「今日の出来事」カテゴリーアーカイブ

部屋が狭いというのも、ある意味、長所かも…

Macで音楽クラブ」のAさんが部屋に1.5畳の防音室を入れたそうな。快適らしい。防音室は高価だが中古品もあるそうで、その金額を2年(24ヶ月)で割り、それを1ヶ月の家賃に上乗せしてみると、防音対策してある部屋を借りるよりはわずかに割安になると試算して購入を決意したそうな。

私も導入しようかと思い、部屋のサイズを測ってみている。
うーーーむ、入るには入るが、ただでさえ狭い部屋が、かなり圧迫される。作り付けのロッカーは使えなくなる。私一人なら問題ないが、家族(小太郎)がいる身としては、ヤツの飛び回る場所の確保も考えてやれねばなるまい。そうでなくとも狭い部屋に一人(一匹)でいる時間が長くてストレスを抱えている。ワン!

狭い部屋を嘆いた。
狭いと、いろいろな制約はある。

正月に実家に帰った。
実家もたいして広くはないが、今の私の部屋よりは広いわけで、ちょっとしたものを取るにも、部屋をあっちへ行ったり、こっちへ来たりと移動する。それはそれで面倒。

そうか。。。日本の住居は狭いけれど、工夫次第では効率的な生活が出来るかもしれない。私の今の部屋はすべてがギュっと一部屋にコンパクトにまとめられ、それはそれで効率が良い。

制約がある中で、いろいろな工夫をして、少しでも快適に過ごすという知恵が、日本人には知らず知らずについているのかもしれない。

狭い住環境に慣れている私は、アメリカ型の、だだっ広いストアが、なんとなく味気なく感じてしまう。逆に駅のキオスクは、あの狭い店内に「あ!こんなものまであるのか」と驚く。

ということは、、、
今、地方では旧市街地が郊外の大型ショッピング店に押されて、地元経済を圧迫しているが、工夫次第では、「おもしろい店作り」が出来るかもしれない。大型店をまねるのではなく、小さい店舗らしさの工夫があるのかもしれない。

小さいことへの工夫は、日本人の知恵の見せ所。
などと、狭い部屋の中で考えてみるのであった。

ああ携帯メール…

携帯メール、、、使いこなせてませんからー。
パソコンのキーボードは、自分で言うのもナンですが、かなり速い。一日の大半をMacの前で過ごしており、メールは日に何通もやり取りをする。

ってなことから(言い訳ですけど)「オヤマ」の「オ」を出すために、5回も連打しなければならないケータイってのは、私には苦痛なんですね。

でも、、、気仙沼に帰ると、実家はブロードバンドではないし、ずっとMacの前にいるわけにもいかずに携帯メールが大活躍するわけでして、たまに使う携帯メールの、新年早々の失敗メールを2つほど。。。

友達に「2時半」と送るつもりが「a時半」ぐひーーーん。

それはまだイイ方で、「Macで音楽クラブ」の例会に向う途中、「遅れる」というメールが入った。たまたま信号で立ち止まっていたので、「り」と入力して、下の候補から「了解」を選択して返信。

歩き出すと、別の方からも「少し遅れる」とメール。先ほど「了解」って送ったもんだから、今度は歩きながら「り」を入力して、下の候補を選び、(ろくに文字を見ないで)返信。

会場に着いて「さて、果たしてちゃんと送れたろうか?」と確認してみると、ゲゲゲ「離婚」と送ってしまった。なんてこった!

そんなアタクシに若い社員らから「普通はこう使いますよ」の小技を3つも教わり、今年はもう少しは携帯メールを克服したいと思う新年であります。

花園神社・初詣

仕事初めの本日はテレパス恒例・花園神社に初詣。

0701.jpg

「商売繁盛」「家内安全」あれもこれもとお願いして、おみくじを引く。
「中吉」だった。

0702.jpg

0703.jpg

0704.jpg

0706.jpg

すると、社員が2人も!「大吉」を引いた。いいなぁー。
今年も良い年になりますように。

0705.jpg

プレッシャーってヤツは…

箱根駅伝を見る。
相当な練習量をこなしているだろうに、それでも、当日に力を発揮出来ぬことがある。マラソンは走ってみなければわからない。直前までは良いと思っていても、、、だ。

不思議なことだけど、それがマラソンのおもしろさでもある。そのプレッシャーにどうやって向き合えばいいのか。

夜、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で「イチロー」を見た。
あのイチローがプレッシャーと戦っている。
私の想像をはるかに、はるかに越えたところで戦っている。

プレッシャーが好きな人なんかいない。けれど、どうせプレッシャーがあるんだから、飛び込んでしまえという開き直り。脱帽。

案外と私もプレッシャーとか緊張感が、好きじゃないけど、嫌いでもないのかもしれない。だから、マラソン大会に出たり、ライブでステージに出てしまうのかも。たいしてうまくないくせに…ネ。

昼は、叔父(父の弟)の家に新年の挨拶に行く。
叔父の話はいつもおもしろくて、つい時間を忘れてしまう。M子ちゃんも帰っていらしてて楽しいひととき。今年もよろしくお願いします。

仕事納め&納会2007

仕事納め。あー1年が早いですのー。
去年の仕事納めがつい昨日のことのようだ。

テレパスの仕事納めは、昼から大掃除。そして納会。

aikoファンが「愛子」というお酒を差し入れてくれた。

2801.jpg

ビールで乾杯して鍋をつつきながら、恒例・ギター演奏!

