第7回 古河はなももマラソン(フル)

古河はなももマラソン」です! 2017年に続いて2度目の出場。

宿の朝食は通常は6時半から。本日は6時からやってるそうです。私どもは7時に参りまして頂きます。ご飯はお代わりをしてしまった。オレンジジュースも飲んだ。

予定通り、8時少し過ぎに宿を出発。ダンナは「手袋を忘れた」そうで、コンビニで購入。古河駅を通り抜けて、

バス乗り場に並びます。良い天気!

全員を座らせてバスは出発するのが嬉しい。東京の大会はギューギューに詰めて立たせるもんね。会場に到着。

「古河はなもも体育館」は、男子更衣室。

その近くの「温水プール」の建物が女子更衣室。荷物を預けて、女子更衣室2Fのトイレを借りる。オ、トイレ待ちの列にサザエさんだ。「オヤマさ〜ん」と声をかけてくださった。ありがとうございます! サザエさんは速いのであーる。準備OK!

本日のゼッケン番号は「8458」。スタート位置は「O(オー)」。

シューズにチップを付けている。

「O」位置に行くとダンナがいた! その隣に並ぶ。

そして、本日、ここに立てたことに感謝する。今日はどんな走りになりましょうか。今日はiPhoneを付けて走ることにした。スタートボタンは本当のスタートの1分前に押してポーチにしまう。

列は歩き始める。そして「千葉真子」さんの元気な声が聞こえる。「皆さ〜ん、今日は気温が上がります。水分を取りましょう〜」と。了解です! 元気な声に後押しされて、列は走り始める。

しかしながら、ドンドン抜かれる。抜かれまくる。私はどれほど遅いのか。iPhoneが1kmごとに話す。キロ7分以上かかっている。給水では最初に水、向こうにスポーツドリンクがあるはずが、最初の給水ポイントはどうも「水」だけのようで、十分に取れなかった。これはいけない。

次の給水では、水、スポーツドリンクとも1杯ずつ飲み安堵。それにしても今日は遅い。まだまだ抜かれっぱなしだ。どうしたものか。ゼッケン番号は前面にしか貼ってないから、まわりの人のスタート位置がわからない。けれど、たぶん「O」はいないと思う。

折り返しの人と会える場所が5箇所ほどある。最初と2つ目にダンナを発見。良い位置で走ってるねぇ〜。その後からはダンナは速いし、私が遅くて、出会えない。私はやっぱり遅いんだなぁ〜。

給食はバナナとあんぱん。あんぱんは半分に切ってあり食べやすい。バナナの大きさもちょうど良い。願わくは給水でスポーツドリンクを増やして欲しいことだ。私達の「遅い人達」はスポーツドリンクがなくなっていて飲めない。残念。

沿道の応援はあたたかい。給食を配ってくださる方が何人もいらした。素晴らしいですね〜。

ゴール直前はトラックを走る。前回もそうだが、このトラックで何人もの方から抜かれた。皆さん、力があるなぁ〜。ゴールでダンナが待っていてくれた。ありがとうございます!

ランナーズアップデートにあるタイムはこちら。
スタートまで:4:58
5km:35:21
10km:35:42
15km:37:35
20km:38:47
(中間タイムは、2:41:05)
25km:40:16
30km:40:28
35km:39:17
40km:39:36
ラスト:17:19
———————————–
合計:5:29:19(号砲からのグロスタイムです)

完走証によると、5:29:19(グロスタイム)、
5:24:21(ネットタイム)

フルマラソンのワースト記録を更新してしまった。ガクッ。

前回は完走証を頂く列が長くて参ったが、今日は待ち時間なしですぐに頂けた。

完走メダル。

完走メダルの裏側。

完走Tシャツ。

本日のカタログ。

参加記念品、桃の香かりんとう「桃林花」。

二次会に行きましょう〜。バスに乗る前にダンナが電話予約。16時半に参ります! しかしながらバスの時間が予想よりかかってしまった。「10分ほど遅れます」ともう一度、電話する。

やなぎや 遊水亭」さんだ。

生ビールお願いします!

メニューにはないが、お刺身を1,000円でお願いします!

かものタタキ。

甘エビ唐揚げ(特大)。

飲み物は、芋焼酎の炭酸割。

ネギトロ丼セット。美味しいです!

満腹です。サ、帰りますか。古河駅に着くと、ちょうど電車が入って来て、待たずに乗れた、座れた。これはラッキー。この後は熟睡で新宿駅まで参りました。お疲れさまでした。

それにしても、この走りの遅さはどうしたものか、、、。これではサロマの完走は非常に厳しい。参った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください