「今日の出来事」カテゴリーアーカイブ

ハローワーク

2005年3月卒の採用の件で、六本木にある「学生就職総合支援センター」に行く。多くの学生達が熱心に企業情報を見ている。皆さん、がんばってるなー。是非、テレパスにも来てください~。

「学生就職総合支援センター」に行く前にリクルート(就職サイト)の営業の方がお越しになった。テレパスは休日出社もほとんどないし、自由な雰囲気が漂う会社で、そこがウリらしい。

システム会社には「休日出社が当たり前」のところが多いそうで、「そんな事ではいい発想が浮かばないですよね?」と言ったら、そういう経営者ばかりでもないそうだ。ってことは、テレパスはいい会社じゃ~ん。エヘン。

宅配ブヒ~~~

iPodシャッフルが届いていたようだ。不在連絡票が入ってた。

アップル製品は本人に渡すために、宅配ボックスに入れてくれない。ショボン。宅配ボックス付きのマンションなのにー。

すぐに電話する。8時を少しまわったところ。今日はもう配達はしてくれないって。ク○ネコは、この時間でも配達してくれたのにー。

(気を取り直して)では、明日お願いすることに、、、すると「午前か午後のどちらか?」と言われる。えーーー。そんな~どっちも無理じゃん。ブヒブヒブヒ~。

ハローワーク

「求人」でハローワークに行く。ハローワークで募集をかけるのは始めて。

必要書類に鉛筆で記入し順番を待つ。就職難だと言われているが、事業主はこんなに多くの人を求めているんだなぁ。12人待ち。

平成16年12月1日からは「年齢制限は厳しくなった」そうだ。私が「~30歳まで」と書いたが、それはいけないらしい。でもさ、応募する側としても、それを目安にするってことはあるよね。その会社の雰囲気というものがあるシ。 実際問題、「年上の部下」って気を使うだろうね。

テレパスの40歳代は私だけで、アイドルの話をすると一人だけ浮く。森昌子が「せんせい」でデビューした時に、三善英次と最優秀新人賞を争った話なんか、興奮しながら話しているのは私だけですから~、残念。

そんな事を考えながら、今度は、書類をデータにする為の入力作業を待つ。紙に書くよりも直接、入力した方が早いと思うけどねー。全部インターネットで処理出来るといいのにな。
トータルで1時間半ほどかかって帰る。

会社に戻ってから書類を見ると「開発」の文字が「陶発」になってた。ブヒ。これ、OCRで読み取ってるんだな。私の文字がきちゃないから、「陶発」に変換されちまったか。ブヒブヒブヒブヒ~。

熊谷達也氏が見た気仙沼

先日、今年の芥川賞と直木賞が発表になった。この発表を聞くと、もう1年が経ったのかと驚く。

昨年、直木賞と山本周五郎賞をダブルで受賞をした熊谷達也氏の記事が、元旦の「三陸新報」に出ていた。仙台出身の熊谷氏は、教員として私の母校・気仙沼中学校で3年間を過ごしたそうな。

「私が気仙沼の子どもたちに強く感じたのは、東北の田舎には珍しく、意思表示が実にはっきりしている、ということでした。いやなものはいや、とはっきりいう。土地の言葉で表現すれば、「おら、やんた!」という否定や拒絶の言葉が、それはもう1日のうちに何度も飛び交うのがあたりまえ。」

そうなのです。そういう土地で私は育った。話はこう続く。

「言葉がきついだけでなく、行動もけっこう荒っぽい。まあ、わがまま、といえばそのとおりなのですが、裏返せば、どこへ行っても物怖じしないという、長所にもなっている」

く~、これはそのまんま私の評価と言ってもいいかもしれない。つまりは土地が培った性格だったのか。熊谷氏は、この風土を次のように分析する。

「板子一枚下は地獄という荒々しい世界に生き様を求め、体を張って行き抜いてきた海の男たちの強靭さ。あるいは長期にわたる亭主の不在を守る女たちの、たくましさやしたたかさ。たび重なる減船の危機にさらされているとはいえ、そういった漁師町に暮らす人々の精神性が、子どもたちにも連綿と受け継がれているのだと、当時を振り返ってみてあらためて感じます」

熊谷氏は「漂泊の牙文庫本はこちら)」と「山背郷文庫本はこちら)」という作品で気仙沼を舞台にした場面を書いているようだ。今度、読んでみようと思っている。

熟年パワー

新宿御苑前のタリーズコーヒーに入って、ラテなんか飲んでると、熟年の男女のグループが入って来て、隣の席を10ヶくらい占領した。私は一番端にひっそりといる。私の両親くらいの年代でしょうか?

「ごめんなさいね。騒々しくて」とおばさんが私に言う。私、ニコっと笑ってみせる。

ホントは小一時間くらい読書しようかと思ったのだが、それどころではないな。でも読めるかな。どうかな。その間もワイワイ楽しそう。でまた「ごめんなさいね。騒々しくて」と気遣ってくれる。聞くとはなしに、会話が耳に入る。

コーヒーが来た。店員さんが運んでくれてる。カップのふたを開けて「あら、量が多いのね~!」と驚いている。たまらずに私は「元々アメリカのお店なので量が多いのかもしれませんね」と言っちゃう。

「ああ、そうなんですか。アメリカなんですね。へ~」と、そこから一気に打ち解けてしまい、上野辺りで集まっているカメラの会の皆さんらしい。新宿御苑で撮影会をした帰りって。私も一緒にわいわいと楽しくお茶をしてしまった。私って、おじさんやおばさんが好きなんですね。

「よろしかったら会に入ってくださいな。最近、若い方が入らなくて」と誘われる。カメラはからきしダメなんです。でも楽しかったです。どうぞ、お元気で、良い写真を撮ってください。

仕事納め

この1年は社員全員が向上し、会社が伸びていて、満足。
私個人の事に限れば、若い社員に比べると進化が遅くて面目ない。
会社の代表として、年明けには1年の目標を明確にすることと、長期ビジョンを明確に打ち出すことに、更に努めたい。
そして、「夢を持ち続けること」と「夢をかなえること」を若き社員と語ろう。社員の目が輝いていることが私の喜び。

有馬記念

1着:ゼンノロブロイ、2着:タップダンスシチー。ペリエ騎手のゼンノロブロイは強かった。
私は、一応、取りました。ほーほっほっほ。
けど、掛け金が少ない上に硬いのがきちゃったんで、ほぼトントン?