2802.jpg

ギターは男心をくすぐる?

2803.jpg

(弾けてるように見えるかもしれないが)実際はたどたどしい。

2804.jpg

「中学の授業でギターやりましたよ」

2805.jpg

その傍らで、ワインを一気に飲んでぶっつぶれているヤツもいるシ
(大丈夫? てか、つぶれるの早すぎるシ)。

2806.jpg
2807.jpg

YouTubeで曲をチェックして歌う。
打ち合わせ用のノートPCの調子が悪い。
するとiMacを持ち出して「スピーカーがいい音だから」と音を鳴らす。

2808.jpg

私に合わせてくれてツェッペリン、クラプトン、イーグルス、etc…20歳代の若者は、超有名な曲以外は「知らない」という。「あー、1983年生まれなの?」それなら納得だわ。

そんな事にはおかまいなしに、私としては比較的新しめの「マイケル・ジャクソンどーじゃ」と言うと、どうやらそれが生まれた頃の曲らしい。スティングだって、よくわかんないって。へぇーーー。

ま、そんな事にはおかまいなしに、皆に「ナツメロー」と言われつつリクエストしまくり。楽しかった。

2809.jpg

2810.jpg

2811.jpg

来年も良い年になりますように。

Macで音楽クラブ・忘年会

Macで音楽クラブ」の忘年会は3時間カラオケ!
予算の関係で「飲み放題と軽食」という予約を。それで、その前に腹ごしらえの0次会を開催することにした。

新宿歌舞伎町の「元氣餃子 弄堂」に集合というメールを流したものの、誰が来るかわからない。とにかく10分前に到着して一人ポツンと座っていると、次から次に集まってくれて、4人掛けのテーブルに7人がひしめき合うことに(笑)

餃子とチャーハン美味しかったよ。

2701.jpg

カラオケでは普段はなかなか歌うことの出来ない洋楽を中心にマニアックな曲の連続。ギターソロも歌う。しかもみんなで歌う。あー楽しかった!

それなりに忙しい年末でごじゃる

「モー・いーくつ、寝ーるーとぉ、お正月ぅー」ですねー。
皆様お元気ですか?

今年最後のジョギング部。
神宮外苑をゆっくり走った。来年もがんばろー!

12/30には気仙沼に帰りますんで、気仙沼の皆さん、遊んでください。
1/3は、同級生バンドのライブを見に「ホテル観洋」に行きます。
ほんでは。

吉例:テレパス忘年会2007

テレパスの忘年会は一次会が恒例のボーリング大会。
みんなが最後まで楽しめるようにルールを策定している。

昨年のルールもなかなか良かったが、今年はこうだ。

いつものように3ゲームを投げる。
1投目に倒した数が大事になる。

二次会・会場で(代表が)クジを3枚引く。
(今回は、4と7と8が出た)
1投目に倒したピンのうち、その数に合致した数の合計で決まる。
(ただしガーターはクジに含めない)。
同点の時は、全体のスコアが上のものが上位にくる。
実力だけではなく、最後にビンゴのようなゲーム性を持たせたところが特徴。

ってことで私にもチャンスがあるのだが、、、今年もまったく賞にからめずに終わってしまった。ガックシ。ラッキー賞も取れずに、このところボーリング大会は不調だワン。

気を取り直して、恒例の「社長賞」を発表する。
私の独断によって一人を選び、ポケットマネーからほんのお気持ちを手渡す。夏頃からこの選定に向けて動いている。

今年も皆さん、よくがんばりました。特に若手のがんばりが目立った年だったように思う。来年もがんばろうね。

私は24時前に退散したが、皆は夜の歌舞伎町へとイソイソと向ったのでありましたー。

Webメールのありがたさ

昨日の朝、家のマシンでメールサーバにアクセス出来ない。
夜帰っても出来ない。ムムムム。
本日、朝も出来ない。ムムムムムムムムム。

Webメールでチェック出来るので、どうしても困るということもないが、不便。それで9時を待ってサポートに電話しようかと思ったら、突如、アクセス出来た。プロバイダーのなんらかの問題だと思われ。

別のメーラーソフトを入れて試したり、別のアカウントにして試したり、昨晩から今朝まで2時間半くらいをトラブル原因追及に努めてみたが、そういうことじゃなかったのね。ちょっと前ならメールが読めないというのはとても大変なことだったが、Webメールがあるのは本当に助かる。Webアプリケーション開発会社としましては、このように皆様のお役に立てるようにがんばるゾと思うのであります。