納豆〜その2

「納豆でダイエット」を放映したあの番組は、番組の内容が一部「ねつ造」されていたそうで、大騒ぎだ。信じていた人には申し訳ないが、「やはり」という気持ち。

どーして、あんな内容を信じるんだろう? その方が不思議ですよ、私には。
よく考えてみれば「食べてやせる」ってあり得ない。それは「身体に悪い」とイコールに聞こえる。お通じが良くなる食材はあると思う。しかし、それがイコール・ダイエットとなるには地道に時間をかけて続ける必要があるのでは…。

納豆メーカーさんは、あんな番組に乗せられて増産体制を取らなければいいが、と思っていたが、やっぱり増産体制に入ったところもあるようで、なにがしかの損害が出ているでしょう。

まぁ、それはおいといて、やっぱり和食は身体には良いと思う。
私の母は太っている。身長に対して体重が多い。しかし意外なことにコレステロール値や中性脂肪の値は高くない。基準値以内。

私が盆・暮れに気仙沼に帰って、母の手料理を食べると、腹いっぱいに食べても数日いる間に体重はわずかに減る。母の料理を分析すると、油を使う量が圧倒的に少ない。肉はほとんど出ない。

ああ、やっぱり魚中心の和食は日本人に合っていると思う。体調もすこぶる良い。そういう食材は、昔っから、そこここにある。別に食べ方がどうのということもない。日本人がずっと食べてきたものだ。

今まで地味ーに、コツコツと頑張ってきた「納豆」がせっかく脚光を浴びたってーのに、残念でした。でも、納豆ファンはこれに惑わされずに食べ続けるので大丈夫っス。

今日はスーパーで納豆を買おう〜。この騒ぎで安売りしているかも!w

熱が出て、、、下がった

昨日・夕方から節々が痛みだし、寒気がして、あっという間に熱が上がった。
食欲はとくに落ちなかったので、熱いものを食べて、薬を飲んで、ひたすら寝たら、約24時間後、熱は下がった。「明日は会社に行けないなー」と寝ながら思ったけど、全然、問題なく行けそうな感じ。

やっぱ私って、、、休日になると体調が悪い。仕事になると俄然ハリキって体調もよろしいようで…。

ハンドロールピアノ

銀座に行ったついでに山野楽器に行って「ハンドロールピアノ」を弾かせて頂いた。
鍵盤楽器コーナーは6階にある。「ハンドロールピアノ」は展示していない。お店に方に話してカウンターに広げて頂いた。丸めてあるところは、「オ、こんなに小さくなっちゃうの」と嬉しく思いつつ、恐る恐る弾いてみる。すると、、、うまく音が出ない。ギョエー。

お店の方は「ピアノに慣れた方は逆に弾きにくいかもしれません」となぐさめてくださり、もう少し弾いて原因をさぐってみた。弾いた時の指のタッチを感知するものが入っているが、それが鍵盤全体に入っているのではないため、端の方を押さえた時に感知してくれない。私の指使いを観察すると、一つの鍵盤に対して、いろいろなところを押している。実際のピアノ弾きはみんなそうだと思う。次の音へのそなえをするから、むしろ、そのように鍵盤のあらゆる位置で弾いている(と思う)。

残念ながら「ハンドロールピアノ」は諦めた。もしバージョンアップしてその辺を進化してくださると嬉しいと思います。コンセプト的にはすばらしいと思う。

「銀之塔」でシチュー

銀座に行ったので、久しぶりに「銀之塔」でシチューを食べた。

本店に行くつもりが道を一本間違えていて、ふとみると「別館銀之塔は3F」と書いてある。本店の真後ろのビル。

むむ?別館とな。本店の雰囲気はわかっているから、今日は別館でもいいかとエレベータに乗る。のれんは一緒だと思う(がどうでしょ?)
銀之塔

本店は1階だけが椅子で、他の階は板の間に座る。こちら別館は全席が椅子。それほど広くない店内ではあるが、洋風でこじゃれた感じ。歌舞伎座を出て裏手をまっすぐに行くから、幕間に食べるにはよろしいかも。

「前からあるんですか?」と聞いてみると「昨年の7月に出来た」そうな。

あつあつのミックスシチュー(ビーフ・タン・野菜)を食べて大満足(2500円)。
ここのシチューは野菜はしっかりと煮込んでいない点だけが、私としては納得がいかないのだが、しかし、ビーフとタンはやわらかくてとろける感じがいいし、スープの上品な味は数日経っても思い出しては、また行きたくなってしまうのが不思議。

<初めて銀之塔で食べる方は…>
ここのシチューは本当にアツアツで、運ばれてすぐにガーっと食べると火傷します。最初はしっかりとフーフーしてから食べて下さい。ライスはおかわり自由。お上品なあっさりした味付けなので、そういうのが苦手な方にはちょっと不向きかもしれません。話題的には本店の方が店の作りがレトロなのでよろしいかと思います。

シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」

シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」を見に、東銀座の「東劇」に行く。
東劇の看板

これは平成18年2月歌舞伎座で行われた演目を映画にしたもの。昨年、私はただの一度も歌舞伎を観てない。シクシク。この演目は大変、気になっていたので「東劇」のチケットを予約をしておいた。

