映画:Shall we Dance?

「Shall we Dance?」
Shall we Dance?

ぽすれん」で借りたDVDで「Shall we Dance?」を観る。
日本版「Shall we ダンス?」は前に見た。記憶は曖昧になっているが、日本版を忠実に再現していると思う。この映画は見ていて楽しくなり、ダンスしてみたくなる。

そういえば、、、、。
私が通った女子高では、高校3年生の初冬、体育の授業で社交ダンスを習った。
母校は県立高校なので、きっと日本全国そういうカリキュラムだろうと思っていた。卒業してから知ったけど、体育で社交ダンスを習うのはかなり珍しいようだ(今のところ他には聞いたことがない)。

私は背は低いし小柄なので、もちろん女の方をやりたかった。早々にパートナーを決めた。
ところが、、、女子校だから男役が足りない。
先生はそれぞれのペアを確認し、技術が偏らないようにチェックをした。
私のところに来ると、「あら、あなたは男やってちょうだい」とおっしゃる。

「先生、私は背も低いですし、、、」と渋ってみたがダメ。
先生が勝手にパートナーを見つけてきた。
私よりも背が高く、横幅もあり、そうして成績は良いけど体育が苦手なRさんだった。

「先生、私が女でRさんが男ですよね?」と聞いてみた。
「逆よー、オヤマさんが男よー」
「ぶひー」しばし反論したが、くつがえらなかった。
社交ダンスの前に習った創作ダンスとかで、私はたまたま良い点を頂いてしまったのが原因だ。

かくして、私は、私よりも体重が20kgほど多い方(推定)をグルグルっとまわすのだ。腰に手をまわしたら、えー、抱えきれないんですけど…。

その体育の先生は、フェンシングを母校に広めた由緒正しい先生で(そのおかげで母校のフェンシング班は何度もインターハイで優勝しているし、オリンピック選手もいる)、私達は正統な社交ダンスを習った。体育館のバスケットボール用の円というか枠線が引いてあると思うが、それにそって、下を向かずにクルクルっと上手にまわる。背筋をシャンと伸ばした形の美しさも求められる。それらを総合して出来れば合格。出来なければ居残り。授業中に合格しないと、しまいには放課後の体育館で、下級生が見守る中の特訓となる。

Rさんは国立大学に合格したわけだが、その受験を目前にひかえた私達は、くる日も放課後にダンスの特訓をした。

「これで大学落ちたら先生を恨む」とRさんは物騒なことを言っていたが合格して良かった。「OK」が出た瞬間に私とRさんは抱き合って喜んだのでアール。そのことをつい昨日の事のように思い出すがRさんは覚えているだろうか?

テレパス・ラボ

会社の人達が「テレパス・ラボ」というサイトを作った。ちょっと便利な関数などを置いていくって。自発的にいろいろな事を試みている。

「テレパス・ラボ」は、「P_BLOG」というブログを使っている。
このサイトは「Mobable Type」なので比較などをしていきたいね。

ちょこっと見てみたところ、P_BLOGには最初からcodeというクラス設定がされていて、そういう点は技術者には嬉しいようだ。

aptana

アイコン:aptana

aptana」というオープンソースのソフトをダウンロードして少し使ってみた。
Windows, Mac, Linux版がある(私はもちろんMac版ね!)。

HTML, CSS, JavaScriptを書く時はテキストエディタを使っているが、「aptana」は記述を補完してくれる上に、ビュー機能が良い。

Ajaxのライブラリをビューしてくれる機能は良い。
こういうソフトがオープンソースで公開されると、有料ソフトはどうなるんだろね?

「aptana.tv」サイトには使い方のムービーがある。

読書:ユニバーサルHTML/XHTML

「ユニバーサルHTML/XHTML」神崎正英・著。
ユニバーサルHTML/XHTML

先日のCSS Nite Vol.10のゲスト・神崎正英氏のプレゼンテーションは心にグッときた。それで、神崎氏の本を読んでみた。

あー、私ってHTML/XHTMLについて、こんなにも無知だったのぉーと絶叫したくなる。
この本は初版2000年。私が購入したのは第5刷で2005年という人気本。
Web制作する人は一度は読んでみてもいいかも。

この本を先に読んでからCSS Niteに行けばよかったなー。反省。

Vienna

Vienna

Mac用のRSSリーダーソフトは何を使ってる?
私は今日から「Vienna(フリーウェア)」を利用することに。

<使いやすいのは次の点>
日本語のローカライズもされている。
iTunesのように「スマートフォルダ」という名前で分類出来る。
Webブラウザ表示出来る。
画面がシンプルでわかりやすい(それが一番かも)。

ぽすれん

昨日、DVD借りたはいいけど返すの面倒だわ。
だって、TSUTAYAは丸ノ内線で一つ先の「中野坂上店」なのよー。

それで、とうとう「ぽすれん」の会員になる。
随分前(たぶん「ぽすれん」のサービスが始まった頃)に、会社の人から教えてもらった時とは格段の進化でサイトは見やすいし、品揃えも豊富になっていた。

マイリストにあれこれ加えたり、検索したり。
あれもこれも観てなーい。さっそく借りる。
早く届かないかなー。
といっても、どうせ映画を観るのは土日になっちゃうんだけどね。

映画・DVD借りて

夕方、新宿のビックカメラに入る。
なにー!? 人が多いーーーー。

そうかー。子供達は夏休みに入り、お父さん達はボーナスが出たんだね。
隅田川の花火大会に行くであろう浴衣姿のお嬢さん達がいるわ、なにか熱気がすごい。
特に買う予定もないので早々に店を出て、TSUTAYAで久しぶりにDVDを借りて帰る。

「博士の愛した数式」
博士の愛した数式

本を読んだときにはわからなかった「あの数式」の意味がわかった。
全体にホッとする作品。

「クラッシュ」
クラッシュ

アカデミー賞の作品賞、脚本賞、編集賞の3部門を受賞した作品。
アメリカ・LAを舞台に、差別、貧困、銃社会、いろいろな問題があり考えさせられる。

無糖炭酸飲料

久しぶりのジョギング。ちょこっと動いただけで汗が出る。

最近、気に入ってるのは無糖炭酸飲料。
各社からいっせいに出ているので、あれこれ飲んでいる。

1996年に初めてサンフランシスコに行った時に、「カリストガ( Calistoga)ウォーター」をホテル近くのお店で買って飲んだ。

「カリストガ」は、ナパ(Napa)の北にある有名な温泉地。
日本でいうなら、「南アルプスのなんとか〜」みたいな感じだと思う。

お店には「スパークリング・カリストガ(Sparkling Mineral Water)」もあった。いわゆる無糖の炭酸水だ。

どうして日本ではこういう炭酸水を売らないのだろう?と不思議に思っていた。
亡くなった「久和ひとみ」さんが「ニューヨークで見つけた!新しい私」という著書の中で、ニューヨークでスパークリングウォーターをよく飲んでいると書いていた。

私以外にもスパークリング・ウォーターを好きな人っているんだなーと思っていた。

それがここにきて、なぜだか知らないが、各社一斉に発売している。
炭酸水って、あまり身体には良くない気はする。が、あのブシュブシューが喉に刺激的で、私のこの夏のマイヒット製品。

ふるさと気仙沼を愛し、マラソンやMacのことなどを書いています