。

ドナ@新宿

ランチは、そうだ、久しぶりに「ドナ」さんに行きましょう。紀伊国屋書店のビルの地下にあります。

飲み物はビール(100円追加して大)にしました。美味しい。

私が注文したスパゲッティ。Sサイズ。

ダンナはこちら。Mサイズ。

美味しいです。

映画「美女と野獣」

5月5日。子供の日。映画を観に行きましょう。昨晩のうちにネット予約をしました。「美女と野獣」じゃ!

9時半から始まります。急いで新宿へ。席は前から3番目です。近ッ。

この映画はダンナの熱烈リクエストがあったもの。私は付き合い程度に考えて始まったが、これは本当に素晴らしい映画です。引き込まれる。歌よし、設備よし、役者よし。知ってる内容でもハラハラします。こういう映画を作り出すディズニーって凄いなぁ〜。

ヴェトナム・アリス ルミネ新宿店

少しだけ長めに走りました。13.6km。・・・ゴールデンウィークだから、もうちょっと長く走っておきたいところだが、ま、いっか。

ルミネ新宿店にある「ヴェトナム・アリス」さん。ダンナが電話予約してくれました。19時。

最初はビール!

牛しゃぶと空芯菜のサラダ。

生春巻き。

ダンナは、カシスソーダ。

私は、キール。

初めて食べるのは、バインセオ。お店の方が切ってくださいます。美味しいです。

ダンナは、ジントニックへ。

締めは、鶏肉のフォー。

ダンナは甘いものも頼むとな。あずきとタピオカのチェー。