第35回タートルマラソン全国大会

「第35回タートルマラソン全国大会」のハーフマラソンに申し込んでいた。
でも・・・はがきが届いてない。訪米中にドッサリ貯まった郵便物を何度見ても、マラソンのハガキはない。

時差ボケ、仕事山積、風邪気味、ハガキ届かない。
やっぱ、出るのよそうかなーと朝まで迷うが、行ってみた。

千代田線に乗り換えて「北千住駅」で下車。徒歩10分ほど。荒川河川敷の「虹の広場」が集合場所。

北千住からの地図を念入りに2枚用意していたが、参加者5011人もいるので、駅から会場に向かう人達が大勢いるし、ボランティアの方が道のあちこちで誘導してくださる。ありがとうございます。おかげさまで迷わずに到着。

1504.jpg

このマラソンは、「第9回バリアフリータートルマラソン大会」を兼ねている。

ハガキがないけど、一覧表にはちゃんとゼッケン番号と名前があり、出場は、なんら問題なかった。

ハガキが届いてないので、詳細をわかってない。心の準備は出来てない。例えばスタート時間、例えばコース。コースを知ったからといって速く走れるものでもなし。調整出来るほどの力量もなし。行き当たりばったりであーる(後から気付いたのは受付で頂いた資料に詳しく出てた…)。

ゼッケン番号は「4144」。

スタート地点、自己申告で「2時間〜2時間30分」のプラカードの列の中程に並ぶ。ホントは「2時間30分〜」のところだろうけど。

スタートは10kmマラソンと比較するとペースがゆっくり。オーオー、これなら行けるかもしれない、と思ったのは、10kmまでだった。10kmで全ての力が尽きた。折り返して、あと半分もある。ゲー。走りながら筋肉痛。喉はカラカラ。水をがぶ飲み。アクエリアスもがぶ飲み。お腹はチャプチャプ。

ついに15kmあたりからは、歩き出す始末。
その後は、歩いたり、走ったり、、、。
そうして、最後の2kmの表示を見てからは、トボトボと走る、と言っても歩いてるのと、なんら変わらないほど遅いんだけど。

結果、おかげさまで、どうにか制限時間内に完走(完歩?)いたしました。
今大会は(荒川河川敷という場所のおかげで)制限時間が3時間と長め。国道などを使うと2時間半程度が多いのではないだろうか。

私は2時間50分くらいだったと思う。というのは、せっかく(気仙沼のジェイズミウラで購入した)ストップウォッチ付きのイイ時計をしているというのに、到着時、あまりの疲労困憊に止めるのを忘れた。正式なタイムは届くのを待つとしよう。
(後日追記:正式タイムは、2:53:05、ネットタイムは、2:51:01 でした。)

スタートとゴールのアーチ。ここがどれほど遠く感じたか。

1504.jpg

ゴールした時は、倒れそうでござんした。フラフラー。
会場の様子をあとから撮影しようと思ったら、私がゴールした頃には、すでに撤収が始まっており、倒れ込むように座った位置から撮った写真はこちら。荷物預け用のビニール袋がゴミになっている。こんな写真しか撮れず。

1504.jpg

ゴール直後のアタクシ。放心状態。

1504.jpg

帰りの千代田線と丸の内線は熟睡。家に帰っても放心状態。少し眠り、やっとのことでシャワーをあびて、夕食を食べ、これを書いている。

あとは寝ます。おやすみなさい。

追伸:こんなんじゃ、とてもフルマラソンは無理だったワン。

mixiにコミュ作った

mixiに、初めて自分でコミュを作った。
大学時代のサークルのコミュ(非公開)なんだけど、これから皆に「mixiってのは、かくかくシカジカのもので」と説明をするつもり。みんなは理解して入ってくれるかしらん。なんつっても私達は40歳代っスからねー。まぁ、詳しい事は子供に聞いてくれ、と逃げるけどサ。

ブヨブヨ

気が緩んで風邪っぴき。仕事は山積。小太郎は元気。
時差のため早寝早起き。
(韻を踏んでおりますんで、ラップ調に読んでみてください)

アメリカですごーく食べて、全体にブヨブヨでジーンズもきついんだけど、意外にも体重は増えてない。脂肪が増えたんだろうなー。日本と同じようなメニューを食べても、脂肪が多い感じ。脂肪が付くのは簡単。落とすのは大変。日本にいたら、自然に脂肪が減るのでは?と甘い期待。

