縁慈@新中野

縁慈(えんじ)」さんに行きましょう。18時20分にお店に入ると、わっ、満席!

カウンター席に座り、生ビールお願いします! ヤヤヤ、あじいちさんでバイトしてる方がいらして驚いた!「今日は手伝ってるんです」とな。働きもんには声がかかるんでしょうね。

お通し。

胡麻キュウリ。

ウニ刺。

ダンナは麦焼酎の炭酸割。

私は赤ワインをデキャンタで。しかし、これを飲んだら酔っ払ったとダンナからサンザン言われ、もうデキャンタで飲んではいけないと言われております。トホホホホ。どんな風に酔っ払ったのか不明。トホホ。

お刺身の三点盛りを頼んだが、おまけしてくださり、豪華になった。ありがとうございます!

大根とつくねの焚き合わせ。

ダンナは炭酸水。

締めは、ざるうどん。美味しいです!

Macで音楽クラブ・2020_7月例会

Macで音楽クラブ」のネット例会。今月も「Zoom」で例会。

15時から始まる。実はその1時間前からMMCATの皆さんと「SYNCROOM(シンクルーム)」を使っての演奏が可能かどうかのテストがあった。私は音を出せない、というかAudioインターフェースを繋げられない。入れない。トホホ。そして例会は始まったのである。

今日は車を運転しながらZoomに参加しているメンバーがいる。凄いね、Zoom。

SYNCROOM(シンクルーム)の紹介(シバ)
遅延なし。ただ、ネットワーク回線による影響はある。回線の安定さを求められる。Revをかけられる。メトロノームもある。

SYNCROOMからZoomに流すには、ZoomAudioDeviceを選ぶ。ただ、自分のモニタリングもZoomを通すため遅延が起きる。SYNCROOMは自分のモニタリングを優先する(遅延なし)。AudioInterfaceのアウトを別のマシンに設定した。

遅延なしで演奏し、遅延している方はZoomに流す。SYNCROOMの音だけを聞いて演奏する。帯域が圧縮されると途切れることもある。

Zoomでバンド演奏を聞く。良い感じで聞こえたが演奏者達には「遅延」が生じて最後まで行けず。それぞれの音のバランスはZoomではシバさんが聞いている音をZoomに流している。聞いている方にはここまで遅延なく出来ているのは凄いことだと思う。

練習したりセッションしたりするのを内輪で楽しめるアプリ。オンラインライブやオンラインセッションが出来ることになる。音はいけても映像の遅延は厳しい。映像は5Gになっても可能性は低いかと。

コバヤシ、オヤマが音のつなぎでつまずいだ。相性や設定があるかもしれない。推奨はYAMAHAのAudioインターフェースということだった。

ネットワークの回線が安定していると普通の演奏が出来る。ユーザが増えるとどうなるかは心配。マックス5名。

コバヤシさんが出来た理由は、Macでミス、入力と出力はMacを使おうとした。単純にマイクのアクセス制限の設定を解除していなかった。アクセス制限を解除。MOTU828は認識すらしない。SYNCROOMでは使えない。iConnectivityはうまくいった。古い機種はダメかも。AudioMIDI設定で機器設定を組むとSYNCROOMにはMOTU828は認識されない。

2台のMacを用意して、ZoomAudioデバイスとAPOROで機器セットを作って1台のMacでやろうとしたが、機器セットが出てこなかった。何か制限があるようだ。

MOTU828はFireWireで、今のMacからは二重になるのでダメだったのかも。ブレイクが出来ることは凄い。ネットにもこの情報はまだないようだ。

回線状態が良くない人に合わせて送受信されているのかも。IP V6がいきわたると、もっと使えるかも。

ニイダさんからの質問「これは何のために開発されたのか?」、もしかしたらヤマハ音楽教室のためかもね。レッスンは出来ますね。音楽業界全体を通して、面白いアプリだ。全世界の人が身動き取れない時代に入った。コロナ後に新たなものが出来てくるかもしれない。

