「Web制作」カテゴリーアーカイブ

Sublime Text 2:画面分割

「Sublime Text」があまりに小気味よく動くので、ネットで機能を探しまくる時間を惜しむべく書籍を買った。体系的にまとめられているので助かる。わかりやすいし。

Web制作者のためのSublime Textの教科書
2014_0420_01

「画面分割」機能

「View」メニューの「Layout」から「Column:2」などを選択すると、異なるファイルを横に並べることが出来る。
HTMLとCSSを修正する時とか、色々、便利ですねー。

2014_0420_02

さらに便利なのは、1つのファイルを分割して見れる!
分割したいファイルを開いておいて、
「File」メニューの「New Vie into File」を選択する(だけ)
これを、3つ、4つと分割して表示出来る。

Sublime Text 2:設定

数日前から「Sublime Text 2」から使ってみている。
2014_0415_02

「Aptana Studio 3」もいいのだが、こちらの評判が高いので使ってみることに。
使ってみると、動きが速くて小気味よい。

設定を少し変更してみる。

まずはフォントサイズ(老眼ですからね、大きく)
「Sublime Text 2」メニューの「Preferences」の「Font」から「Larger」を選択。

他にも設定はこちらに書いてある。
「Sublime Text 2」メニューの「Preferences」の「Settings – Default」
JOSNオブジェクトだ。
2014_0415_01

しかしながら、そのファイルを直接、直してしまうのではなく、その下にある
「Settings – User」で書き換えていくように注意書きがある。

そこで「Settings – User」を開くと、先ほどのフォントサイズの設定が記されている。

{ 
    "font_size": 13.0
}

「行を折り返す」設定を追加しようと思う。
(前の行の最後には「,」を追記しておくことを忘れずに)

    "word_wrap": true

検索すると、様々な設定を見つけることが出来る。
こちらも参考にさせて頂きます。

WordPress:Twenty Fourteen マガジン風レイアウト

WordPressは「Twenty Fourteen 」になって、「マガジン風レイアウト」になったという記事を見ていたが、ハテ、どうやってするのだろう?

わかった。

記事を作成した際に、タグに「featured(おすすめ)」と付ける。
(デフォルトで featured に設定されている)
アイキャッチ画像を設定する。
そういうことか。

WordPress:Contact Form 7

お問い合わせ用のプラグイン「Contact Form 7」をインストールしました。

デフォルトで用意されたメッセージ文を修正。
修正する時は、問い合わせフォームの「編集」画面に入って行う。

デフォルトでは、自分宛にメールが届く設定になっている。
企業などで利用される場合は、メッセージを送信した方宛にも確認メールとして送信したい。
その場合は、「メール (2) を使う」にチェックを入れて、用意をする。

WordPress:Mac で WordPress

MacでWordPressを使うために「MAMP」をインストール。
2014_0325_01

インストールして稼働するまでの手順は「GagaAkito.com」サイトに詳しいので参考にさせて頂いた。

ローカルで色々と試せるわー。
MAMPの現在のバージョンは3.0.3。

他にローカルで使うには「XAMPP(ザンプ)」を利用する方法もある。
ColdSleep」サイトに詳しいので参考にしたい。

WordPress セッション切れ

先日WordPressを再構築したら、「セッション切れ」が出まくっていた。
こちらのサイト「yuichon」で解決方法を見つけたので、書いておくことに。

原因は、WordPressアドレス (URL) と サイトアドレス (URL)を変えていることにあるようだ。

そこで、wp-configファイルに次を追記する。

//domein変更エラー対処
define('WP_SITEURL','http://www.example.com/wordpress/');

WordPress 2014テンプレート

思わぬ失敗によりWordPressを一から構築しなければならなくなった当ブログでございます。
トホホ。

ついでにテンプレートを最新の「Twenty Fourteen」にしてみた。
するとヘッダーに用意された最適な画像サイズは「1260px × 240px」になった。

以前のテンプレート(2011だったか?)は「1000px × 288px」だったので、より横に広く、縦は短めになっている。

ということで、まだ直してないからヘッダー画像が変です。
近々、修正しなければ。

(修正しました。いかがでしょ?)

他にもいくつかの問題点を抱えつつ、地道に修正をしていきましょう。

WordPressのデータを誤って削除

ガーン。
このブログは「WordPress」というオープンソースCMSを使っているんだけど、ある実験をしようとして、誤ってデータを消してしまった。
ディレクトリごとない。

エエエーーー、なんでぇーという感じでございます。
さくらインターネットのレンタルサーバを借りていて、その管理画面で、あるミスを犯したようだ。
ショックすぎる。

気を取り直して、データの修復です。

文字データはMySQLに格納されているので「phpMyAdmin」というソフトを使って取り出すことにした。
さくらインターネットでは「管理画面」の左側「データベースの設定」から、中央あたり「管理ツールログイン」をクリックして、IDとパスワードを入力すると接続出来る。

ここに至るまでに会社の社員に多大なる協力をいただいて、やっとここまで来たわけでして、うまくいったところだけ記載します。
(この間に何度もデータを入れたり、消したり、大変だったわけですが)

私のブログは2006年から書いており、データが大きい。
phpMyAdminでSQL書き出しをするとデータは多いわ、それに一つのサーバでいくつものWordPressを動かしているため、テーブルがゴチャゴチャです。

そこで、データを一つずつエキスポートして、新しいデータベースにインポートするということを地道にしました。
それでも、postsデータは30MBほどあり、phpMyAdminの表示は、最大16MBとあるので、それをテキストアプリで3分割してからインポート。

phpAdminで見ると、データは「wpで始まるposts」というところに格納されている。
(以下、テーブル名部分は「…」で記載)

これだけではカテゴリーデータはこないので、同様に「wp…terms」や「wp…term_taxonomy」も同じ操作をする。
それなりに順調に進んだのだが、

調子に乗って「wp…users」そして、次が問題「wp…usermeta」こいつをインポートした途端にWordPressに(ログインは出来るのに)管理者画面にアクセス出来なくなってしまった。

参った。
結局、原因は「….」このテーブル名が昔のものを持ってきていたからで、それを新しいテーブル名に書き換えてやれば良かったのである。

phpMyAdminを使うと、かなりのものが復旧出来ることはわかった。
しかし、写真データはこれからです。
自宅のマシンの中の写真を探し出さなければなりませぬ。
つづく…

Aptana フォントサイズ変更

Web制作用に「Aptana Studio 3」を使い始めました。
久しぶりに使ってみるAptanaはとても使い勝手の良いものになってます。

しかし老眼ですから、まずはフォントサイズの変更です。
大きく、大きく。
ちょっと探しましたのでメモ。

「環境設定」の「General」の「Appearance」「Colors and Fonts」の「Tex Font」を選択して、右側の【Edit…】ボタンをクリックしてサイズ変更。