アメリカでは本当に太った人が多いので、目が慣れるまで驚くばかり。みーんな小錦みたい。私の母なんか、アメリカで見たら、別に普通と思うもんね。

逆に成田に着くと、日本人の女性がやせすぎで驚く。不健康な感じ。

同じアメリカでも、セレブな皆さんは競って健康体。健康体もお金をかけて作り上げる感じ。ラスベガスの高級ホテルには、見るからにそういうご婦人がいる。

中年になると、脂肪って勝手に落ちないんだろうなー。もうすぐ健康診断があるっていうのに、よりによってこの時期に脂肪が付くとは。トホホホホ。

映画:不都合な真実 & ポセイドン

アメリカ行きの飛行機の中で映画・不都合な真実を見た。
アメリカの元副大統領・ゴア氏による「地球温暖化問題」に関する映画だ。科学者の調査による「現実」の資料。また、「予測」ではなく「計算」ではじき出した未来。ゴア氏が世界じゅうを回って、この問題の深刻さを説いている。「地球温暖化問題」はかくも深刻な事態になっているのか。この映画を見るまで実感としてなかった。是非、見て欲しい。

この映画の1シーンに、世界じゅうの沿岸部分が海に沈んでしまうという科学者による報告を映像化した箇所がある。温暖化により、北極の氷が溶け出し、やがて海面が6m上昇する。NYのマンハッタン・世界貿易センター跡地も沈む。フロリダも沈む。ならば、私の実家(海のそば)も沈んでしまうだろう。魚町だけではない。気仙沼の民家の多くが沈む。しかも、これはそう遠くない未来の話だ。

不都合な真実ページを開き、Flash画像を見て欲しい。

その映像が目に焼き付いて離れない中、日本では大雨が降った。実家は床下浸水。おかげさまで大事には至らなかったが、母が言うには、「ご近所がまるで海の中にゆっくりと沈んでいくようだった」と言っている。津波のような激しさがないものの、ゆっくりジワジワと水かさが増えていく様は、言いようのない恐怖だったようだ。

それはまるで映画で見たシーンと同じだ。静かに、そしてジワジワ海に沈んでいく。

帰りの飛行機では映画「ポセイドン」を見た。豪華客船が波にさらわれ沈んでいく。
ポセイドン

その数日前に、気仙沼の大型サンマ漁船「千代丸」が女川沖で遭難し、一人の死者と15人の行方不明者の記事を読んだ。それだけではなく、日本各地で船が波にさらわれたとネットで読んだ。映画に現実を重ねてしまう。

「地球温暖化」により、過去に経験したことのない、未曾有の大雨、突風、逆に水不足などなど、想像を超えた被害が拡大している。

気仙沼のサンマ船はベテランの漁師達による「稼ぐ船」だった。雨に対しても「過去の経験」を働かせて航海したに違いない。しかし、「気象」に過去の経験は通用しなくなった。

この問題に対して、私達がすぐに出来る事は何だろう?
考えても見て欲しい。私が18歳で上京した1979年当時の東京では、大学生が住むアパートにエアコンがないのは当たり前だった。今はどうだ? エアコンは当たり前で、近頃では気仙沼でさえ夏に冷房を付ける有様だ。夏は暑すぎる。おかしい。

一人が何かをするだけではダメだ。地球上の人間全員がするべきことは何だろう?

「クールビズ」はブームで終わってはいけない。「クールビズ=ノーネクタイ」ではなく、半袖と短パンでいいくらいの、そのことで冷房を付けなくても済むほどの、もっと大きな改革をしなくては、地球が危ない。

気仙沼のサンマ船には、母の知人で、車いすに乗るようになった私の父を、山形の温泉にも連れていってくださった方が乗船しており、いまだ行方不明です。そのことを思うと胸が痛みます。

LA経由で帰国(現地10/8)

ラスベガスを出る時に飛行機が少々遅れた。オヨヨ。乗り換えにはあまり時間がないんだけど、大丈夫かしらん?

ロスアンジェルス空港に降り立ち、「ハテ・国際線はどこでしょ?」国際線の表示がない。空港の人にたずねると、「通りを出て、左手の方にシャトルバスがあるから、それに乗っていく。シャトルバス・エー(英語)」と言ってるようだ。スタコラサッサと通りに出て、「A」のバスに乗り込む。わお、時間がないぜ。それにこのバスで合ってる? 荷物はちゃんと成田まで行く? いろいろな心配を乗せて、シャトルバスは、ゆーっくりと走る。3つ目「JAL」の乗り場らしきところの手前に到着。
シャトルバス

再び、搭乗手続き。手荷物チェック。パソコンを出してチェック、くつを脱ぐ。
LA空港のチェックの人は、サンフランシスコやラスベガスよりも物々しい雰囲気。無表情で無造作にチェックされてOK。

わお、会社の皆さんにおみやげも買ってな〜い。
もう、間に合わないかもとお店の人に言われつつ、おばちゃんパワー全開で「そこをなんとか」とチョコレートを一箱買って、いざ飛行機へ。

アメリカで飛行機を乗り継いで帰る時は、間に2時間は取っておいた方がいいという教訓。帰りの飛行機は寝ないゾと思ったものの、うつらうつらしながら、無事に帰って参りました。

小太郎は、明日まで宿泊予定だったが、飛行機が少し早く到着したおかげと、テレパス社員が車で小太郎の定宿「ワンワン」に行ってくれることになり、本日のお迎えに。

「小太郎、帰ったゼィ!」
「ワオー」
小太郎・大興奮。家に到着しても興奮してグルグル駆け回り、そして、私にビッタリくっついて眠っております。しかも、仰向けに寝ているし。くつろいでるのー。お家は安心するんだね。

さよならラスベガス(現地10/8)

同行したテレパス社員(ギャンブル好き)が「勝ちましたよ」と嬉しそうで、しこたま負けた私にご飯をおごってくれた。面目なし。楽しかったラスベガスを後にして本日・帰国。

ラスベガスから日本へは、ロスアンジェルス経由で帰る。
1時間半前にはラスベガス空港に到着し、搭乗手続きをする。

日本直行便と違って、預けた荷物はどうなるのかしらん?
「成田まで行きます(英語)」って言ってるらしい。本当に成田まで行くの?荷物が迷子になりゃしない?

それから手荷物検査を受ける。
グヒーーー、長蛇の列。
これって国内線でしょ?これじゃアメリカ人の国内旅行は大変だわ。

列がグルグルととぐろを作っている。途中にモニターが設置してあり、有名人のそっくりさんらが「手荷物検査の注意点」を芝居仕立てに演じている。ユーモアがあっておもしろい。長い列も、こういう暇つぶしの出来がいいとイライラしないもんだわ。

サンフランシスコでの乗り換えの時と同様に、パソコンは鞄から出してチェック。くつもチェック。そうそう、以前は「パソコンの電源を入れて」と言われたが今回は、それはなかった。

ラスベガス空港にもスロットマシンが置いてある。そこでも最後の勝負を少々と思っていたが、時間がなくなり断念。さよならラスベガス。

ラスベガス(現地10/7):マンマミーア(Mamma Mia!)

昨日の「ミスティア」があまりにもすばらしく感動と興奮。「今日も何か見ようよ」という話になった。

昨日とは別の半額チケット売り場の横に「プレミアムチケット売り場」がある。そこに「オー」というサーカスのチケットがあったと言うので、行ってみる。

正規料金は150ドルだけど「いくらまでなら買う?」200ドルまでは買おうと心の準備をしながら列に並ぶ。

アメリカの「窓口の遅さ」に、日本人は苛立つのではないだろうか?アメリカでは、窓口で会話を楽しんでいる。お互いに冗談を言っては笑ってりしている。日本人はせっかちだから「そんな冗談はいいから、トットと買って(売って)次の順番に回してくれよー」と思う。

日本ではきっと「オーのチケットある?」「いくらですけどよろしいですか?」「オーケー・それで宜しく」で、ものの数分で済むだろう。ギー・なぜ、何十分もかかるわけ?待つ。本心は待ちくたびれているのに、私の順番になると笑顔で「ハーイ!」と挨拶。

結果、270ドルならあるって。心の準備より高いが「買います」。会場に確認を取ると、残念ながら、それも売り切れ。本日は全て売り切れ。残念。人気のチケットは前もって日本で買うべきっスね。

気を取り直して半額チケットを見ると、マンダレイベイホテル(Mandalay Bay Hotel and Casino)で開催中の「マンマミーア(Mamma Mia!)」がある。ミュージカルは言葉がわかるかしらん?マンマミーアのストーリー知らないし。けど、こういう機会でもないと見れないし、「見ようよ」ってことに。

ラスベガスの巨大ホテルは、いずれも「すぐ近く」に見える。それは虚構で、全てが大きいだけだ。交通手段にはタクシーを使うが、無料のTRAM(モノレール)がホテル間を走っているので、それを使うと安く済む。エクスカリバーホテルからマンダレイベイホテルまではTRAMを利用した。
TRAM乗り場前で

会場は昨日よりもゴージャスな感じ。舞台の下のところで楽器演奏をリアルタイムで行っている。日本では歌舞伎がそうで、舞台袖に楽器演奏の場所がある。他のミュージカルを見たことがないが、同じく歌舞伎でもスーパー歌舞伎はほとんどが録音した音で行っている。録音技術も相当に進んではいるが、リアルな演奏にはやっぱりかなわない。

ミュージカルの内容がわかるかどうか心配だったが、(台詞の英語はわからないが)ストーリーはシンプルで、身体全体で表現しているので、心配はいらない。アバ(ABBA)のヒット曲をふんだんに使ったエンターテイメント。ミュージカルというよりもコンサートという感じ。マンマミーアのテーマ曲のところでは、私の前後、隣のアメリカ人は一緒になって歌っている。ステージと客席が一体化。アメリカのエンターテイメントの層の厚さ、客の楽しみ方を感じた。

ABBA世代の私としては、20年前以上も前の、ピチピチした自分に戻った(気がした)。
NYのブロードウェイも見たくなったなー。日本の劇団四季も見た事がないなー。

明日は帰国するので、アラジンホテルに戻って、サ・勝負ですゾ。負けを取り返すのだぁー。

ラスベガス(現地10/6):観光

ウィン(Wynn Las Vegas)ホテルは、全室がスイートルームらしい。お客のグレードも高そうー。ここのヴィトンの店はデカっ。

この滝はは人工のもの。写真では収まりきらないスケールの滝と花々。これらが全て作り物とは。いやはや。やる事がデカいですのー。
ウィンの滝

ウィンの花

帰ってから「ラスベガス大全」サイトを見ると、このホテルには日本のパチスロ大手・アルゼ社の会長・岡田氏が巨額の出資をしているとのこと。ヒエー。

ウィンのお向かいの「ファッションショーモール( FASHION SHOW MALL)」という名のショッピングモールに立ち寄る。有名なブランドショップが並ぶ中にキティちゃんがいた。懐かしいやら、日本企業もがんばってますねー。そしてラスベガスがギャンブラーだけではなく、ギャンブルをしたことのない女性や、そして子供を巻き込む遊び場なんだなー。
キティ

街にはプレスリーのそっくりさんに出くわしたり。
プレスリーのそっくりさん

夜になっても、ストリップ通りは多くの人が歩いている。ライトアップされたホテルはどれも美しい。こちらはシーザーズパレス(CAESARS PALACE)
シーザーズパレス

有名なベラッジオホテル(Bellagio Hotel and Casino)の無料の噴水ショー。大きな人工の池で噴水ショーが始まる。音にあわせて噴水が華麗なダンス。
ベラッジオの噴水ショー

ベラッジオの噴水ショー2

この虚構の世界は普段ギャンブルと無縁の私にも魅惑的な街だ。趣向を凝らしたホテルに寄っては、カジノに引き寄せられる。

スロットマシンはいちいち、おおげさに、画面と音で表現する。パチスロに慣れた人には、ちょっとまどろっこしいかもしれない。ボーナスチャンスは興奮を増すような音と画面の仕掛け。その音で隣の席の人も一緒になって「ワオ!」とか「カモーーーン!」と叫ぶ。それがそろったとしても、掛け金がたいした事ないですからね、たいした金額にならないんだけど、いちいち興奮するアメリカのお国がらが楽しい。

たまに、つまらない数値でもなんでもそろうと、隣のおばあちゃんらとともに「イッツ・グレ〜〜ト!」「オー、ユーアー・ラッキー」とおおげさに騒ぐわけ。そういう楽しみ方(ハッピーの共有)は日本にはないなー。テーブル席から聞こえる興奮した叫ぶ声はスロットにまで響き、思わず、皆が振り返るほどの大興奮。冷静に考えると、ちっとも勝ってないどころか、しこたま負けてるじゃやないかい。