K2さんから質問「録音は全部の奴がとれる?」
返答:そうです。パラは撮れない。この先、パラ録が出来ると嬉しい。

ネットワーク技術者から言うと、元々、YAMAHAはルータを出していて、そのルータの遅延をなくしたいということの延長線上の話かもしれない(想像)。

スエマツさんから、Soundwhaleは来週、録音予定。次回の定例会での報告をお楽しみに。

soundwhale

Appleシリコンはどうですか?
Appleシリコンはすでに入っているから、音楽アプリは動くかも。これでOSを統合したいという意図では? 混乱のないように進めて欲しい。何年も買えないなんてことのないようにして欲しい。

セキさんはAXGのマイクを購入。まだ会議でしか使ってないが悪くない。イヤホンジャックがあるので、これで外に出せる。
シバさんによると「この商品は売れてますよ。17,000円〜18,000円くらい」とのこと。

シバさんは、サウンドハウスでシュア、SM58、SM57用のマイクフォルダー。2,000円〜3,000円で購入。マイクのノイズを消してくれる。

車を運転していたスエマツさんは「佐賀のいつも曲を作ってるところに到着。トイレもあるし、最高の環境」。良いですねぇ〜。

キハラさんは「MOTU M4を2月に発注して、やっと届いた」そうです。SYSTEM5というお店で買った。2週間かからずに入った。M2、M4オーディオインターフェース。両者の違いはチャンネル系統が違うだけ。ADコンバーターを自宅に置いてみた。これまでミキサーから音を出していた。これまでとM4は全然、違う。嫁にも聞いてもらったら、全然、違うと言っていた。素人にもわかるほど音が違う。M2の方が安い。23,980円(サウンドハウス)、買って良かった。エフェクターは入ってない。M2の納期は3ヶ月、M4は2ヶ月。世界的に人気。使ってみてわかる。

KORGの88鍵を買った。カシオとの違いはカシオはスピーカーがついている点など。

おおよそ次の分類がされている。
YAMAHA:教育、
KORG、Roland:ステージ用
カシオ:エンジョイキーボード

今、カシオの「PX-S1000」は売り切れが続き「待ち状態」になっていて申し訳ない。コロナの後、会社で売れ筋はキーボード。他はガタガタで大変。コロナで、昔やってた人が戻ったり、初めての人も増えているのは嬉しいかぎり。音漏れとか、外部音とか、悩みは多いから需要は多いだろう。

アウトドア、Zoomお茶会にはまってる。外でお茶飲みながらZoom。外でZoomすると気分が違う。iPhoneでイヤホンをつけてやっていて、ノイズをうまく引いていて驚いた。声をクローズアップして聞く仕組みなっているだろう。

K2さんは、ZOOM R24を購入。このマシンは2010年に発売され10年経っているが良い。8チャンネル入力/2チャンネル出力。4~5万円で売ってる。K2さんはメルカリで2万円で購入。ドラム8チャンネル撮れるのは良い。あとはダビングとか。スタジオにこれだけを持っていく。SDカードでWABファイルで持ってこれる。8チャンネル同時に撮れるってなかなかない。

シバさんが紹介したのは、ZOOM H8は6本入る。マイク付き。機能的には次にいっているがデザインは違う気がする。

この後、私のAudioインターフェースへのアドバイスを頂いた。昨日、購入したばかりの「Sound BLASTER X3」は聞くための音を良くするための製品らしい。よって用途違い。買い替えを勧められる。了解しました。そうします。

オンライン定例会は楽しく、そして有意義に終了となりました。皆様、ありがとうございます。

Sound BLASTER X3

昨日の金曜日、昼休みにAudioインターフェースを買いに行った。最初にイシバシ楽器/新宿店。ところが、Audioインターフェースは置いてないとのこと。そんなぁ、、、。

次にビックカメラ新宿東口店に行く。4Fで聞くと、地下3Fにあるとのことで移動。そして店員さんに聞く。Macで使う旨を伝えると「これだけです」とのことで、買ったのが「Sound BLASTER X3」。

それを楽器と接続して、Macと接続して音を出そうとするも音は出ない。トホホホホ。そうこうしているうちにMacで音楽クラブの定例会(Zoom)が始まった。その一番最後にこの話題が出て、そもそも、この機種は音を良い音で聞こうというもので、役割が違うことがわかった。トホホ。悲しい。