ハノン & ジャズハノン

キーボードを弾こうとすると指が動かずにガックシ。指を動かすにはやっぱハノンから、ってことで例のフレーズ(ドミファソラソファミ)を弾く。するとどうでしょう、眠い。催眠術にかかったように眠い。
ハノン

ということをジャズピアノを頑張っているY氏に話したところ、ジャズハノンという本があることを教えてもらった。amazonで発注。オ、もう届いている。
ジャズハノン

サ、明日からはこちらもやるゾー。今日は寝ます。ハイ。

スルー力(りょく)

ブログをたどっていったら「いやなブログ」の「スルカン」に到着した。

ものごとをやり過ごしたり見て見なかったことにしたりすることを「スルーする」と呼ぶようになって久しい今日この頃ですが、(つづく…)

おもしろいね。「スルー力(りょく)」という考え方。
私、スルーしていいトコでスルーしなかったり、予測不可能なスルー力を発揮して、周りのものを混乱させておりますw

昔の音楽

先日、同級生らがディープ・パープルの話をしていた。「やっぱ2期が好き」とか、マニアックなスダは「アタシ4期」とか言ってる。私は全然知らないの。

中学生、高校生の時はラジオから流れるヒット曲は聴いていたけど、運動部にいたから、年中、眠かったし、当時レコードは高くて、ラジカセで録音した曲を大事に聴いていた。

それで私は何を聴いていたかというと、ユーミンとかサザンとか、松山千春やさだまさし。ニューミュージックと言われたヤツね。あとはアースウィンド&ファイアーなどのディスコ系。

バンドデビューは20歳過ぎと遅いし、入ったバンドがロックというよりはソウル系だったから、余計知らないの。

Wikipediaでいろいろ読む。いまさらながら、ですけど、いろいろ聴いてみようかな。

そうそう、「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編が決定した。今から楽しみだワン。

東京も寒くなった。小太郎を抱いて、暖まっているのであります。

私もがんばる

昨日のライブの事を再び思う。
私以外のメンバーは熱心に練習を重ね、40代半ばという年頃にも関わらずドンドン進化している。すごい。演奏は安定し、声がよく出ていてコーラスが良い。同級生がこうやって進化していると、嬉しい反面、悔しいわけだ。私もうまくなりたいと思うのであります。

「東京国際女子マラソン」では高橋尚子がまさかの3位だった。
Qちゃん、がんばって下さい。私もがんばる!

TVでマラソンを見ていて「あら、東京も寒いのねー」と思った。しかし、気仙沼を後にして東京駅に降り立ったら、全然、寒くない。やっぱ「寒さの度合い」が違うんだわ。

気仙沼でライブ

同級生バンド「ザ・ビートラス」と先輩のバンド「サザンオイスターズ」とのジョイントライブでした。お越しいただいた皆様ありがとうございます。無事に終わりました。
久しぶりに会った同級生のみんなと話すことが出来て、あたしゃ幸せもんですのー。

ただ私は不本意な演奏で悔やまれることしきり。
バンドメンバーは毎週の練習を積み重ねて当日に望むし、私はヒョッコリと東京から帰ってきて参加するのだから、そこに差が生じるのはあたりまえのことで、それをどう克服していくかが課題。

昨年からジョギングを始めて、キーボードもボチボチと練習するようになって、忙しいんだけど仕事の合間にこういう事をすると、むしろ脳の働きがよくなり、集中力が増すような気がする。仕事だけをやっていると気が滅入る事は多い。年を重ねるとドンドン億劫になって、休日はゴロゴロしてしまう。すると身体的には疲れてないが精神的な疲労から回復しない。

仕事で悩みを抱えている方は、きっと精神的疲労状態が回復されずに蓄積していくと思うから、おもいきって趣味をやってみてはどうだろう?私も一時期は仕事が趣味でそれ以外のすべてを断ち切っていたが、逆に効率が悪かったようだ。

つまり何が言いたいかというと、楽しかった!