坂東玉三郎と尾上菊之助が道成寺を演じる。2人の息がピタリとそろうところはお見事。やはり玉三郎の方があらゆる面で上をいっているので、どうしても玉三郎を中心に見てしまう。菊之助は、こういうプレッシャーがかかる舞台をこなすことで、力が付いていくだろう。若手のホープとして期待されているから松竹としても大切に育てているのでしょう。

それにしても、この「道成寺」という日本舞踊は本当に大作であり、日本舞踊をやった方なら誰しもが、一度、舞台でやってみたいとあこがれるものだ。もう何回見たのかしれないけれど、その都度、感動する。また、日本舞踊をやってみたいという衝動にかられる。

「映画だから、どうかなー?」という心配をよそに、非常に良かった。顔や足さばきがアップになるなど、歌舞伎座では不可能な視点で観ることが出来る。両方を観れば一番良いと思うが、初心者の方には、とりあえずシネマ歌舞伎を観てみるというのもいいかもしれない。

<気仙沼の方へ>
「シネマ歌舞伎を主催しませんか?」を見て下さい。気仙沼で歌舞伎を観ることが出来ないと諦めているかもしれないけれど、このシネマ歌舞伎なら可能っス。費用がよくわからないんだけど聞いてみてはどうでしょう?
私に連絡頂ければ、初心者にも楽しめる演目をピックアップしますよ。ご連絡くださいませ。

いただいたギター大活躍

社員Meetingの後、社内で飲み食いをしている時に、先月、頂いたギターが大活躍。テレパスにはギター担当が多いので、奪い合い?w

ギターを弾くH君

ギターを弾くH君

それが、20代なのに古〜い曲が好きらしいのよ。「The Who(ザ・フー)」とか「Cream(クリーム)」とか、その流れでクラプトンだとか、なんと言いますか、20歳以上も年齢が違うのに、私の同級生らとも話が合うと思うよ。不思議でござんす。ギターの黄金時代だったんですかね。

ギターを弾くK君

ギターを弾くK君

そんな隣で、さりげなく高価な時計を見せながらビールを飲む男が。
新しい時計のS君

新しい時計のS君

「わ、何?なに?・どーしたの? ボーナスで買ったの?」
「パチス○が出たんで、それにボーナスを足して買ったっスよ」
「へー(私)」

社員らが嬉しそうにしているのを見るのが、私の楽しみであります。

千の風になって

秋川雅史さんの「千の風になって」がクラシック部門では異例のヒットのようだ。
今朝のTVに出演して歌っているのを聴いた。
千の風になって

この曲のCDは実家にもある。
2004年春に父が他界した後、沈み込んでしまった母をなぐさめるために、母の知り合いの方が紹介してくださった。

気仙沼・ワンテンビルの「ミュージックライブラリー」で買い求めて聴いた。たしか、新井満さん自身が歌っているバージョンだと思う。
千の風になって

母に「CDデッキの使い方」を教えながら、一緒に何回か聴いた。新井満さんの詩の朗読も聴いた。父が亡くなって沈みこんでしまった母娘にジーンとくる歌詞だ。それからの私はちょっとした風にも「いま父が語りかけたのかもしれない」などと思いながら今日まで暮らしている。

新井満さんは不思議な方だと思う。何かの本で読んだ「いい加減」の解釈は気に入っていて、よく使うことの一つだ。

ハッピーに仕事したい

何の仕事でも同じだが、「誰がしきるか?」が明確でないものは、不幸になる。案が2転3転どころか、6転7転する。こうなると全員がストレス病にやられる。

ハッピーに仕事をするためには、しっかりとした「仕切りや」がいないとダメ。仕切りやは悪役が務まる器が必要。「良い人ねー」なんて言われていては、パシっと意見は言えない。全員の意見を聞いていても始まらない。自分の頭で考えて決断を。

と、暗いお空に向かって言ってみました。ぶふぅ〜。

次はカレーとロック?

mixiで知り合った方から、あるIT関係の新年最初の会(&新年会)に誘って頂いた。浜松町の会議室で、最初の2時間はWeb2.0やアジャイル開発などのプレゼンテーションがあり、自己紹介などを。そして本番は、新年会の宴席という運びに。

皆様、初めてお会いする方なのに、非常〜〜〜に楽しかった。
これからのITの話、オープンソースの話、インドのITスキルの高さから、インドカレーの話になり、なぜか「ロックだゼ!」ってところにたどり着き、、、w

次回は「カレーとロックの会」になりそう?w

とても良い刺激をいただきました。ありがとうございます。
次回、楽しみにしております。

納豆〜〜〜

正月明けからずっと、納豆を買えない。
実は納豆大好きで、冷蔵庫に欠かすことがないのであーる。ところが、正月明けからいつものスーパーに納豆がな〜い。正月明けは「納豆業者も休んでいるのかな?」ぐらいに思っていたら、もう2週間経っても買えない。なによー。

えーーー、それってダイエットなのーーー?
んなわけないと思うよ。

だって、あたしゃ、毎日のように食べてるけど、減らないもんねー。
なにー、食べ方が違うって?
そーかなぁ〜〜〜?

とにかくアタシの納豆をなんとかしてくだされ。