KABOさん、ゾッパンとノリカズ君が来てくれて、高校生時代のことやKABOさんの話になりましたよ。あの当時(高校生)はすごかったらしいっスね。ツトム君はディープ・パープルしか聴いてないという2年間を過ごしたらしいがw

気仙沼温泉

今日は両親の結婚記念日らしい。
たぶん47周年。その日・気仙沼は「小雪が舞っていた」そうな。
女の人は、いくつになってもこういう事はキッチリと覚えているもんだなーと感心する。

気仙沼の温泉に行く。
サンマリン気仙沼ホテル観洋」の日帰り入浴800円。

気仙沼の地層は古すぎて温泉が出にくいのだが、このホテルのオーナーが何年もかけて発掘し、温泉が湧いた。昨年12月20日にオープンしているが、私は初めて行く。

露天風呂がいいですのー。あったまるー。
気仙沼温泉

ホテル内でふかひれラーメンを頂く。コラーゲンたっぷり。お肌スベスベになる?
ふかひれラーメン

夜はビートラスの練習。
完璧に弾けることがない。どこかミスする。というかミスばっかり。トホホ。明日が本番。

気仙沼の夜

東京の皆さん、東北は寒いです。
新幹線で北上していると郡山あたりから寒い。
昨晩、母から「冬の装いで来るように」と言われて、「えー、もう?」と聞いたんだけど、その通り。
家にあった誰かのセーターを着ております。

中学の同級生らとビートルズのコピーバンドをやっているんだけど、私は1年ぶりのライブで、他のメンバーはドンドンうまくなっている。コーラスも良い。40代半ばで、このように年々,向上しているのは、同世代として励みになる。私は練習不足。あいかわらず指が動かずにガッカリ。

読書:上司は思いつきでものを言う

「上司は思いつきでものを言う」橋本治・著。
1501.jpg

数ヶ月前のTMUGの帰り道、この本の話になった。話しているのは若い方々で、皆さん上司がいらっしゃる。

皆さん:「ホント、上司って思いつきでものを言うよね」
私  :「そうなの?」
皆さん:「そうそう、かくかくシカジカ、こんなこともあるよー」
私  :グサリ、痛タッ。まるで私の事を言われている〜。

実はテレパスでも「オヤマさん、思いつきで言わないでくださいよ」とか「我々の身にもなってくださいよ」と言われることはシバシバある。

この本の事は気にはなっていた。
やっと読んだ。

・・・・・・・・・・・反省しております。

この本は、そんな上司がどうして「思いつきで言っちゃうのか?」と「それにどう対応していけばいいのか?」など参考になることが多い。

そして最後には儒教のお話になる。
日本の儒教の流れは、そういえば何もわかってなかったと、この本を読んで思う。最近、年を取ったせいか日本の歴史に興味がある。

そして、「もう思いつきで言わないことにした」と社員に宣言した。
すると、「思いつきで言わないオヤマさんは、オヤマさんらしくない」と意外なお言葉。それって思いつきで言っちゃってもいいのかなー?w

「月夜の仔猫」でシャンソン

銀座「月夜の仔猫」で八谷メイ子さんが歌ってらっしゃるのを聴きに行く(東京都中央区銀座8-3-11 和恒ビルB1A)。
メイ子さんの歌は、先月ミニライブを聴きに行ってすっかり魅了された。

今日はたまたま店主・満寿美さんのバースディで、お相伴に預かり、私もケーキを頂く。

銀座でこのように音楽とお酒を楽しむのは、大人になった気分(年齢的にはスッカリ大人なんだけど、まだまだお子ちゃま)。近藤さんのピアノがとても優しくて、歌を引き立てて、すばらしいの。

オレンジリボンをあなたの胸に…

昨晩、新大久保駅近くのタイ料理「クンメー」で女性経営者の方や某会社のCIOの方とお食事。美味しいですぅ。デザートの数も多くて大満足。

女性は仕事において母性が出過ぎてはいけないということを社内の女性に言っているそうだ。女性はそういう特徴がある。良い面に出ればいいが、必要以上にビジネス上に母性を持ち出してはいけないことを肝に銘じたい。

その方のテンポの良い会話に、頭の回転の早さを感じる。
もともとはプログラミングの技術者出身の方。しかしながら経営者が技術を担当していてはいけないと思い、何年も前から技術面には一切タッチしないで経営に徹しているそうだ。技術者が技術から退くというのは、思うほど容易いことではない。

その尊敬する女性経営者の方から「オレンジリボン」を頂いた。
子ども虐待防止のオレンジリボンキャンペーン」だそうです。

オレンジリボン

ふるさと気仙沼を愛し、マラソンやMacのことなどを書いています